今回は、競馬とプロレスの話を一つずつ。

514cf01f.jpg


d28d64ba.jpg


★阪神JFの映像を観ました。


e177100d.jpg


ブエナビスタ、強かったですね〜。

グリーンチャンネルのトレセンリポートを見た段階では

『どっかの映画会社の名前と同じやんけ』

ぐらいの印象しか残っていなかったのですが、

あの勝ちっぷりは、今秋のGI勝ち馬の中では一番の好パフォーマンスだったんじゃないでしょうか。

abb807d9.jpg

無理矢理粗探しをするならば、無敗馬ではない上に結果的には実力が抜けていたにも関わらず、

アンカツが馬込みに入れる事を露骨に嫌がっていた(?)のが不満だったのと、

表彰式では、厚かましくアドマイヤコンドー氏が参加していたのは、心がかなりざわめくものがありましたが、

あの末脚の爆発力を見せられると、アドマイヤコンドー氏がいっちょかみをしたくなるぐらいの大物である事は、疑いようがないと思います。

846236bf.jpg


まぁ、血統が血統なので、脚元の不安はずっと付いて回るんだから、

今から『ダービー挑戦へ』みたいな言い方で、松田師をしれっと煽っていくマスコミに対してもカチンとは来ましたが、果たして来春はどーなる事やら。

それと、ブエナビスタに続いて入着した馬も、相手が悪かっただけで結構強いレベルの馬の様には思うんですけどね…

楽しみにしときます。

e5f914b8.jpg


あと、ブエナビスタとは全く関係ないけど敢えて書いておきたいのですが、

一昨日書いたダイタクヘリオスの死去のニュースが、杉本さん&大坪さんの両御大がいる関テレ版『DREAM競馬』ではスルーされていたのはすっげぇ悔しかった。

香港国際競争があったからしゃーないんでしょうけど、何か『ミンナのケイバ』の出演者の様な、

競馬=ギャンブル以上でも以下でもない

的冷たさを感じたなぁ。気のせいかなぁ…。


a966daae.jpg


★再三ここではネタにしている大原はじめが、闘龍門自主興行で大仕事をやってくれました(笑)

※詳細はこちら

↑でここで書かれていない範囲の事を、ちょっとだけ書けば、

大原の師匠越えを讃えて、腰にベルトを巻いてあげようとした浅井さんにダメ押しの意味合いで襲いかかって、

タイトル戦の余韻を思い切り吹き飛ばして『ご機嫌ちゃ〜ん!』なバッドエンドにしたらしい(爆)

いやはや何というか…

以前も書きましたが、闘龍門のそれなりに長い歴史の中で、はじめて浅井さんと長期的なスパンで抗争をしてきた大原が、

タイトル戦&メイド追放マッチに勝つだけではなく、

試合後に、悪党時代のSUWAでもなかなかやれないぐらいの大暴れをやらかして、

あっちのルチャファンに嫌でも大物ルードとして認知されたのならば、本当大したもんです。

51b7dbe2.jpg


諸般の事情で、今後はハッスルを優先していく大原が、メキシコで試合をする機会はしばらく無さそうですが、

ルチャのファンからは忘れてもらいたくても、そう簡単には忘れられないでしょうね。

ありきたりの言い方をすれば、浅井さんの首を手土産にしてハッスルに殴り込む!のに、

ハッスルのお客さんの大半は、この快挙の価値が、アラクロのハッスル初登場以上に伝わりそうにないのも事実…

てか、事前予告なしの『お前、誰?』状態でクリスマスのハッスル後楽園に初登場するらしいので、

快挙の重みが伝わる伝わらないより以前の話になりますが、とにかく頑張ってほしいものです、はい。

12ceabc4.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。