昨夜〜今日放送された『Dynamite!2007』CS版を録画して、一部の試合を観ました。


695db559.jpg


話には聞いてましたが、会場が大阪ドームだからなのか、

熱いファンの興味が『やれんのか』に向いていたからなのか、

とにかく盛り上がりの面では厳しかったみたいで…
まずお断わりみたいになりますが、物議を呼んでいる『前田日明のトロフィー投げ付け事件』に関しては、

たまたま『どうでしょうクラシック』とバッティングしていて録画しなかった30分間で放送されたみたいで、結局観れずじまいなんですよね。

まぁ、田村vs所は元旦に既に感想を書いているし、そんなシーンを観れたところでカタルシスは無いですし、

『北海道212市町村カントリーサインの旅』で十分爆笑できたから、別に…ね。

6affcab5.jpg


という事で、それ以外で気になっていたこの日のメインとセミの感想を。

★山本KIDvsヤヒーラ

あーいう試合自体は好きですが、

山本KIDがロープを掴んで、尻餅をついた状態のヤヒーラへのフルスイングのサッカーボールキック。

あれがフィニッシュとして成立していて、放送席もスロー映像が流れても盛り上がっているのは引きました。

ホンマねぇ、初期のUFCやないんやから…

5095869d.jpg


『さすが、エンセン井上の元親族』

と感心してしまうぐらいに、山本KIDにはモラルが足りないすよね。

昔からあーだとは言え、やっぱり問題ありすぎだと思います。

『もし北京オリンピックの代表になっていたら、国際問題級の大反則をやっとったんちゃうか?』

と、今更ながら山本KIDの恐ろしさを感じてしまいました。

7a91282e.jpg


ヤヒーラ側による提訴の結果がどうなるかはわかりませんが、

谷川氏や前田日明が三崎vsぬるぬる秋山の件でどーこう言う前に、

この件に対しての、レフェリングやジャッジが問題にならしなかった事に文句を言うんが先やろ?という事で。


★桜庭vs船木

ぬるぬる秋山をさいたまに追放した効果で、マイペースを貫き通した桜庭について語るのは他の方にお任せするとして、

5f1c106f.jpg


良くも悪くも船木が姿が印象に残ったこの試合。

試合中はびっくりするぐらいに金縛り状態で、桜庭と闘う前に己に負けていた感じなんですけど、

もしかしたらその原因の一つは、入場時にみちのくプロレスのラッセのマスクを一瞬被らされたからちゃうか?と思いました(誤爆)

19c96cd9.jpg


ただでさえとんでもないブランクがあるのに、現役時代、入場時にあそこまでのパフォーマンスはやった事がない(たぶん)船木があーいう事をやる段取りになったら、そりゃ必要以上に堅くもなりますって。

マスコミ媒体では間違いなくこの件の感想を語らないであろう鈴木みのるは、この日の船木の姿を観て、一体どう思ったんかなぁ?気になりました。

ところで、船木の次の試合。

谷川氏と同じ様な事を言うのはしゃくに触るけど、船木は基本的に打撃寄りの選手だと思うので、

今度は、打撃でガンガン来る選手・柴田勝頼あたりとやらせたい…って同門対決になるから、それは無理か(苦笑)

とにかくですね、僕の中で船木誠勝のベストバウトというのは、ルッテンに完膚なきまでにボッコボコにされて負けて、試合後マイクで絶叫したパンクラスタイトル戦なので(次点は両国でのみのる戦)、

今度はその再現をリクエストしときます。

でも、幾らスタンドでガンガン来るとは言え、ヤマヨシはご勘弁を(爆)

9388e059.jpg

あと、ここからは夢物語ですが、エキシビション形式の公開スパーリングで全然いいから、獣神サンダーライガーとの絡みは観てみたい。

そもそもプロレスラーとしての復帰プランがあった船木が、

結果的に格闘家として復帰したのは、僕はプロレスラーとして大活躍する鈴木みのるへの意地があるからだ、と勝手に思ってるんですけど、

そんなみのるを、プロレスラーに戻るキッカケを作ったのは何だかんだ言ってライガーなんですよね。

もしあの時、予定通りに健介と闘っていたら、みのるはプロレスには戻ってこなかったやろー、と僕は思っています。

そんなライガーが、何らかの形で船木と絡んだ後、船木はそれでも格闘技にこだわるのか、はたまたプロレスラーへの未練が少しだけ生まれるのか?

船木自身は生涯現役を宣言したばかりなんだし、長いスパンで期待する事にします。

遅くなりましたが…

おかえりなさい船木誠勝、という事で。