さて、遅くなりましたが有馬記念を振り返りますか。

ぶっちゃけた話、レース内容に観るべきところはあまり無かったですよね…

03ee1013.jpg


レース前に☆との違いがわからないまま爆弾に指名していたマツリダゴッホに関しては、先週の頭にデータ派の須田鷹雄さんがかなりプッシュしていたし、僕も

『人馬両方の中山での実績と、今年の牡馬全体のレベルの低さから考えたら、勝ってもおかしくはない』

と思っていたので、

ネットで『買える訳がない』と軽めに騒然となるほど、意外ではなかったんですよね。

元々有馬記念ってそーいうレースですし(きっぱり)

c957746a.jpg

しかし、メイショウサムソンの惨敗に関しては、福山マシャ兄じゃないけど

『さっぱりわからない』

ですね。本当やられましたよ。

ありえそうな理由としては…

今年一番ハードな中距離Jpn気世辰進塚記念(ですよね?)を走って、

インフルエンザ騒ぎに巻き込まれた上で、天皇賞(秋)とジャパンカップで激走をした結果、

いわゆる“目に見えない疲れ”が溜まっていたパターンなのかなぁ、と。

ここ最近では、スペシャルウイークやテイエムオペラオー、あとシンボリクリスエスとゼンノロブロイあたりか。

これらの活躍ですっかり忘れていましたが、

秋のステップレース→天皇賞(秋)→ジャパンカップと目一杯走ったら、有馬記念では全くお釣りが無くなる!という昔あったパターンが、

SSの産句が減っていくに連れて復活したのならば、

来年以降の有馬記念はダイユウサクやらメジロパーマーの時並みに、しばらくは大荒れになるんですかね。こりゃ面倒臭い話や…。

a6704927.jpg


ちなみに、中山ではっきりと“例の野次”を聞いたという、僕が競馬でお世話になっている方は

好騎乗で勝った蛯名がKYなのか、へっぽこ騎乗で惨敗の武豊がKYなのか。

中山はわけのわからない空気に包まれました。

とにかく、1枠の馬が外に回しては話にならないですよ。内で我慢した蛯名とは大違いです

とコメントしてました。

確かにそれも一理ある。

人馬どちらもそれなりに責任あるなこりゃ、うん。

つづきは、他の馬について書きます。
a92c63cb.jpg


ダイワスカーレット…

後ろからの馬に影も踏ませず、本当よく走りましたよね。偉いと思います。

マツクニ師が遠回しに不安視していた雨も無問題。

アンカツもへぐらず乗っていた。

ただ、脚色からしてチョウサンが逃げても逃げなくてもマツリダには交わされていたっぽいから『惜しい!』とは言いにくい面はありますが、

道中で必要以上に絡まれない限りは、牡馬相手でも結果を残してくれるでしょう。

あれだけの馬なんだから、春の目標はヴィクトリアマイルなんて勿体ない。

冗談抜きで、来春はドバイ・デューティーフリーに行ってほしいですね。

3ca85711.jpg


ダイワメジャー…おつかれさまでした。上原師も大城オーナーも感無量でしょう。

ロックドゥカンブ…キャリア通りと言えばそれまでですが、

菊花賞の後は報道よりは成長していなかったのと、展開が向かなかったんかなぁ。

もしかしたら中山よりも府中向けなのかも。

ポップロック…有馬前夜の『競馬予想TV』の中で、ドリパスに◎をつけていた競馬エイトのヒロシ氏が、

高齢馬の有馬記念不振のデータからポップロックをはっきりと疑問視していて、どんな走りをするか気にはなっていたんですよね。

結果不安通りにはなりましたが…。

cf28eceb.jpg


長くなりましたが、こんな感じですかね。

レゴラスは、ダービー馬2頭に先着するなど普通に健闘した以上、オチには使いにくくなったので普通に終わります。ではでは(笑)


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。