9f256f7d.jpg

『マッスル15』北沢3DAYS・木曜日編を観ました。

2日目は面白かったですね。

初日がつまらなかった反動、という要素を抜きにしても十分楽しめたんじゃないすかね。

初日と比べて、とにかく話の流れが相当デタラメで、圧倒されたというか。

中でも、気象衛星ひまわりの映像が挿入された時の、実況&解説の合いの手はツボにはまりましたよ(笑)


23078285.jpg


大体ですね、本編の開始早々に『テレビ埼玉の林プロデューサーにいかに媚を売るか』的テーマを提示しながら、

それがあまり掘り下げれないと見切ったら、東京愚連隊というゲストを呼んでいるのにもかかわらず、

あっさり『プロ剣道』にテーマにすり替えて、

プロレスと剣道がいい塩梅で融合したコントを披露した上で、理想的なタイミングでスローモーションをやって最後まで突っ走り、

ダメ押しで、地上波とも剣道とも全く縁がないドラゴン校長が、サプライズゲストとして登場しまうという。

この“予測不可能の世界”こそが、マッスルの真骨頂かつ魅力なんですよ、いやマジで。

ただ、予測不可能なのは結構なんですけど、ある程度ネタを出し尽くしたから、マッソーがプロレス業界入りする前の経歴をネタにする形で、

“己の内面”をさらけ出さないと、お客さんが満足してくれなくなった(?)現状も、同時に観てしまったというか…

違う意味で、翌日は相当苦しみながら脚本を考えたんやろーなぁ、としみじみしてしまいました(爆)

eee67047.jpg


しかし、プロ剣道vsプロレスネタですか?

面白かったのは一切否定しませんが、ゼロワンMAXのCh.01興行でプロレスvs剣道の異種格闘技戦というネタがあった筈だし、

竹刀・もしくはシンガポールケインをアイテムとして使用するレスラー…ダンプさんや馬之助さん、あとサンドマンを完全スルーしていたのと、

地上波で剣道を扱うVTRでは半ばお約束のBGMといえる、モリケンの『さらば涙と言おう』が使用されなかった、

これらの点は違和感が残りました。

まぁ、最後の奴は打ち合せの段階でボツになったのかも知れませんが(汗)

6fcb8af5.jpg


ドラゴン校長について。

それなりにきちんとしたポジションを確立したマッソーに対して、他のプロレス関係者では言うのに躊躇するレベルの事を、よくあれだけ喋れますよね。

あれはあれで素晴らしいと思います(苦笑)

ツルティモ校長との夢タッグと、クライマックスでのツルティモ&ウルティモのスローモーションver.のアサイ・ムーンサルトの披露は楽しみです!?

ps.大原選手はこの日のマッスルは観ていたんかなぁ…

190d5290.jpg