昨夜は、オリンピック柔道のダブル決勝戦・塚田選手の『究極のアウェーの状況で優勢に試合を進めながらも、最後の最後に勝利の女神に足を引っ張られた壮絶な逆転負け』と、

石井選手の『唖然とするぐらいに攻防が噛み合わない末の快勝劇』をリアルタイムで観て、

国際試合の真剣勝負の奥深さ・幅の広さを実感させられ、かつ日本の柔道の『今後の見通しって、ど〜〜なん?』と考えさせられた後で、

以下の様なプロレスの試合を観ました…


468c25e7.jpg



★先に観たのは、一昨日のサムライ『DDTファンタジア』で放送された、高木大社長vsケニー・オメガのエクストリーム戦。

737e0f14.jpg



8d493c8a.jpg


実際に映像を観る前は

『大社長が嫌いな訳やないけど、やっぱり飯伏vsオメガの路上の王世界一決定戦を先にじっくり観たいわなぁ』

と思ってて、そこまで気持ちは乗らなかったんですけど、

いざ観てみたら、なかなかどうして。

大社長が、あそこまでオメガのスタイルに歩みよった上で、

オメガの攻めを受けまくっていたとは想像していなかったので、普通に興奮してしまったというか。

個人的には、ムトちゃんの挑戦者決定リーグ戦ことGIクライマックスよりも内容・結果が楽しみだった、

新木場ビアガーデン7DAYSの大トリに飾るに相応しい好勝負だったんじゃないでしょうか(笑)

2acbbd66.jpg


それにしても、オメガのリングでの試合の映像(何ちゅう表現や 笑)は今回初めて観ましたが、

ハートがやたら強いのか・飯伏チックにイカれているのか定かではないものの、路上でのやりとりは非常に思い切りがいいし、

打撃は見栄えが良いし、しっかりと飛べるし、フィニッシュの受けを観る限りは受け身も問題なさそう。

君が代の件を観る限りシャレが通じるのも良いし、

b4fb9322.jpg


最近はご無沙汰のバックヤードレスリングの連中よりもビジュアルに華があるのも大きい(爆)

これだけ素晴らしい外国人選手が、飯伏目当てでDDTに逆オファーをしてくるんやから凄い話ですよ。

こーいうのがあるから、やっぱりプロレスは面白いんですよ、うん(笑)

d12b1dd3.jpg

かたや大社長。

この前の本屋プロレスのときにも思いましたが、大社長は38歳なんですよね…

武勇伝で、先頭に立って若い連中とバッチバッチやってる もっちぃにも大概頭が下がりますが、

若い連中に囲まれて慕われて御輿に担がれて、社長を務める38歳のおっちゃん(すみません)が、

ここ一番では先頭に立ってムチャクチャやって、興行を見事に締めて大歓声を浴びるんやからカッコええよなぁ。

僕自身はまだ35歳ですが、この辺のおっちゃんには負けてらんねーなぁ、と思いましたね…

ec66a287.jpg



★ガオラ プロレスKING『K−DOJO7月大会編』で、ストロンゲスト−Kトーナメント・優勝決定戦 真霜vs円華を観ました。

55fdf799.jpg


b345190b.jpg



試合自体は、K−DOJOの大一番モードのシングルマッチらしく、お互いのフィニッシュ技が出るまでの駆け引きを軸にして、見応えはありました。

でも、普段タッグを組んでいる者同士のシングルとしてはよくやりあったと思いますが、

その向こうに火野がどーんと待ち構えていた点を加味したら、微妙〜に物足りなさが残ったというか。

火野戦もそうでしたが、格上のK−DOJOのトップである真霜を倒すには、あまりにも真っ正面から勝ちに行き過ぎたんじゃないでしょうか。もう一捻りがほしかった。

前回、両者がシングルで闘った時には無かった筈の円華の本格的な蹴りが、試合のポイントだった訳ですが、

真霜のヒザの具合が良くない=蹴りを多用できない、という前提があるからこそ、円華のイレギュラーの蹴りがポイントになった筈なのに、

今の真霜って、以前と違って蹴る回数こそ減ったものの、今回の様な大一番では円華に負けないぐらい蹴れますから、

そーいう意味では今回の蹴りの扱い方は、ちょっと中途半端だったかも。

0fcef775.jpg


具体的に書けば、真霜の足を一点集中攻撃して徹底的に蹴りを封じた上で、円華が要所要所で蹴りを使っていれば、

負けたとしても観る側は『円華と真霜は互角』っぽくは評価しますから、円華は得るものが大きかった様に思うんですけど、

今回の円華は、ランヒエイに頼らなかったのは評価しなきゃいかんし…って、どっちやねん(苦笑)

う〜ん、まとまらなくなってきたので、この二人に関しては、次回の千葉ポートアリーナ大会の試合を観てまた感想を書きたいと思います…。

c69db903.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。