まずは最初に…

“マイク”水野晴郎さんの御冥福をお祈りいたします。合掌。

一昨日はですね、三谷幸喜さんが脚本と監督を務めた『ザ・マジックアワー』を観てきました。

《以下ネタバレ注意》

06f37c0a.jpg
僕自身は、前作の『有頂天ホテル』ぐらいしか三谷さんの映画を観ていないので、過去の作品と比べてどーのこーのは言いにくいのですが、

有頂天ホテル同様、主要登場人物が順番に脚光が当たり続けるという、盛り沢山の内容で十分に満足できました。

でも、とりあえずは先に不満だったところを書きますか(笑)

0079361d.jpg


三谷さん自身が、メイキング番組で『ある意味ファンタジーなので』とコメントして、あらかじめ免罪符にしていた以上は(大げさ)、

ストーリーや作品の世界観にリアリティーの欠片も無く、

佐藤浩市さんが終始真面目に観る側を笑わせようする形で、コメディーの方向に針を振り切っていたのは別に構わないんですけど、

ストーリーの本編とは違う、劇中劇っていうんですか?

劇中劇のシーンに時間を取りすぎていたのはいかがなものか?と。

映画冒頭の、デラ富樫とは何か?の台詞のやりとりは、観る側がデラ富樫に興味を持たなくなるぐらいの勢いでサラッと流していたのに、

『黒い101人の女』であるとか『暗黒街の用心棒』を本編中にあんなにじっくりやられてもなぁ。睡魔に襲われましたよ(苦笑)

da3924ff.jpg


劇中劇にも関わらず、いかにもギャラが高そうな役者さんが複数出ていたから編集が難しいのはわかるんですけど、

あーいうのは本来サラッと流して、DVDの映像特典にしときゃあいいんですよ…

でも、佐藤浩市さん演じる村田がデラ富樫になり、デラ富樫を演じた真相がばれるまでの間は、

村田がストーリーの中心になってこれでもかとボケ倒して、妻夫木くん演じる備後達が振り回されまくる姿が、非常に面白かったですね。

三谷さんの演出する舞台もあーいう雰囲気ならば、チェックしたくなりそう(笑)

2c47f6cc.jpg


まぁ、厳密に言えば妻夫木くんや西田局長のリアクションが

『いかにも三谷さんが喜びそうな“型”を意識しとったんやろーなぁ』

と思わされたので、もうちょいアドリブに見えるリアクションが観たかった気もします。

でも、これは寺島進さんが演じた黒川の“懐かしい匂いがする恐い方面の人”的キャラが笑えたのでプラスマイナス0、という事にしときましょう。

寺島さんの『弟子にして下さい!』なんてこの映画の中で一番笑えましたしね。

96be36d9.jpg


あと印象に残ったのは…

やっぱり、ふかっちゃん演じるマリの奪還作戦からはじまるクライマックスが、思ったよりもグダグダ気味になっていたところでしょうか。

これは後で三谷さん失敗したと思ってるんちゃうかなぁ(爆)

僕の中では、この映画で最大のサプライズともいえる、ふかっちゃんと西田局長の電撃和解は有りだと思うんですよ。

あれぐらい観る側を突き放す展開にならないと、本物のデラ富樫が出てこれなかった、という見方もできり訳ですしね。

本物のデラ富樫の登場を、あそこまで引っ張ったのは謎ですが(汗)

b9fbce63.jpg


あ、そうそう。

その奪還作戦で村田がブッキングしてきた映画屋スタッフが披露した、古き良き時代の映画撮影の手法の数々が、

三谷さんによる映画へのリスペクトの域を通り越して、ギャグの一部としてアレンジされていたのって、

映画業界のベテランの方はどう思ったのかなぁ?これは引っ掛かりましたね…

それでは、先週のサイボーグと同じく、締めの言葉はこれで行きますか(笑)

『撤収!』


8c9c2842.jpg



人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…