ガオラの『どらげ〜無限大』を観ました。

今回は、CIMAが首の負傷のリハビリ中という事で、マッスル軍の仕掛けた『爆弾』を巡るストーリーが中心だったのですが…

83a8cb29.jpg

Gammaこと、スガッチのヒールっぷりが非常にわかりやすくて面白かったです(笑)

前者に関しては、スガッチがUターンしてきただけなのに、

スガッチを中心にして、皆のトークがここまでいい具合に感情が見えてくるとはなぁ。びっくりしましたよ。

大田区大会でのスガッチのどらげ〜離脱宣言時のコメントはどこまでがアングルでどこまでが本音なのかはわかりませんが、

どらげ〜が好きな者としてはスガッチが戻ってきてくれて嬉しい。

逆にいえば、このままスガッチがいないままならどーなっていたのやら。


6e7fe44c.jpg


もちろん、セカンドも頑張っているのは認めますが、声質の関係でヒールとしての喋りはかなり危なっかしいので…(苦笑)

さて、ここからはスガッチ以外の爆弾の感想について書きますか。

けんぞーは以前書いたから割愛するとして、神田は…

これはもうはっきり言っておきますが、ただでさえコンディション面での限界を感じた上で危機感を感じてヒールターンをした筈なのに、

試合中よりも、セコンドについてパシリに近いノリで、相手の足を引っ張ってる姿が目立ってる場合じゃねーだろって(怒)

何だかんだいって、神田が一番輝いてたのはオリジナルM2K時代なんだから、その思い出をヒールとして憎まれる為の材料にして、

もっちぃ・ヨコスス・クネス・あとできれば元・チョコボールKOBE(笑)に喧嘩を吹っかけてくれよって。

何なら、懐かしのキックボードを定番として認知されるまで凶器として使い続けるなり、

最近通販もやってるジャージの代わりに、オリジナルのスカジャンを作ってマッスル軍全員着用してきても面白いじゃないですか、ねぇ?

とにかく、京都であれだけ大胆にヒールターンをしながらも、

クネスら選手からも、ファンからも『それも仕方ないか』的な見方をされるのは相当やばいんだから、それだけは認識しといてほしいです。

1b33d11a.jpg


それと、追加の爆弾として発表されたNOSAWA論外。

個人的には、論外がこのタイミングで唐突にどらげ〜に参戦するのは、

まずギャラが良かったのと、

全日本プロレスが、どらげ〜と交流するパイプを『間接的に』作りたがっていたから外交官として乗り込むのと、

次回のNOSAWA興行に、マッスル軍の選手を引っ張りだす為、

等の理由があるのでは?と勝手に推測しまくっているのですが、

スガッチと、悪い事はするけど試合中は静かな論外との息が合うのか、それとも心がすれ違いになるのかは、結構楽しみだったりします。

それにしても、現在のどらげ〜。



c58212e8.jpg


神戸ワールド大会で新日本との交流が一区切りついた(永田よ、星野勘太郎vsスト市はどーなったんや)のは別にいいんですけど、

大田区大会の飯伏以降、健介・けんぞー・論外がどらげ〜に参戦してきて、

今後は鼓太郎&マルビンや日高も参戦してきそう。

となると、他団体およびフリー選手との交流が盛んなままなのは、やっぱり心に引っ掛かるものがあるんですよね。

具体的に書けば、小野寺以下のNEX勢+PACら若い選手達の成長の妨げになってる様な気がしてまして。

今度のCIMAvs鷹木自体はまず期待通りの内容になるだろうし、鷹木の挑戦決定に至るまでの流れも文句なし。

ついでに書けば、来月のキンゲ〜トーナメントも気合いを入れてエイリースを招聘する以上、よほどの事が無い限りはハズレは無いから、

来年以降はNEX勢の付け入る隙はこれまで以上に少なくなりそう。

闘龍門ジャパン時代から『団体の売り』の要素の一つだった日本人選手の新陳代謝は、今後はこれまで以上に大きな課題となっていくのでしょうか…

b251ac8a.jpg