88ed22aa.jpg


本旗揚げから一周年を迎えた、エルドラドの記念興行の中継を観ました。

エルドラについては、ここではヌルいだの中途半端だのバタやんは(以下自粛)、など批判的な感想を書いてきましたが、この興行は…

いや、今大会のセミとメインに関しては、

試合展開が両極端だったから余計に際立って見えたのかもしれないけど、

どの選手も打撃の当たりはハードだったし、ヘルデモンズのヒールっぷりとコンビネーションが素晴らしかった関係で、決してぬるい試合ではなかったし、十分面白かった。

03ef3e2c.jpg

この日のMVPを選ぶなら辻本!

あの後頭部を中心にした攻撃の組み立て(ジャーマンはしつこかったか?)と必死の形相は、中嶋とのJrタイトル戦以上に観ていて心に響きました。

まぁ、辻本も近ちゃんも、ホームリングであるエルドラでは大一番がここまで無かったのは『いかがなものか?』とは凄く思いますが、それは横に置いといて(苦笑)

とにかく、敢えて純血で勝負したこの日のメインとセミの内容ならば、どらげ〜との掛け持ちで、エルドラも観戦しているお客さんに対しても、エルドラのオリジナリティー(?)をアピールできた筈。それぐらいの高評価をしたい。

a2c3a7a0.jpg


しかし、それ以外の前座の試合ではゲストが絡んでいながらも観ていて辛い試合が複数ありましたよね。

まぁ、ゲスト自体要らんという意見もある訳ですが…

ドラゴンドア旗揚げ以降のエルドラ勢における

『トップ選手達とそうではない選手達の差が大きすぎる』

という、致命的な弱点が改善されていなかったのが、改めて露呈された感じで…

6e9925a6.jpg


そらTARUさんも、えげつない言葉を使ってのダメ出しもしたくもなるやろなぁ。

『客に振り回されてる!』の言葉だけだったら、生々しくてお客さんも引いてたかも(悲)

『エルドラドよりも、お前らカスイチ観にこい!』

って、よく言わなかったもんだ(誤爆)

なお、事前には『この日の最大の目玉』になっていた(?)大将と丸藤の初遭遇ですが、

やはり顔見せ程度の絡みに終わりながらも、それなりに『おぉっ!』と思う場面はありました。

その反面、アントンが大将・沖本が丸藤、それぞれ挑むシーンとアントンと沖本の直接対決のシーンは

『アカンわこりゃ』

と言わざるを得ないし、

ミラニートに至っては、この日はGAYキャラじゃないから、入場時のダンスで既に仕事が終わっとったんかい!?と思うぐらいに影が薄かった。

これはどーでもいいアレですが、丸藤は沖本を中心にしたお笑いテイストが強い攻防がある参加しながらも、試合後アントンらとは絡みにくそうにしてたのは印象に残ったなぁ…。

丸藤の側からすれば、感じるものがあれば、もっと楽しそうな表情をみせてたんでしょうけどね。

409f66df.jpg


そうそう、谷やんにも一言。

安易に

『凶器を使え!』

とまでは言いませんが、近ちゃんを倒して世界ジュニア王者になり、安定感抜群の中嶋を慌てさせる“工夫”は見せてほしかった。

活きの良さが売りなのに、普通に『中嶋の胸を借りて玉砕した』様に見える試合をやってしまいながらも、試合後に感情をあまり見せないなんて、

かつて世話になったマグや、いま世話になっている葛西がこの試合の映像を観たら、複雑な表情を浮かべてたんとちゃうか、と。

どらげ〜から脱藩者である谷やんがいろんなスタイルに興味を持ち、どらげ〜以外のプロレスの幅を広げるのは大歓迎なのですが、

それに連れて観る側の谷やんに対するハードルが上がる事も、意識してほしかったというか…

こんな感じですかね。

遅くなりましたが、エルドラド本旗揚げ一周年おめでとうございます、という事で。

094bacb8.jpg