先週末、テレ朝系列で放送されたドラマ『歓喜の歌』を録画したのを観ました。


9b123ea1.jpg


PC版公式ホームページ

携帯版ホームページ
この『歓喜の歌』。

タイトルだけ聞いたら、ベタですが『暦は秋やしエヴァには関係ないのに、何で第九やねん!?』と思ったのは事実ですし、

ネットでいろいろ調べてはみましたが、原作の志の輔師匠の落語も小林薫さん主演の劇場版もまるでチェックをしていなかった。

f936967c.jpg


それを抜きにしてもですねぇ、役者さんとしてのスタイルが違う(様に見える)小林薫さんと大泉洋を比べるのはかなり抵抗があるので、そーいうテーマの文章は他の方にお任せします(汗)

とはいえ、大泉洋が主演を務めたこのドラマ版は、これはこれで満足できる作品だったと思いますね。

0080ddf7.jpg


思い返してみるに…

ここでもネタにした、歓喜の歌と同じく昨秋テレ朝系列で放送された、長澤まさみが主演のガンヂス河でどーたらこーたらというメ〜テレの記念ドラマのハチャメチャさと違って(爆)、

女性コーラス部と市の催し物がダブルブッキングして…という、実社会でも何となくありそうなシチュエーションからして、

最近、テレビドラマには全くといっていいぐらいに縁がなかった僕(しいてあげれば、ガリレオを観たぐらい…)としては、逆に新鮮だったんですよね。

fa079ed5.jpg


大泉洋演じる市役所の主任の佐野が、最初はダブルブッキング回避の交渉に振り回されて、

最初は投げ遣りだったものの、一度は死にかける(?)ぐらいにコーラス部のメンバーと向かい合っていくうちに考え方が変わっていくという、

それなりにありがちな流れになっていくのに、大泉洋の内面が、劇的に変化する事もなく淡々と話は進行していって、

コーラス部のおばちゃん達も、日常生活の中の椀シーンの中でコーラスへの熱き思いを語っていって、ついでに書けばその末にクライマックスで誰かが死んだりする事は無い。

肝心なところで『感動せんかい!』という演出を抑えて、タイミングをずらしたところでシレッと泣かせていって…

09c0f5ae.jpg


水曜どうでしょうの“あの”藤村さんが仕切っているのに、必要以上に中身を膨らませない&飾っていないというアンバランスさが、考え様によっては十分面白い訳ですが、

とにかく、こーいうドラマをたまに観るのもええもんやなぁ、と。良かったです。

42fda586.jpg


それにしても、田中好子さんやあき竹城さんみたいな百戦錬磨の皆さんに囲まれても、

俳優としてのキャリアの割に存在感が霞まなかった大泉洋は大したものではありますが、

そんな大泉洋さえも重みのある演技で圧倒して、それどころかクライマックスの合唱シーンでもオイしいところを思い切りかっさらっていった大滝秀治さんは凄い。

これは感心。

4d69bc99.jpg

大滝さんといい、おひょいさんといい、幅広い年代の視聴者から非常に好感度が高いであろう(NHKっぽい言い回しやけど)個性派の役者さんは、

できるだけ健康には気をつけてもらって、すっかりモンスターの域に到達している森繁さんに負けないぐらいに長生きをしてほしいものです。

be72451a.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。