a1eb1452.jpg

ノア・武道館大会について…

といっても、Jrタッグリーグ戦表彰式での鼓太郎への大ブーイングや、三沢vs田上に対するファンの醒めた様な反応についてはスルーします。

Sのえむけえさんに、あの日の武道館を観戦していた立場からファンの心理を解説してもらう形で、大まかに納得・もしくは諦めの形で割り切る事はできたので…

ただ、ある程度予想された通りに、メインとセミのタイトル戦2試合よりも、丸藤組vsKENTA組の公式戦が、

試合の内容面もお客さんの盛り上がりの面でも圧倒してしまった現状は、メイン・セミの当事者達にとってはかなり恥ずかしいんじゃないか、と。

あれだけファンを大事にしている(していた、の過去形かもしれんけど)ノアが、ファンのニーズよりも固定観念を優先して、今の三沢を神格化しつづけるのはやっぱり辛い。

昨秋、三沢コールで丸藤への挑戦を、その場のノリで後押ししたファン達は、バイソン戦や田上戦をみて何を思っているのやら…。

会場の規模が違うと言われたらそれまでですが、新日本と全日本のジュニアリーグの優勝決定戦がメインやセミを任された中で、

ノアが、あれだけの試合を見せるジュニア勢を軽く扱い、それがお約束の様に裏目に出たのは、エモやんじゃないけど、

『ノアのマッチメーカーはアホやから、ノアに対して感情移入ができへん』

という話になるんですよね。

それこそ、馬場さん夫妻が仕切っていて、風通しが悪かった頃の全日本と大差ないやろ、とまで思いました(金銭等の条件面は今の方が良い筈ですが)

現在は誰がノアのマッチメークを担当しているかはわかりませんが、早急に交替させてほしいですよ。

変な話、セムのマッチメーカーさんに、次期ツアーのマッチメークを任せてみても面白いのに、と思います。

1fb59594.jpg


まだ『年内』という大雑把な言い方ながらも、小橋建太の復帰の目処がつきそうなのもあるから、刷新するタイミングとしては悪くないと思いますが…

ところで、KENTA組vs丸藤組の公式戦は素晴らしかったですね。

しびれました(笑)

飯伏が、移動がハードだったのに動きが素晴らしかったのは、お約束みたいになりつつあるから割愛しますが、

そんな中で僕は、石森の逞しさが印象に残りました。
目新しい技が増えた訳でもないし、大幅に体重を増やした訳でもない。

でも、本当に逞しく見えました。感心。

鼓太郎組とのタイトル戦の決定前に書くのもアレですが、

以前近藤修司の世界ジュニアに挑戦した時に大恥をかいて谷底に落ちて、退路を絶ってノアで修業してきた成果が、こーいう形で具体化するんだから、やっぱりプロレスは面白いんですよね。再認識させられました。


a065054f.jpg


ただ、この試合で唯一不満だったのは、ヒザを負傷したKENTAがROHの日本公演を欠場した事。

ムチャクチャハードな試合だったので、仕方ない部分は大きいですが、表彰式後のKENTAから鼓太郎への『檄』の説得力が落ちてしまうんですよね…

ノアの次期ツアーのKENTAの巻き返し&ベルト獲りへの過程には注目したいところです。