JRA公式ホームページで、シンガポール航空国際カップの映像をみました。

勝ったのは、直線に入る前にササッと馬群から抜け出し、コスモバルク以下を実質完封したシャドウゲイト。

7e67bb57.jpg


下手したら今年の流行語になるかも知れない『岩田くんの様に乗ってくれと言われました』的な余計な雑念もなく(爆)、無駄のない騎乗を見せたカツハルはもちろん良かったのですが、

今年に入ってからのレース内容が伊達ではない、シャドウゲイトの充実っぷりを感じさせました。

思い返せば昨年、須田鷹雄氏がコスモバルクの快挙を受けて

『このシンガポールのGIは、香港のクイーンエリザベス〜と時期が近い関係で、比較的出走馬のレベルが大した事がないんですよね。

にも関わらず、賞金は国際GIに相応しい額が支払われてかなりオイしい。来年以降も日本の馬は挑戦すべきですよ』

とコメントをしていたんですけど、

のちに、突発的なバルクの検疫騒動は起きましたが、そのリスクも恐れずにシンガポール遠征を決断した加藤師は素晴らしいと思います。

無事に、なおかつ早く帰国してもらって(難しいか!?)、宝塚記念ではメイショウサムソンとアドマイヤムーンと真っ向勝負を見せてほしいですね。

721f1e9b.jpg


しかしながら、そんなシャドウゲイトにあっさり交わされながらも、他の後続馬には抵抗しまくり2着を死守したコスモバルクも大したもんやなぁ、と。

『もういい加減引退した方がええんちゃうのん?』

と思わせるぐらいの、大阪杯での腑甲斐ない敗戦を観ていただけに、非常に驚きましたね。

気性面の不安定さが“諸刃の剣”状態なのは、引退するまで変わらないのでしょうが、

何だかんだ言って、シンガポールではそんなに引っ掛からなかったし勝負根性も健在。

レース条件と気性面が完璧にはまれば、まだまだGIで見せ場は作れるのかなぁ…

あっ、でも田部師はもうムチャなハンデを背負わせるのは止めて下さいね(苦笑)

ここからは、今年の日本ダービー・東京優駿について書きますか。

他の方の見解と被りまくる部分も多いですが、御了承下さい(爆)

a6678178.jpg


単勝オッズが2倍を切るぐらいの、圧倒的一番人気を背負うフサイチホウオーと、

馬がまだまだ子供ながらも、堂々と皐月賞に勝ったヴィクトリー。

この2頭共が馬券に絡む確率はかなり高いやろーと思っているのですが、

実馬券を買えるならば、三連単で夢を見たい派の僕としては、三着候補の見極めに苦しんでいる、というのが本音だったりします。

e1169d94.jpg


弥生賞で手の内を全て見せたアドマイヤオーラは評価を下げても問題ないとして(?)、

武豊が好きそうなタイプのタスカータの完成度がちょっとだけ抜けてるっぽいけど、それも展開次第でどうなるか。

ウォッカも、本来ならば“迷わず切り”の存在なんですけど、四位が開き直ってシックスセンス戦法で来るならば、簡単には無視はできない。

蝦名が、もしキンカメの年のダービーでのハイアーゲームばりに“自ら仕掛けて勝ちにいく”競馬をやれたならばドリームジャーニーも十分恐いでしょう(体が小さいから包まれたら終わり、という見方もありますが)

ついでに書けば、ピンクカメオが良馬場のオークスでも5着に来た事を加味すれば、ローレルゲレイロだって鞍上次第では馬券圏内もあるも知れないし、

忘れた頃の、横山ノリのJpn毅加綏狆譴ここで復活しないとも限らない(誤爆)

さてさて、どうヤマを張ってみるもんかなぁ…(笑)

ab74c48d.jpg