今回は、ここ数日の間で観た、プロレスの中継の感想をふたつ。


6a90f003.jpg


★ガオラ『プロレスKING』森嶋&丸藤メキシコ遠征@AAA編を観ました。

先日の、闘龍門自主興行にゲスト出演していた吉江ちゃんも大概『でっかいなぁ〜』と思いましたが、ルチャでの森嶋もやたらデカかった(笑)

47be4b15.jpg


事前に、禁じ手通達が出ていたのか意図的なのか、バックドロップを終盤に使わなかった関係で、

攻撃は殴る蹴るメインでシンプル・相手の攻撃を受けてもなかなか倒れない・そしてどっしり構える、というモンスターの王道っぽい試合を、

初めて訪れた国で見せれたのは、森嶋にとって良い経験になった気はします。
(補則・仲田ドラゴン氏によると森嶋のこの間合いの取り方は、サモアジョー直伝だとか)

人数は多かったけど、観客に与えたインパクトは抜群。十分目立っていたもんなぁ。

f0293c25.jpg

しかし、事前には今回の番組的には最大のテーマになると思っていた、鈴木けんぞーと丸藤・そしてチームを組んだ森嶋との絡みが、思ったよりもあっさりとしていたのは残念。

けんぞーが、久々の日本人との絡みを意識しないぐらいに、AAAの多国籍軍に馴染んでいるという事なのか、はたまた、単に不器用なままなのか…

38bb4f7d.jpg


そうそう。この番組では、森嶋のマスクマンヴァージョンの雄姿も放送されてました(AAA遠征2試合目のローカル興行)

当たり前といえば当たり前ですが、やってる事は普段と同じでしたけど、よくマスクをよく準備してたよなぁ。やる気満々やん(笑)

これは評価しなきゃいかんのでしょう。

気は早いけど、今年のクリスマス興行でのお披露目が楽しみ!?

96d7ac42.jpg


かたや丸藤。

どこまでが本心かorもしかしたら全部が本心なのかはわかりませんが、メキシコでの生活には今も慣れないみたいで(爆)

まぁ、これはしゃーないかな…

697d67f4.jpg



★ガオラ『プロレスKING』K−DOJO3月のビッグショー編を観ました。

a23fdfc2.jpg


番組上のメインは、K−DOJOとしては初の3WAY6人タッグ。

試合の終盤でオメガが、肝心の真霜vs火野の前哨戦よりも、あっさり勝ちを狙いに行ったのが個人的にノレなかったのもあり、

bd89673f.jpg


闘龍門ジャパンが、真夏の後楽園で初めてこの形式の試合をやった時みたいな『神様が降臨した』レベルの完成度には至らなかったものの、

大石&旭が生き生きしていたのもあって、安心して観ていられましたね。

ハイテンポな多人数タッグには向いていないであろうハンサムさんや矢郷さんは気の毒でしたが…

35cd4a18.jpg


ここからは3WAY6人タッグという試合形式について。

産みの親のどらげ〜が、これを実質封印したのを逆手にとって、K−DOJOが“売り”にしてしまうのも有りでしょう。

極端な話、次回の名・阪ツアー&3000でシリーズ化してほしいかも。期待しています(妄想)

0666e0f9.jpg


ちなみに、この日の興行上のメインは雷斗vs鉄平のUWA戦でした。

二人とも普段通りのキャラを貫き通し、普段通りのムーヴを一通り見せた後ハイスパートに入って雷斗が勝った訳ですが、試合時間は何と29分!

地味ながらも、決着戦までのストーリーを引っ張った効果が出たようです。

闘った当事者二人が、収録スタジオで楽しい舌戦を繰り広げながらの実況収録だった事もあり、長さを感じず普通に満足できましたね。

ffe0b886.jpg


ところで、来月のK−DOJO旗揚げ6周年を迎えるビッグショー。

今のK−DOJOとしては最高レベルのカードが揃ったものの、チケット売り上げでは苦戦してるっぽい。

真霜&円華が、他団体のお客さんを引っ張ってこれていないならば、かなり辛いなぁ。

昨年もそうだったんですけど、せっかくの記念興行なんだし、もうちょっと何とかならないものか…(悲)

2ba4837f.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。