今回は、この方が主役の、ちょっと昔のプロレスの話を…

51d1366a.jpg

※おことわり・今回のネタの当時のWWEの表記はWWFでしたが、

面倒臭いので全てWWEと書いています。ツッコミはご遠慮下さい。

★マイミクさんのエイリースさんから、ニコ何とか動画でこの前僕のブログのコメント欄で篠塚さんがネタにされていた、

WWEのPPV・インユアハウスと、RAWの中でおこなわれたサッちゃんvsTAKA…さんのシングル戦の2試合の動画が配信されている事を教えてもらいまして、昨夜早速ネカフェで観てきました!

dc7e7413.jpg


いきなり“いつもの”入場テーマ曲で二人が登場してきた時は感動しましたが、

試合内容自体は、どちらも普段のムーヴを見せる事を意識しながらも技の失敗が目立ったし、

若いが故に堅くなっていたみたいで正直イマイチでしたが、

それでもこのシングルが全米で放送された事は快挙である事は間違いないでしょう。

338e37ac.jpg


ついでに書けば、このRAWでの試合を観る限り、WCWのクルーザー路線がどーこうを抜きにして、

シビアなビンスならば、サッちゃんではなくTAKA…さんと契約をするよなぁ〜と思いましたし、

ライトヘビー路線は結果的に有耶無耶にはなりましたが、その判断は正しかったのでしょう。

bbaaa22a.jpg


もちろん、ビンスがマスクマンを好きではないという話も伏線になってますし、

黒づくめのビジュアルなのに典型的なベビーのファイトスタイルで蹴りを連発する上に、

フィニッシュが力技であるサンダーファイアーパワーボムだったという、十分アンバランスなサッちゃんの試合を見せられたら、

当時のバックステージはきっと、客席と同様に漫画のカイジばりに『ざわざわ…』状態で

『オイオイ、こいつウチでどうやって扱うねん。コイツにオファーを出したん誰やねん』

って、ビンスがぼやいてたと思いますよ。


9d39ccc5.jpg


そりゃ、この日はヒール寄りの試合を見せながらも童顔っぽいから女性や子供の客層にウケしそうだし、

ファイトスタイルやキャラ設定をWWEの都合のいい様にいじくれそうなTAKA…さんを採用しますよね。

プロレスの歴史的には、この後に行なわれた『サスケからダイオキシン』両国大会での両者の一騎打ちに向けて、

サッちゃんは

『私はビンスに対してNOと言った日本人ですから、えぇ』

と強がりながらもWWEに採用されなかったジェラシーを全面に出し、

1985f256.jpg


かたやTAKA…さんは、キニョネスさんをマネージャーにして『WWEがみちのくプロレスを買収する!』という、

大木こだま師匠がみたら『それは無いやろ〜』というツッコミをしそうなストーリーを進行していく訳ですが、

そのストーリーが生まれた直接のキッカケになったこの試合を観た上で、

改めて両国での二人のシングルを観て、尚且つ試合後のTAKA…さんの

『サスケ、お前みちのく潰すなよ!』

のマイクパフォーマンスを観たら、当時とは相当違う味わい方ができるんやろーなぁ。

今度ネカフェに行ったら検索しよっと(笑)

しかし、この前の森嶋や潮崎がダークマッチでトライアウトに参戦した時の感想のぶり返しになりますが、

今も昔もこの調子だと、

『WWEってトライアウトに参戦する選手の試合映像を、事前にはきちんとチェックしてないやろーなぁ』

という僕の疑いの目が、確信に近付きつつあります(爆)

d689e4b2.jpg


さてさて。

つづけて観たのは、TAKA…さんのWWE参戦のトライアウトの続編の、大日本時代の田尻とのシングルと、

TAKA…さんがWWEに定着していた2000年に行なわれた、RAW枠でおこなわれたHHHとのシングル戦!しかもヘビー級のタイトル戦!

12786352.jpg


当事者であるTAKA…さんもこう語っている通り、詳細はわからないものの、ストーリー上のアレで唐突に実現した割に、

APAを従えての堂々の入場シーンから観客はどっかんどっかん盛り上がってたし(フナキの表情は本当に強張っていた様に見えた 苦笑)、

f9bd439f.jpg


みちドラ彊奮阿療時の技は全部出し切ったであろう勢いでHHHを一気に攻め込みながらも、

最後の最後にえぐいペディグリーを一発食らって昇天するという、絵に書いた様な壮絶な玉砕劇。これは面白かった。

21cbdc5a.jpg


TAKA…さんが『一番思い出深い試合』と語るのも納得する好試合。

よくよく考えてみたら、WWEでの活躍はこのHHH戦がピークだったかも知れないけど、TAKA…さんの活躍は素晴らしかった、という事で。

いつの日かまた、日本人選手がWWEでここらへんのポジションまで上り詰める日が来たらいいんですけどね…

5d4fe900.jpg


《これより追記》

というのを書いて週プロモバイルをみたら、ライガーの偽物としてお馴染みの(嘘)、全日本の雷陣明がTNAと2年間(!)の契約を結んだとの事。

そうかぁ、WWEじゃなくても、TNAに継続参戦して成り上がっていくという手もあるにはあったんやなぁ。

これを書いてる間は、TNA自体忘れてたし(汗)

2年も経ったら全日本プロレスがどうなってるのかは見当もつきませんが、これはこれで楽しみです。

雷陣、頑張れよ!

ea503f30.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。