『DREAM2』のPPV中継を録画したビデオを観ました。


b1193bcb.jpg
入場式前の煽りVTRの段階から、新生UWFのロゴマークが炎上する画像をベースにして、

葉巻を吹かす前田日明の写真がサブリミナル効果を狙って挿入されたり、

ぬるぬる秋山の目に、黄色い線が被せられる処理がされた映像が流されて、

アーティスト・佐藤D、早くも『やりたい放題・絶好調!』という印象を持って、試合を観てみました…


なお、今回では最大の観る目的だった田村潔司vs船木誠勝については(たぶん)明日書きます。

何というか、煽りVTRから両者の退場まで、何もかもがムチャクチャ“重い”試合だった。


c6ca7ff9.jpg


当事者である田村や船木のコメントはもちろんの事、

前田日明をはじめとする『内ゲバを繰り返した』新生UWFに関わった人達や、

あのムーヴメントをリアルタイムで観てきたファンが、

あさま山荘事件のハンマー作戦実行中のワンシーンから始まった、あの“異様”としか例えようがない煽りVと、

お世辞でも『この春、赤と深緑のエクスタシー』とは例えれない様な、ムゴい部類に入る試合内容を観て、果たしてどう感じたのか?

を、もうちょっとチェックしておきたいなぁ、という希望がありまして。

時代が時代ならば、皆が全盛期のターザン山本!氏が言うところの『我思ウ故にUアリ』チックな屁理屈を述べていた様な気はしますが(大げさ)

とにかく今は、うまく感想がまとまらんなぁ。今は妄想も浮かばない。

困った困った…。

それでは、その試合以外の角度でこの日を振り返れば、

青木vsカルバンの“DREAMが始まらない”事へのケジメマッチは、想像以上に素晴らしい試合内容で、今回のベストバウトだったんじゃないでしょうか。

第一試合からここまで中身が濃くて観客が盛り上がってしまうなんて、

逆にメインは大丈夫かよ?と心配になったというかですね。

0990e5ad.jpg

足をとられてからの反撃をきっかけに、勝ちパターンに持ち込んだカルバンの猛攻を踏ん張り、

それ以降は、カルバンに徹底的に密着して、背後からのフェイスロックでカルバンの顔をクシャおじさん状態にしたり、

ヴォルクハンの幻影を思い出すぐらい鮮やかに、腕を固めたりして試合を支配して、

結果劇的な判定勝ちを収めた、青木の積極性と技術の高さには本当感心しましたし、

試合後のこれまでとは明らかに意味が違う、勝ってからの男泣きは感じるものがありました。

幾ら何でも、カルバンからここまで劇的な勝ちを奪ったのに、

インターバルが短すぎて、格下だった永田弟に不覚をとり株をガクンと下げる、

なんていうハイリスク・ローリターンな試合のオファーを、今の青木陣営が受けるとは思えないので(?)きっと今回は勝ち逃げをしてくれるんでしょう(爆)

ならば、大晦日にでもトーナメントの優勝者と真っ向勝負をして、日本の総合格闘技を盛り上げてほしい…

って適当にまとめようとしていたら、

\通撻函璽淵瓮鵐箸鮗退→

∋前にリザーバーを準備していなかったから、トーナメント規定によりカルバンが敗者復活→

カルバンが大どんでん返しでトーナメントを制覇→

ぞ〕者インタビューで青木へのリベンジ戦を要求→

イ笋篋は任良従陲鯢發べながらもとりあえず握手をする青木

というベタな流れが頭に浮かび、嫌な予感はしましたが、

過程はどうあれ、青木のあの独特の世界がまた観れるならば、そーいう現実な背景があっても、それはそれで受け入れようと思います(笑)

あと、金ちゃんが完勝した美濃輪との試合についてなんですけど、

ある程度はわかっていた事ながらも、金ちゃんって相当強かったですね。

591e2ce0.jpg


試合中は、美濃輪が何度も金ちゃんを寝かせながらも、足関節を極めれそうにはまるで見えなかった。

美濃輪の、金ちゃんの研究不足と言ってしまえばそれまでですが、

金ちゃんが空手家の総合における弱点であろう、寝かされてからの展開をしっかり研究していて、それと同時に勝ちパターンを作っていて、しかもそれが崩れない。

そのパターンを崩せないプロレスラー側が悪いっちゃあ悪いのですが、

昔ミルコがブレイクしていった過程を思い出しました。

トーナメントの次戦は、やっぱり田村潔司が相手になってしまうのか、もしくは一捻りをしてワニの人あたりになるのか…気になる。

《明日以降につづく》

c24c2f71.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。