ガオラ『プロレスKING』K‐DOJO 9月大会編を観ました。

今回はその感想を…


c2b76c01.jpg


41ac59c3.jpg


※この日の出来事
もっちぃが忙しい中、真霜を狙って久々にK‐DOJOに参戦してきたり、

アポたんと鉄平ちゃんのこの番組上のラストマッチがあったりして、試合毎のテーマがはっきりしていたからメリハリはついていたものの、

先月のスーパービッグショーの反動が出ていた感じて、内容的にはもう一つ盛り上がり切れなかったかなぁ、というのが第一印象でしょうか。

ただ単に、華やかさの面に難がある牙騎鱗が絡む試合がメインだったから、という可能性もありますが(爆)、今回はそこは掘り下げずに主な試合を触っていきましょう。

13883d62.jpg


★鉄平ちゃんの後楽園ラストマッチ…

千葉の倉庫で引退試合では、旗揚げ戦の第一試合を再現する形で自らの原点を見せたのと違って、

今回は、鉄平ちゃんの為にゲストが集まるというのがテーマ。

とはいえ、猪熊はカレー屋修業の為久々の試合で、趙雲は鉄平ちゃんにの為に一歩引いていた事により、

鉄平ちゃんがトラップにハマッて(くだらなくて笑ってしまった)以降は、ほぼウラノvs鉄平ちゃんのシングル状態。

十嶋戦はダイジェストに編集されていたので、引退の直接のキッカケになったヒザの負傷は気にならなかったのですが、

今回は鉄平ちゃんのヒザの状態が、ウラノの容赦しないヒザ攻めに応えきれないのが生々しく伝わってきて、観ていて辛かったなぁ。

867d6d86.jpg


でも、逆に考えればウラノの仕事っぷりの良さが際立っていた感じですかね。

何年後になるかはわかりませんが、滝澤や関根達がスト‐Kのベルトを巻くか巻かないかぐらいまで番付をあげてきた時には、

是非とも再度オファーを出してもらって、若きエース候補達の高き壁になってほしいというか…

★アポたんのK‐DOJOラストマッチ…

勝っても負けても主役になる筈だったアポたんが、英語が達者なレフトの、加減をしないハードコアスタイルのとばっちりを受けて指を負傷した影響もあり、後味は悪かった。

ヨシヤも不定期参戦な事を考えたら、K‐DOJOのリングでスラムローズが復活する事はしばらく無いでしょう。

レフトから観て、もしかしたらアポたんが“心、此処に非ず”状態に見えたから、あそこまでとことんやってしまったのならば、あまり責めれんのかなぁ…。

0e262b0e.jpg


★チームハンサムwithもっちぃvs真霜組…

実はこれ、真霜vsもっちぃのスト−K戦の前哨戦ではなく、滝澤&トウナイの重要な出世試合だったんですねぇ。これには驚かされたというか。

僕自身、ガオラでトウナイの試合をじっくり観たのが初めてだったという伏線はあるんですけど、

滝澤みたいな極端なプッシュがあった訳ではなく(ハンサムトウナイはプッシュのうちには入らんでしょうし)、

地味ながらも少しづつ、ここまでポジションをあげてきたであろう事は、あの粘り腰から伝わってきましたし。

63476dbc.jpg


えーっと、今日でしたっけ、ビッグショーのタッグ王座戦は?

今回勝利をあげた滝澤&トウナイが、ハンサムさんのK‐DOJO内のポジションと動きが、歳をとってからの田上化してきたからこそ起こせた波乱なのか否かは、興味深くなりました…

が、今回のビッグショーはテレビ収録は無いみたい。

という事はベタにハンサムさんが奮起して、王座を防衛するパターンなのか?

う〜ん、勿体ない…

ここからはK‐DOJO“今年の最後の大一番”真霜vsもっちぃについて書きましょうか。

今回の6人タッグでは、思ったよりも直接対決が無かったんですけど、真霜のインタビューでもっちぃをしっかり分析しているところを読む限りは、もっちぃの手応えは十分にあったんでしょうね。

e19f93c3.jpg


贅沢を書けば、あともう一回前哨戦が組まれて、蹴り以外の攻防の面でも噛み合いそうな点を実感してもらえたら、“真霜vs火野越え”に向けて更に期待値は上がるんですけど…

★大石vs円華…放送中にも触れられていましたが、円華のイレギュラーなタイミングで繰り出される蹴りがやたら目立っていた以外は、まこっちゃんの良いところだけが目立つ横綱相撲状態に見えました。

あれだけ細かい技だけでタイトル戦を組み立てた光景を観たのって、

(色合いは違うけど)もしかしたら全日本の世界ジュニア戦で、王者の渕がクロファットのヒザをまったりと時間をかけて破壊した時以来かも?(時間が立てばいろいろ思い出す気はするが 苦笑)

3b8361bd.jpg


実際問題、まこっちゃんの立場から分析するに、

この試合を迎えるまでの円華のコンディションがアレながらも、

今後の白いベルトを巡るストーリーが決まっているから、タイトル戦の延期もできず、

しかも円華の番付を落としにくい事を考えたら、

非常にやりにくい状況だったのでしょうが、あれだけやれりゃあ大したもんですね。

しかし…

シングル戦では、よほどの事がない限りはかつての仲間や後輩に星を譲らないという点から考えるに、

リングを降りればケツの穴は広い筈なのに、リングの上ではケツの穴がやたら狭い事を証明しているメンテーさんは、

最終的に、まこっちゃんorK‐DOJO勢にUWAのベルトを返すつもりはあるんやろか?

今更ながら心配になりました。

大日本でのメンズワールド枠は、アンダーカードだしからどれだけ好き勝手やってもらっても気にならないんですけど、

それ以外のメンテーさんは、どこまで上から目線でふんぞり返って、後輩の技を受けてやらんつもりなんや?って思う事があるので、何とかしてほしいなぁ、と…

73280352.jpg


★牙騎鱗vsオメガ…

牙騎鱗の醸し出す、何とも例えにくい濃さと泥臭さは好きですし、プエルトリコ版K‐DOJOの生え抜き勢にはとにかく意地を見せてほしい。

あとは、K‐DOJO以外の団体にも存在する、ワールド1をはじめとする牙騎鱗っぽい………な数々のユニットが、

その団体のコアなファンからどう認識されるのか?というリサーチも兼ねている様な気がするので、牙騎鱗には頑張ってほしいんですよね(爆)

入れ代わり立ち代わりでメンバーが負傷している様な気はしますが、

怪我には気をつけて、頑張って牙騎鱗の時代を築いて下さい、という事で。

思ったよりも長文になりましたが、こんな感じですね、はい。

19dc2b65.jpg

ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。