最初にお断わりを。

連休中は仕事が忙しいので、更新が飛び飛びになるかも知れません。あらかじめご了承下さい。

レスをしていないコメントも溜まっているので、極力書く様にはしますが…

それでは本題。

bc4d3b08.jpg


雁ちゃんこと、ミスター雁之助が、未練はあるけど、と念押しをした上で年内での引退を発表したそうで…

創設者ながらも、後輩との実力差が大きすぎて居場所がなくなったWMFを離脱して、

かといってフリーになっても試合数が増える事もなく、

改めて脚光を浴びるきっかけになると思われていた、無我時代の西村修とのイデオロギー闘争(大げさ)を、

西村の感情だけでスカされても、食い下がるも事なくあっさり無我から撤退をしたり、

mixi日記を読むかぎり、自らの自主興行に関しても、これまでは

『興行は3、2、1、ボッキングボッキング!で締めるぞ(笑)』

と変な方向で盛り上がっていたのに、

今回は開催直前になっても、そこまでテンションが上がる事もなかった上に、

『重大発表をします』

とシレッと書いていたから、

そーいう予感はありましたが実際に発表されて僕が思ったのは…

やっぱり、勿体ないですよね。

faedc405.jpg


振りかえれば、新生FMW時代に腰痛のリハビリ期間中に、テレ東の雨上がり決死隊の番組(名前忘れた)では、現役引退&バンジーの弟子入りのアングルを演じていた雁ちゃんだから、

今回の件もアングルであったり、前言撤回する余地があったらいいのになぁ〜、なんていうのも考えましたが、

ひと月前にハヤブサに引退報告をしていたという話を聞くとそれも期待できなさそう(悲)

ぶっちゃけた話、リハビリ中のハヤブサが復帰するまでは現役にしがみついてほしかった、という思いはありますし、

その反面、具体的には書きませんが、不幸になる人がやたら多いFMWの出身者が、

それなりに幸せな形でプロレス界からフェードアウトできそうなのは、ファンとしては安心するべきなのかも知れない。

ついでに書けば、昨年引退して、現在も引退中の諏訪高広さんのケースを観ているから、

40歳になるのをきっかけに、と言われても『まだ早いですよ』と言いにくいのも事実。

何というか、非常〜に複雑な気持ちです。

6ac9abe2.jpg

あと今回の件を聞いて僕が思ったのは、

昨日のSアリで放送されていた“志”がひん曲がったどっかの二人による、不快なやりとりを観てしまうと、

幾らプロレスが好きだとしても、プロレスラーとしてのモチベーションも、上がらなくもなるでしょう。

その二人の身元保証人と思われるどっかの偉いさんも含めて、

あーいうエゴだけが強い連中が、ロクな仕事もやらずにギャースカわめいて何かやる度に、

コツコツやってる雁ちゃんの様な職人気質のレスラーや、団体のフロントの方等でとばっちりを食う人がいるというプロレス界は、やはり狂ってますよね。本当、アホらしい…

da6650cc.jpg


ところで、雁ちゃんといえば…

という訳じゃないですが、競馬・天皇賞(春)について(笑)

基本的に、単勝一番人気の馬が馬券に絡むケースが多いレースだとか、菊花賞馬の相性が良いレースだというのはわかっていながらも、

僕自身はアサクサキングス&四位をそこまでは信頼してないんですよね。

昨春ウオッカにちぎられて、前走はダイワスカーレットの影も踏めなかったのを観ているだけに…ね。

かといって、メイショウサムソンも、前走の凡走は状態よりもメンタル面の問題みたいだから、強気にプッシュはできない(ズブくなっただけの様にも見えるけど)

よって、前走メンバーとレース内容、更にトウカイトリックが無理にホクトスルタンに競りかけないであろう点を加味すれば、

アドマイヤジュピタを中心視する予定ですが、昨年からここではボロクソに言っていた近藤氏の馬に、簡単に◎を付けるのも何か気に食わないし…という感じです。

結論はまた今度(?)書きます。

29bc2c5d.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。