…という訳で、昨日はレースを見なおして、須田鷹雄さんの掲示板を一通りみて、オークスのパトロールフィルムを観て、

水上学さんや柏木集保さんや田原セイキさんのコラムを読んだりして、いろいろ考えたのですが…


ae199040.jpg


aab361a3.jpg
言っちゃあ何ですが、JRAの採決委員のお役人さん達は当然の如く■■でしたが、トールポピーに乗ってた池添も■■ですよね。

普段もそうなのかどうかはさすがにわかりませんが、オークスに関しては断定してもいいでしょう。

きっと普段から

『社台の馬に乗っていれば、相手の馬が落馬さえしなければ何をやっても勝てば良い』

という考え方なんでしょう。

でなきゃ、あれだけムチャクチャやりながらも、ウイニングランではあんなには喜んだりはしないでしょう。

そう考えていないならば、池添は常人では到底理解できないぐらいの超大物なんじゃないすかね(苦笑)

c24b1668.jpg

ただですね、何だかんだいっても競馬は立派なバクチの世界。

その最前線に立つ騎手の皆さんは立派な勝負師ですし、綺麗事だけでは本当どーにもならない世界ですから、

そんな中で生き残る為ならば、腹の中でどれだけムチャクチャな考え方であろうと、

大きな刃物を空港に持ち込む等やらかして、基本的なルールに触れたりしないならば基本的には問題はないと僕は思うんですよ。

それが観る側に伝わってきたらテンションが下がるから、極力それがわからない様にしてくれ、とは思うけど。

具体名を出すのもアレですが、例えば引退した岡部さんやアンカツなんかは田原セイキさんが言うところの

『一流の騎手は、今日の採決委員は○○がいるから、みたいな事まで頭に置いてるから』

という話にそのまんま当てはまりそうなぐらいの勝負師に見えますもん(失礼)

034b5afb.jpg


でもですね、Jpn機Δ靴も八大競争の舞台で『そういう風に考えているとしか思えない』と、観る側に判断される様な乗り方をしてしまう池添は、勝負師として最低レベルだと思います。

これは結果論になりますが、池添は直線で外に出そうとしたけど出せずに内に向かって斜行した訳ですが、

トールポピーよりも外目に出していたエフティマイアがあれだけ末脚を延ばしてきた以上(ダービーもあの辺りが内に匹敵するぐらいに末脚が延びるのか?)、

池添が無理矢理内にこだわったのは、

馬が斜行しながら、他の馬をお構いなしでヨレるのを立て直す気もない(としか見えない)ままムチを入れ続けた事に匹敵するぐらいに、

芝状態や馬込みを抜け出す技術に問題があった様に思います。

79a09d2a.jpg


変な話、そんな池添なのに良い馬に沢山乗れてJpn気撚疹,發任てしまう今のJRAって、

SSが亡くなって以降は特に、海外の競馬関係者から舐められて見下されてるんやろーなぁ、と。

トールポピーは、次走がアメリカンオークスになる予定だそうですが、角居師は是非鞍上は替えてほしいです。

以下の文章は、僕が競馬でお世話になっている方の感想の受け売りになりますが、

『池添が今回のオークスの勝利と引き換えに負った代償はこれから現れるかもしれません。防ぎたいならトールポピーで文句なしのレースを続けることでしょう』

という角度から考えると、アメリカでも池添に乗ってもらうのは如何なものかというかですね…

まぁぶっちゃけた話、JRAの採決委員の■■連中は、田原セイキさんの見解通りにネットでそれなりの騒ぎになっている事はまるで気にしていないとしても、

生産者が社台系列の馬を所有する馬主さんや調教師は、次回あれに近いトラブルがあれば

『幾ら社台の馬であっても降着になる可能性は高い』

という事を考えれば、

これまで通り大一番は池添で!とは心情的にいかない筈。

c4088ae7.jpg


それを受けて今後の重賞での池添の騎乗が減って、それでやっと池添の考え方が変わって技術も身につけるならば、それはそれで観る側は評価しなきゃいけないのかも知れないですね。

また変な話になりますが、幾ら超・村社会のJRAであっても、そこまで末期的な状態ではない、と信じたいというかですね…

b2dc118b.jpg


あ、そうそう。

ここまで好き勝手な事を書いてきましたが、

JRAの採決委員と池添、

あとオークスには関係ないから今回は触れませんが、三浦くんと間接的にモメた某馬主さんは、冗談抜きで最低の■■連中だとは思いますが、

放送終了まで審議中だったのに、大坪さんに指摘されながらもトールポピーが勝ったと言い切り、

番組エンディングで使ったトールポピーへのお祝いの言葉を、そのまんま自らのブログに使っていた恥知らずの山田雅人は、

前記の連中に匹敵するぐらいの■■や!と言い切る事で、今回の文章を締めたいと思います。

若干オブラートに包みながらも今回の件で書きたい事は書いたので、ダービーに向けて、モチベーションを上げていく事にしますかね…。

b2bf8243.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。