サムライで放送されていた『エルドラド』2月の後楽園大会の中継を観ました。

345a5b0f.jpg

試合については後程書くとして、多留GMの解説は凄かったなぁ。試合を食っとったもんなぁ。

この日は会場に来場もしていなかったのに、ムチャクチャ細かいところまでダメ出ししとったからなぁ。

景虎のタイツの腰の位置の高さや、もともと“どーでも良かった”から知らんかったケンちゃんのリングネームの『45』の由来なんて初めて聞いたし(苦笑)

それはさておき、多留さんがエルドラの現状を把握しているのはよくわかったし、

今のエルドラを仕切るリンソの藤永さんが、

『バタやんからドエラいもんを譲渡されてもーたけど、譲渡された以上は何とかしたろやないか、岡村社長やバタやんの鼻をあかしたろうやんけ』

と思っているのは伝わってきました。

35f69fad.jpg


今回の中継の中で、ボロクソに言われていた選手達が今後変わっていくのか&サムライがエルドラの中継番組枠でどれぐらいフォローしていけるかは別にして、

『石森やスギタクや谷やんに愛想を尽かされた』エルドラであっても、

四月の近ちゃんvsマグ岸の『エルドラ版・天下分け目の大一番』が終わって以降のエルドラであっても、

もうちょっとだけ観ていこう、という気にはなりました。

aa511665.jpg


ただ、今後のエルドラの中継に関してはですね、サムライは

‖仁隠韮佑硫鮴盥みのいつもの実況ヴァージョン

会場内の音声のみヴァージョン

のどちらかを副音声にして、視聴者に選ぶ余地は与えるべきでしょう。

というのも、多留GMが会場に集まった女性ファンに対して厳しい事を言っていたのは、

幾ら多留さんのキャラがあるとしても、僕的にはかなり引っ掛かりました。

タダ券だったら論外ですが(爆)やっぱり多留GMが言うところの『何千円もお金を払ってる』という大前提があるお客さんなんだし、

自分のブログだから敢えて具体名を書きますが、

Iジャババアや黒田ババア、どらげ〜で必要以上に騒いでいる女性ファンみたいに、

テレビで観る限りは

『お前、それは興行の進行の妨げになっとるやろ!』

と思わせる野次や行動はしていないんだから、そこまで言わんでも…という事で。

ここら辺は、実際にエルドラを観戦している方の感想も聞いてみたいところですが。

長くなりましたが、ここからは試合について。

まぁそうは言っても、セミ前のUWAタッグ挑戦者決定戦の完成度が、他の試合を圧倒していたからアレなんですけどね(爆)

で、その試合。

いや、本当いい試合でしたよね。

四人が四人とも、コンディションも動きも良かったのは伝わってきたし、気持ちも伝わってきた。

4db32617.jpg


中でもワイルドカード的存在だった大柳キンヤ!

いわゆる無我っぽいキャラになってからの試合は、今回初めてじっくり観たんですけどね、その表情や一挙手一投足は、新鮮さを抜きにしても非常に魅力的で感動させられました。

キンヤについては、だだ滑りだったビリー大柳は、彼の歴史から抹消するとして(誤爆)、

シュートなクレームが来るぐらい作りこんでいた日本兵キャラの頃から観てきましたが、

その頃から培われた“自分がお客さんからどう観られているか”の意識の高さと、

これまで前面に出す機会がなかったグラウンド技術が、一致していたいうんですかね。

あとは、自分が使える技と、自分が使ってもお客さんが違和感を感じない技の違いをよく理解している。

キャラ云々は抜きにしてこの点は、エルドラの若い衆も見習うべきかと…

でも、メイン級の試合でキンヤをプッシュしていくには、もうちょっと受けに耐えれる様な筋肉があってほしい気はします。

今週の博多でマグ岸と闘うみたいだから、余計にそう思いました。


e0a20309.jpg


ところで、この日のマグ岸戦が、エルドラでのラストマッチになった谷やん。

ぶっちゃけた話、最悪でしたよね。

あれなら、休憩前で十分だった。残念です。

あと、この日の谷やんを観て、トライアウトも無しで乱入翌日の興行のメインに組み込んだどらげ〜は勇気があるよなぁ〜、と感心させられました。

長くなりましたが、こんな感じです。

2a0e9cc8.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。