今回の内容は、マイミクの松阪丼さんからいただいてきました深層心理バトンでございます。

回答と解説を含めたら、かなりの長文になるので、前後編で分けておきます。

それでは…
【1】あなたは知人から一冊の本をもらいました。
 それは、有名な童話のようですが、あなたの知らない物語です。
 この本はどんな内容の物語だと思いますか。

童話…おとぎ話、か…?

真夏だから、敢えて『マッチ売りの少女』みたいな、不利な状況下で主人公が極限状態まで追い込まれて幻覚を見る、みたいな話と書いておきましょう(笑)

【2】本をめくっていくと一枚だけ色の違うページがありました。
 それは全体のどの部分にあると思いますか。

一枚だけ色が違う…?

乱丁か!?ラストから3分の1あたりで。

【3】物語の結末は、どうなったと思いますか。

『マッチ売りの少女』だから、天使に主人公を迎えにきて天国へ、みたいな悲しいラストで。

【4】あなたは今、ダイヤモンドを一つ持っています。
 それはどれくらいの大きさで、どんなダイヤモンドですか。
 なるべく詳しく、具体的に書いて下さい。

ありがちなダイヤの指輪。大きさ…ありがちな大きさで(笑)

色は透明だけどキラキラ輝いている。実物をみた事がないかイメージしにくい(爆)

【5】あなたのダイヤモンドを盗もうと、誰かが後ろからこっそりと覗いています。
 さて、それはいったい誰ですか。

誰かはわからないけど、ビジュアルは岸田森風の、スーツを着た中年。うっすら不精ひげを生やしている。

【6】あなたはそのダイヤモンドをもっと磨いてみることにしました。
 さて磨いた結果はどうでしたか。今までより美しくなりましたか。
 それともあまり変わりませんか。

ダイヤを磨くって…?

小さいから、よーく見ないとわからないけど、あまり変化はない。

【7】あなたはあまりにも美しいそのダイヤモンドに名前を付けることにしました。
 さあ、どんな名前を付けますか。

ペイジ。

ダイヤモンド・ダラス・ペイジで。有我のペイジには非ず。

【8】あなたは、大切な人にプレゼントを買うために街へ出かけます。
 家から街へつくまでは、どんな道のりですか。

庵治から高松市街地に行くにはですね、海岸線から埋め立て地を走って、峠を一つ越えて行く道のりになってます。

【9】街につき、あなたは人形を買うことにしました。
 あなたが手にした人形を見て「それが欲しい !」と言っている人がいます。
 それは何歳くらいの人ですか。

どんな人形か?じゃないんやねぇ。小学生低学年ぐらいの女の子かなぁ。

【10】あなたは人形をあきらめて、手作りのケーキを作ることにしました。
 あなたは一生懸命作りました。さあ、出来上がったケーキを見た感想を言って下さい。

もうちょっといちごの数が多い方が理想か。

生クリームの量は問題なし(笑)

【11】相手にプレゼントをあげようと、あなたはタクシーに乗ろうとしています。
 手を上げると、そのタクシーは乗車拒否をしました。
 去っていくタクシーに一言、言って下さい。

『○uck!』

【12】本棚から取り出した絵本のページを何気なく開いてみると、
 そこには恐ろしい魔女の姿が…。
 この魔女はどんな性格で、どんな魔法を使うのでしょう。詳しく説明して下さい。

気まぐれ。

魔法…ゲームブックの『ソーサリー』シリーズのZAPの呪文ですかね。

【13】この魔女が住む城の地下には、人が閉じ込められています。
 何人くらいの人が囚われているでしょうか。

100人捕らえられていても大丈夫。

【14】この人達は、いったいどんな理由で閉じ込められているのでしょうか。

魔女に反発してクーデターを起こそうとしたけど、失敗したとかのパターンかと。

【15】この絵本の最後で、魔女は自分の行いを悔い改めます。
 さて、どんな出来事がきっかけだったのでしょう?

自分よりも、更に強力な魔術を使う相手と闘ったのがキッカケとか?

【16】お疲れ様でした。次に回したい人をどうぞ

ご自由にどうぞ!