a0b6c020.jpg


e8e1518c.jpg


今日は菊花賞の展望を…

僕的に馬券の軸馬は、迷わずロックドゥカンブを指名しときます。

SSが消えて一年目の牡馬クラシックは、まず田中カッチーがBT産句のヴィクトリーを道中巧くなだめて粘り勝ち、

ダービーはスローで流れてギムレット産句のウオッカがとんでもない末脚で勝った訳で、

サニーブライアンの年を例外にすれば、SS系が沢山連に絡んだここ数年のクラシック戦線と比較すれば、ありえないぐらいに違う雰囲気になってますよね。

更に今回の菊花賞は、前に行きたい馬が複数いるし、

どの陣営も『今年のメンバーはレベルが低い』と考えているから勝ちに行く筈。

ならばマチカネフクキタルが来た様な、上がりのみの競馬はまず無いやろー、と。

となると、これまでの菊花賞を勝つ定番である『四角〜直線早め先頭』の競馬が確実にできる『強い』馬が上位を占めるやろー、と。

d794e54b.jpg


ロックドゥカンブは、良くも悪くも未知の部分が多いから、ここでコケても長い目で楽しめそうな、非常に面白い存在だと思います。

柴山も、道中変にリキまず馬込みに入れて普通に乗って、早め先頭を意識して仕掛けりゃ、3着以内には入れるでしょ。

なにぶん叩き合いをやった事がないから、ロックが1着!となると先週のダイワほど自信はありませんが。

相手は、早め先頭の競馬ができそうで、ある程度スタミナがあるホクトスルタンと、ヴィクトリー。

関西テレビの実況が、馬場アナウンサーだった場合は、

(ディープインパクト絡み以外は)大波乱!になるケースがやたら多いから、敢えて淀コース&重賞初挑戦のデュオトーンにも印を。

社長(藤田伸二)も、これぐらいの人気の馬なら、かなり思い切った手でくると思うんですけどね。

とにかくどの馬も、馬券に絡む時はネオユニヴァースを下した時のザッツザプレンティぐらいしぶとい走りを見せてくれる筈だ…と考えています。

81f0cff6.jpg


あとは、従来の菊花賞ではほとんどないケースだけど、松岡あたりがブルーマーテルに目もくれずに一か八かで飛ばしてハイペースになった場合に、

ヒシミラクル→ファストタテヤマの年みたいに大外から何かが追い込んできて、

離された3着に入る可能性も否定できないから、念の為ドリームジャーニーも。

まぁ、どれだけハイペースになってスタミナ勝負になっても、前に行く馬が全滅する事はないとヤマをはっているのもありますが。

昨年、アドマイヤメインに乗ってセイウンスカイ殺法を見せた武豊が、

今年は先週失敗した派手な追い込みを、再度企んでいても不思議じゃない!?

もっとも、逆に武豊がここで負けても海外で勝てばいいと割り切っている様な競馬をしたらブチ切れるかも(誤爆)

どちらにしても、ヒシミラクルもそうですが、ディクタスの血を持つ馬は訳がわからんから無印にしにくいというか。

しかし、和田竜二が道中へぐって、仕掛けるタイミングが遅れて大外からアルナスラインが突っ込んできたら、完璧にお手上げなんですけどね(苦笑)

7f88ba8b.jpg


ここからは、独断で消した有力馬について。

フサイチホウオー。

母のアドマイヤサンデーって、新馬→500万→オークス惨敗→なんやかんやあって暮れの阪神牝馬で二着という成績だし、父ジャンポケも菊花賞は引っ掛かって自滅した馬なので、

ここも不可解な負け方をして、暮れか年明けにプチ復活するとみてます。

あと、マツクニ師は先週気持ち良いぐらい鮮やかに勝ったんだから、今週はお休みして下さい(爆)

アサクサキングス。

正直、福永が乗るならば印を付けていたかも知れませんが、乗りかわりは絶対マイナスだと思うんですよねぇ。

他の有力馬もそうですが、二走ボケがありそう(妄想)

それと、昨日ほら、後藤真希の弟が逮捕されたじゃないですか?

ちょっと昔、フジテレビの27時間テレビの中で(当時)史上最高のメンバーが集まった宝塚記念が放送されて、特別リポーターで後藤真希が仁川に来た時に、一部マスコミが

『後藤が来るから5枠10番の馬が勝つ!』

というネタ話をしていたら、ホントに5枠10番のヒシミラクルが勝っちゃった、という出来事もあったので、

今回はその真逆で、5枠10番の馬が壮絶に吹っ飛ぶんじゃないか、と。

完璧に妄想ですが、もし四位がノーリーズンの時みたいに落馬したら、後藤真希の弟の呪いだ!と言い切っておきましょう(笑)

0e0e0978.jpg


まとめ…

◎ ロックドゥカンブ

相手
デュオトーン
ドリームジャーニー
ホクトスルタン
ヴィクトリー


皆様、こんな『競馬予想TV』をBGMにして、チビチビお酒を飲みながら書いた、

いつにも増してマスターベーション的要素が強いひとりごとを、

最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました…