eabd7749.jpg

『マッスル15』北沢3DAYS・水曜日編を観ましたが…

何というか、あんまり面白くなかったですよね。

普通のプロレスの試合がそれなりに観ていられたから、ぶっちゃけた話マッスルの1と2よりはかなりマシでしたが、

過渡期だ何だと言いながらも、やっぱり期待していた面があるから物足りない。

具体的に書けば普通のプロレスの試合と、スキットの場面の緩急の付け方が足りなかったというか。

オチの前に時限爆弾を使ったのは、大まかな脚本&進行が決まった時、打ち合せ中に誰かが

『初日はサプライズゲストを呼ばないとなると、爆発力に欠けるよね』

と誰かが呟いて、じゃあドリフチックに爆発を爆発させよう、みたいな流れで使用が即決になったとみた(笑)

邪推はさておき、入場式での亜門さんのプロレスと向かい合う宣言→

リング上では普通のタッグマッチ&マッスル2で披露された『試合中の選手よりもセコンドが目立つ』ネタを再現させた上で、

電撃復活したニラっちが

『プロレスの向こう側を標榜するマッスルが、普通にプロレスの試合を見せていいのか?』

そして

『インディーのレスラーが、アルバイトをせずにプロレス一本で生活できる事は、プロレスラーとしてどうなのか?』

と、それなりに真面目な問題提起をする流れは、後楽園に初進出する前後のマッスルを思い出して画面に引き込まれたんですけど、

そこから以降は非常に…ねぇ。


f96847bb.jpg


マッソーが、正月にウケたバッファローマンの二匹目のどじょうを狙いつつ、

コケるのを承知で“昨夏の悪夢”跳び箱の着ぐるみ路線のリベンジを計りミスターVHSに化けたのは、

発想が安易で、マッスルらしさに欠けていたんじゃないすかね?

じゃあ代わりにどうすれば良かったのか?と聞かれたら返事に困るところですが、

そーいう時はいっその事『しゃべり場』を復活させて、数分アドリブで前記のテーマで議論をさせて、

議論が行き詰まったら『じゃあ、こうなったらプロレスで白黒付けよう!』とかちょーうんに叫ばせて、

試合中は、飯伏が自らの過去を振り返り『俺はどうすればいいんだろうか?』と悩むVTRを流してテーマをウヤムヤにすれば、

それなりにお客さんも満足できたんちゃうかなぁ、とは思います。

どーでもいいけど、アドリブで一発ギャグ披露のコーナーは最悪だったなぁ(悲)

9e817856.jpg


しかし、ここまで適当に好き勝手に書きながらも、今にして思えば亜門さんがSアリで

『初日の前半までしか考えていないんだよ』

と言っていたのは、ギャグではなく本音だったのか?としみじみしてしまうのは辛い(苦笑)

ところで、時間が余った為急遽作られた、藤岡メガーネ主演の下ネタ映像ですか?

あれなら、インタビュアーを藤岡メガーネが担当して、実質初日の主役だったニラっちに、彼なりのマッスル論を語るロングインタビューを収録してほしかった。

二日目と三日目の時間が余ったかどうかはわかりませんが、その時は是非…

って、よく考えたらサムライもねぇ、新日本の今年のGIクライマックス中継が3時間枠なのに2時間で収まっちゃった時は、普通に新日本のレギュラー番組を再放送するのに、

今やサムライではトップクラスのキラーコンテンツであるマッスルに限っては、土壇場での撮り下ろし映像作成を指示するなんて、何か違ってねーか?と思う次第です(誤爆)

それでは!来週放送の二日目も楽しみにしますか!

LOVE IS OVER!

f8d57051.jpg