…という訳で、個人的には待ちに待った映画『ガチ★ボーイ』を観てきました。

93323bc5.jpg

いつもの様に『つづき』以降はネタバレしまくりの感想になるので、あらかじめ結論を書いておきますか。

僕が観てきた18時半の回の客席は、僕を含めた7人ぽっきりで『ガチ』ならぬ『ガラガラ★ボーイ』状態ではありましたが、

プロレスにはあまら関心が無い方はもちろんの事、プロレス村やプロレスファンの方も含めて(アレッ?)

口コミで良い評判が広がっていってほしい、満足できる作品でした。

ただ、アシッド映画館の平野先生の言うところの大感動!号泣!という煽りは正直大げさでしたが、

これまでプロレスをテーマにした映画と比べてもトップクラスの感動できる作品だった筈だし、

青春映画としても、かなりレベルが高い、観ていてハッピーな気持ちになれる映画だった事は間違いないと思います。

ほいじゃほいじゃ…


393cb1b3.jpg


《以下ネタバレ注意》

さて、まずはこの映画の売りだったプロレスシーンについて書いてみますかね。

自分のところには何回か書いた事がありますが、僕は学生プロレスをライヴで観た事がないので、

前半のコミカル路線の学生プロレスの描き方は、実際の学生プロレスをよく観ている方を、

どれぐらい満足させているのか?は全くわからないです。

2e4156b3.jpg


でも、この映画の中のキャラ設定は恐ろしくシンプル…いや、ベタでチープやったなぁ、と。

あっ、でもギャグの数々は決して嫌いじゃないですよ(苦笑)

mixiでも活躍中の『アイム・チョーノ!』や、懐かしのお船ちゃんをオマージュしたキャラは、

クライマックスの佐藤くんのプロレスシーンで一気に存在感を増すから救われてるんですけど、

玉子王子なんて、エルドラにおけるキングポコタ扱いやったもんなぁ。ありゃ気の毒や。

しかも、ポコタ同様に愚痴な生々しいし、試合での出番はいつのまにか消えてるし…。

実際の学生プロレスも、こんな縦関係があるなら、ちょっと切なくて笑いにくいかも(誤爆)

b1017718.jpg


それで、クライマックスとなるスタント&CG無しのプロレスシーンですが、

まず何がびっくりしたってあーた、

主演の佐藤くんもジ・アッチィ風のレッドタイフーンを演じた向井くんも、

想像以上にシーラカンズの攻めを受けまくっていたのは、凄く驚きました。

まさか実際の日本のプロレスでも、観る機会が減ったハイジャックパイルドライバーまで出るとは(汗)

劇中の台詞で

『あれだけ練習をしてきても成長していない』

というのがあったり、佐藤くんは

『どれだけ攻められてもギブアップをしない』

というのが評判を呼んでブレイクしていったにも関わらず、

肝心の攻められるシーンの映像はさほど無かったじゃないですか?(編集でカットされたかもしれんけど)

だからこそ、今回の役の為に

『そう、それは、鍛えているからだーっ!』

状態だった二人があれだけ技を受けるシーンが印象に残って、

更に気合いを入れられた佐藤くんが、先輩達の技を借りて反撃をして、

あれだけキレイなドロップキックを放つ瞬間で感動できたんだから、

脚本を担当したボラギノールも小泉監督も、本当おそるべし!ですよ。うん。


cbb90d24.jpg


この映画を通して僕は、TAKA…さんの受け売りみたいになりますが、

実際のプロレスにおいても、派手な技を連発したり、派手なアピールに頼らなくても、試合の組み立て方次第で、

基本的な技がフィニッシュになっても、観る側の心は十分に揺さ振られるもんなんだ、

という、別の角度から観たプロレスの醍醐味、または本質を改めて思い知らされました(しみじみ)

あと、これはどーしても書いておきたいんですけど、

佐藤くん絡み以外のシーンで非常に印象に残ったのは、

佐藤くんが試合会場に到着するまでの間を繋ぐ為に、

ドロップキック佐田が男気を見せて電撃復活するシーン!

c48440c8.jpg


まぁ、散々前振りはされていたから、復活自体は決してサプライズではなかったんですけど、

佐田が男気を見せたのに、しょーもなっ!と笑ってしまうパフォーマンスを見せてくれるなんて、(学生だけど)これもプロレスラーの鏡ですよ。

あれがあったからこそ、五十嵐がしれっと会場に到着したシーンだけでも、かなり感動できた訳だし…

さて、この文章がここまで長くなってしまったので、

最後の最後に書いておきたい事は一言だけに留めておきます。

(ぬるぬる秋山口調で)

『泉谷最高!』

という事で(笑)

最後まで読んでいただいた方、普段以上にありがとうございましたm(__)m

754cb12e.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。