今回は、録画していた『Sアリーナ』と『ガリレオ0』を観ながら、いろいろと思う事を2編に分けて書いていきます。

まずは、競馬のネタを…

3106783e.jpg


99f1083c.jpg
★JRAのホームページで、一昨日の凱旋門賞のレース映像を観ました。

我らがメイショウサムソンが、序盤不利を受けながらも直線に入ってすぐ、一瞬見せ場を作ったもののすぐに失速→他馬に包まれて、という形で最後までもがいていた。う〜ん。


bd0143c7.jpg


それを尻目に、勝ったザルカヴァは同じく直線のはじめでは馬込みにいながらも、

慌てず騒がずかつてのモンジューの如く馬込みをこじあけて、

力強く抜け出したんだから本当に強いの一言。

1bb5217a.jpg

映像を観るまでは

『できればJC、ダメなら香港でこの末脚を再び見せてほしい』

と思ってましたが、ラムタラばりにこのまま勝ち逃げで引退→繁殖入りをされても文句は言いにくい。

それぐらい強かった…

536d4c06.jpg


スミヨンの自信満々(に見えた)の騎乗があったとはいえ、3歳牝馬にここまで桁違いの勝ち方をされてしまったら、

『サムソンの状態は良かった』

とレース後にコメントしていた武豊のあの乗り方には、アンチ武豊でなくても文句は言いたくなるやろーなぁ、と。

もし直線でもっと早めにスムーズに動けていたら、掲示板はあったかも知れないし。

ディープインパクトの凱旋門賞での武豊は、道中不利を受けない事にあそこまで神経を使って乗っていたのに、何で今回はこーなったのか…残念。

さて、そんなサムソンの次走は天皇賞(秋)かJCか?

15411cf3.jpg


どっちでもいいから、サムソンの現役残りレースの鞍上は、武豊が確保できないならば石橋に戻してあげてほしいですよ。

小倉でのデビューから鞍上を務めてきた石橋が、凱旋門賞挑戦という大仕事を終えて、

日本で引退する時に面倒をみさせる形で情をかける采配をするのも、

苦労人の松本オーナーらしいっちゃあらしい気はするのですが、果たして?

bbb19b4f.jpg


★スプリンターズSを観なおしました。

ザルカヴァを観た後ではさすがにインパクトは薄れますが、スリープレスナイトの快勝っぷりも見事。

上村って、あんなロケットスタートができる騎手だったんですね。

結果を知って映像を観たら、スタートの瞬間に勝負が決まっていた様に見えましたよ(笑)

f918bcfd.jpg


しかし、上村洋行。

“40度目の正直”なんて言葉はありえないのはわかっていますが、使いたくなるぐらいここまでの道程は険しかった…

ってあまり長くなるのもアレだから、上村っていっときは武豊の影武者みたいになってたもんなぁ。

上村のGIと聞いて、真っ先に思い出すのは11年前の日本ダービー。

新馬戦からそのとんでもない狂気と才能に翻弄されてきたサイレンススズカの鞍上で挫折を味わい、目の病気を患い…

“橋口厩舎史上最強レベルの牝馬”の鞍上を敢えて任せた、橋口師の器の広さと全面サポートがあったとはいえ『よくぞここまで…』と言わざるをえません。

2b212be1.jpg


スリープレスナイトの次走は香港スプリントになる様ですが、できる事なら鞍上は上村のままで、と願うばかりです。

ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。