ポルトフィーノが消えた、一昨日の桜花賞を振り返りますかね…

9cdb0839.jpg


まず言いたいのは、こんなねぇ、クラシックなのにアホみたいな低いレベルのレースなんて、さっさと忘れてしまいましょう!

そうでなきゃ、アホらしくて皐月賞の事なんてまともに考えれませんよ!それに限る!(プチ暴走)

最初に愚痴って、それなりに冷静になったところでレースを振りかえりますと、

レース前夜の競馬予想TVで水上学さんが

『今年は異常事態。

昨夏の馬インフルエンザの影響がデカい。牡馬も牝馬も有力馬のデビューが遅れちゃって、賞金不足で急仕上げで使ったりしておかしくなった馬がいたりしたから、

今年のクラシックは、馬の印ほど実力差は無いですよ』

と言い切っていたのが全てだったのでしょう。

d219cf29.jpg


番組を観てる時点では

『あの騒ぎから半年も経ってりゃ、そこまででもないやろ?』

と思っていたから、僕自身は“ヒモが大荒れ”までを想定して9番人気の馬を押さえてはいましたが、結局こーなってしまった次第で。

乱ペースになった訳でも、超スローぺースになった訳でもない。

でも、トールポピーの角居師が自滅して、トライアルの勝ち馬が全滅して、

十何番人気の馬が上位を占めて、更に超人気薄のハートオブクインまでもが見せ場を作ってしまう様なレベルだったんだから、まともに考えていたら手も足も出ない。

でも、今年の頭から『2008年はJRAにとっては最悪の一年になる』と何回も言っていながら、

今年の三歳牝馬は牡馬ほど低レベルだとは思っていなかったので、自分自身が情けない面もあり…

って書くんも、邪魔臭いわ!あーもうええわ!

閉店!ガラガラ!

621f500c.jpg

でもなぁ、レース内容自体は条件戦でしたが、

関テレで放送されたヴァージョンのヒーローインタビューにおける、小牧太の言葉にならない男泣きと、

そのインタビュー中にレースが確定して、配当をみた観客がドッカーン!と来た瞬間のギャップは、凄く印象に残りましたね。

ぶっちゃけた話、小牧って激戦区の栗東に所属しているから、Jpn気任修海泙任凌裕で呂砲肋茲辰討い覆ったので、あそこまでの号泣は予想外ではあったのですが、

よく考えたらかつての主戦場に近い阪神でのJpn祇覇だけに、本人は感じるところが多々あったのでしょう。

改めて『おめでとう!』と言ってあげたいですし、

元スポーツ選手なのに小牧の男泣きをスタジオでは完全スルーした(らしい)

、某ミンナの競馬の司会者さんには、心の底からナカユビを立てたい心境で…

67697c8c.jpg


あと思ったのは、

関テレの馬場アナウンサーも、MBSラジオの美藤アナウンサー(サンドピアリスのエリザベス〜も担当した)も、

あんなグチャグチャの展開でよく馬名を実況で間違えずフォローできたもんだ、と感心。

フジテレビアナウンサー軍団の皆さんじゃ、たぶん間違ってましたよ…

って、あぁっ!馬場アナウンサーが喋ったからここまでとんでもなく荒れたのか!

馬場アナ=大波乱!についてはその度にネタにしてきたのに…

僕もこれから、吐く迄呑みたいと思います(涙)

72fbae0e.jpg

ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。