あの“カツハル記念日”から早ひと月。

ビックリやらドッキリやらシャックリやら訳がわからない結末が続いていたJRA・春のJpn汽轡蝓璽困癲▲ークスは比較的まとも(笑)に終わってくれました。

e02dc3ab.jpg


今にして思えば、木曜日にダイワが戦線離脱したし、

土曜に放送されたスカパー・競馬予想TV!の中で某予想家さんが

『ダービーの前の週だし、オークスは目玉になる馬がいないから、馬場造園課もあんまり気合いを入れた手入れをしてなさそうでしょ!?』

とシュートなツッコミを入れていたもんだから、

『一体どないなるんや!?』

と思いましたが、レース自体は見応えがありましたね。

時計面での説得力があったし、結果を知っていても力が入りました。

やっぱりねぇ、ベタな言い回しでアレですが、出走するチャンスが一生に一度のクラシックロードの晴舞台。

中山競馬場はともかく、結果的には無駄に長くし過ぎた感がある直線さが売り(誤爆)の府中コースであっても、

道中がスローペースで流れて『ヨーイドン!』になって不利があったりして、後ろから行く馬が余力を残しまくって終わったら、観る側はつまんないっすよ、うん。
e3f8d1d8.jpg


よって、ベッラレイアと秋山は今回、ムチャクチャ悔しい二着に終わり満足をしていないでしょうが、納得はできたんじゃないか、と。

もちろん『秋山の仕掛けが早かった』という指摘もありますが、今回は前に行く馬が早めに潰れて、先頭に押し出されてしまった感じだし、

もしダイワスカーレットが出ていたら、トライアルの勝ちパターンを敢えて変えて、あれぐらいのタイミングで捕まえにいかないと間違いなく突き放されていたと思うんですよね。

そう考えれば、これはもうしゃーないでしょう。

もし、京都の二千の内周りであの乗り方が完璧にできれば、ウォッカもダイワにも勝てる筈だと思いたいし、

父のナリタトップロード&ナベちゃんが菊花賞に勝つまでの苦悩を思い返せば、今回の秋山の無念はまだ甘い、という事で(爆)


かたや勝ったローブデコルテ…というか鞍上の福永ユーイチ。

シーザリオの時の危なっかしい追い込み方とは打って変わり、今回の追い込み策の見事なこと。

“あの”キングヘイローのダービーで競馬史に残るぐらいの屈辱を受けても簡単には潰されず周囲の人たちに助けられて、

ダービーと同じコース条件であるオークスでここまでの実績を残すんだから、不思議な話です。

いつの日か、ダービーのレース後でもこれぐらいの笑顔を見せてほしいなぁ…

242bc6a7.jpg