ガオラ『プロレスKING』K−DOJO 8月スーパービッグショー編を観ました。


a378311d.jpg


4a5c05d9.jpg
最初に、興行の大まかな感想を書きますと、この時点でのK−DOJOの総力を結集したマッチメークで、

どの試合もカラーやテーマが違っていた効果もあり、ハズレの試合は無かった様に思うのですが、

全試合を見終えて冷静に考えたら、メインの攻防のハードさが突出してたなぁ、と。

今年のK−DOJOの試合に限れば、ぶっちぎりでベストバウトになるのでしょう。

4501b962.jpg


強いて不満点をあげれば、今のK−DOJOの身内同士の頂上対決の再戦を、千葉のスーパービッグショーという事で前回の対戦から約4ヵ月という短めの間隔でやらざるを得なかったところ。

4ヵ月の間にトーナメントがあって、優勝した真霜が敢えて優勝トロフィーを懸ける事で、頂上対決に向けてのストーリーは成立してましたが、

ストKのベルトに直接絡める選手とそうではないクラスの選手の差が想像以上に大きかったのは残念。

cb018287.jpg


まぁ、安易に勢いに乗る滝澤をトーナメントで決勝進出をさせなかった姿勢は好感をもちましたし、

僕的には前から期待しているサブローがこのスーパービッグショーの後にまたまたケガをしたから、

K−DOJOの現状はそーいうものなのだ、と割り切らざるを得ないのは確かですが…ねぇ。

それはさておき、今回の再戦。

春の後楽園の対戦の時よりオメガの介入が少なかった関係で、真霜の蹴りと火野のパワーの真っ向勝負、そして意地の張り合い!という感じで見応えがありましたね。

a6aac576.jpg


結果的には、真霜が自らのブログで明かしていた様に一か八かで100%の蹴りを出す事にこだわる作戦がはまったか、

火野の腕をミドルで蹴ってダメージを与えた事で、終盤主導権を渡さなかった事が直接勝因に繋がったんですけど、

火野もあれだけの長期戦になって腕を散々蹴られても、真霜の足を攻める事よりもパワーにこだわってブンブン腕をぶん回すわ、チョップをぶっ放つわ等して勝ちにいったんだから、本当アホ…

もとい偉いですよ。

僕の中で、更に火野の株が上がりました。

カズマももうちょい火野を見習ってやね(以下略)

c1c13dfe.jpg


ところで、今回の再戦で真霜と火野の因縁に一区切りが付いたんですけど、

今後の真霜のベルトを巡るは一体どーなるんやろ?

下手したら、メンテーさんやウラノにオファーを出すぐらい、K−DOJOとしては無茶をやらなきゃ、

ファンのモチベーションが上がる様な防衛戦が組めないんじゃないか?

…とか何とかこっちが想像する前に、どらげ〜との交流が再スタートしたのはびっくりしました。

しれっと今回の交流の意気込みを自らのブログに書いていたTAKA…さんや、K−DOJOのスタッフはスーパービッグショーの営業でいっぱい×2になっていた筈なのに、いつの間にここまでキチンと交渉を成立させとったんやろか?(苦笑)

3409a425.jpg

近い将来、鷹木vsTAKA…さんと真霜vsもっちぃの2つのタイトル戦が組まれそうですが、

僕としては、そのタイトル戦とは別に、できる範囲で構わないから、以前どらげ〜とK−DOJOが交流していた時にどらげ〜と絡んだK−DOJOの選手を、改めてぶつけたいんですよね。

あの当時は、はっきり言ってTAKA…さん以外のK−DOJOの選手は格下扱いされてたもんなぁ。

当時のトップだったHi69でさえ、本当にCIMAとやりたかったのか?実は自分でもCIMAとやるには役不足だと自覚してたんじゃないか?と疑ってしまうぐらい差があった。

5f2c9dd1.jpg


どらげ〜から複数選手を借りても、K−DOJOのディファ大会はガラガラだったらしいから、営業面ではK−DOJOに大きなメリットはなかった。

実際問題、今の両団体は同格だ!とハッタリをカマすつもりはありませんし、

むしろ両団体の差は以前よりも広がっている感はあります。

ついでに書けば、次回の武勇伝の会場でK−DOJOの選手を観たファンが、K−DOJOに興味を持って千葉まで足を運んでくれるかは非常に怪しいので、

期待半分・不安半分な面は凄く・凄くありますが、K−DOJOの選手は当時よりも成長を、そして意地を見せてほしいですよね。

f5824668.jpg


ちなみに、以前どらげ〜参戦を直訴した時の現場責任者であるマグは今はいないから、

まこっちゃん&しおりんはヘソを曲げてどらげ〜には一切関わらない様な気はしますが(汗)、

今は明確なテーマがないPちゃんは再びブレイブのベルトに挑んで、青HAGEのペースを撹乱しまくる事で輝いてほしいし、

悲願の“飯伏ベルト”の奪取がプレッシャーにならなければ、スーパーX時代にはどらげ〜の選手からもファンからもまともに相手にされなかった円華も、きっと輝いてくれる筈…

適当な相手が、ハルクしかいない件は横に置いときますけどね(爆)

いつまでどらげ〜との交流が継続するのかはわかりませんが、何とかK−DOJOには頑張ってほしいなぁ…。

c40e095b.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。