まずは、くいずの正解発表からです。

昨日僕が観てきた映画は『ブタがいた教室』でした。

今回はその感想を…

《ネタバレ注意》

6d39ec06.jpg

※公式ホームページ
ぶっちゃけた話、話のネタ自体は興味深いけど、

映画が制作される直接のきっかけになったドキュメンタリー番組が16年前(!)に放送されているし、五年前には作品の原案となった本も出版されている。

僕は恥ずかしながらも、原案を読んでいないので完全な推測になるんですけど、映画化されたとしても、

前記のドキュメンタリーに極めて近い内容になっとるんちゃうか?と思いながら観てました。


930bf3cc.jpg


妻夫木くん演じる星先生は最初から最後まで

『今回のブタの飼育に際して、ブタの命をどう考えているかの問いに、何が正しくて何が正しくないというのは無い』

という考えで、6年2組卒業の日まで押し切りましたし、

基本的には脚本があったとはいえ、子供同士のディベートで出てきた意見の数々は、いかにも小6といった感じでした。

男子はただただガキっぽくて、女子は現実をクールに観ている子とそうでもない子とに大まかに分かれかけているという、それぞれリアルな感情から出てきそうな言葉に思えた。

まぁ、原案をチェック済の方がこれを観たら、

あまりにも原案を忠実に映画化しすぎていて、

エンターテイメントとして、地味ではなかったが刺激が足りなかったんじゃないか?とは思いました。申し訳。

でも、未見の方にとっては普通に『記憶に残る名作』だった、と言い切っておきたいです。

3cbeed3c.jpg


また、実際に当時の黒田氏からブタの飼育という名の、動物の命と人間の食について考える授業を受けた当時の子供たちは、

胸を張っていいぐらいに貴重な勉強をしたと思いますね。

ここをお読みの方で、親としてお子さんを養っている方がおられましたら、

おそらく全国の小学校の巡回映画教室で、がんがん上映されていく筈の、この

『クラスでブタを飼って、最後に食べるか食べないかを話し合う』

という重い内容の映画を観た子供さんから、こんな風な映画をどう思うか?みたいな話を振られるんじゃないかと思います。

その時は、あまり返事を曖昧にせずに、自分の意見を言う様にしてほしい。

縁があってせっかく親になったのにこの映画の中の子供達よりも、まともな意見が言えない親だと思われるのは辛いでしょうから…。

c2807257.jpg


ところで、映画の主演は妻夫木くんだったのですが、幾ら実在の人物を演じるからとはいえ、

自然っちゃああまりにも自然過ぎて、妻夫木独自の色が薄く見えて、極端な話大根に見えたというかですねぇ。

彼のファンじゃないから具体的に言葉にはできんけど、もうちょっと“らしさ”を前面に出した教師像を表現してほしかったし、ある程度好きにやれる番付でもある訳で。

ついでに書けば、ブタや子供達以外の共演の役者さん達も、演技という基準でみれば、あまり印象に残らなかった。

主演がそーいうノリだから、バランスをとってそういう状態になったのは何となく想像できるのですが、

それじゃあ、さまざまな演技ができる大杉さんを敢えてブッキングした意味が、あんまりないやんけってなりますから。

そこは不満が残りました。

8703cdb1.jpg


なお、ブタのPちゃんを食べる・食べないについての僕の考えですが…

今の年齢の僕ならば、一応食べれます。

小6の時なら『食べれる』と答えるかどうかは、さすがに何とも言えませんが、今の年齢ならば

『ここまで苦労をして育ててきたからこそ、食べる資格がある』

みたいな形で欲望を正当化して食うと思います。

ただし、僕の目の前でブタをさばくのは御勘弁を、という事で。

そういや、これを書きながら思い出しましたが、小林よしりん先生が昔ゴー宣で

『牧場からやってきた牛を殺して加工して、牛肉として出荷するまでの仕事をしている女性を主人公にした恋愛ドラマを作って、ゴールデンタイムで放送しろ!そうすれば、日本人の若者の食と命に対する認識が変わる筈だ!』

とゴーマンをカマしてましたが、この映画の評判がネット媒体で口コミで広がって、時間をかけて大ヒットすればもしかして…?

d0d103aa.jpg


あと、これはどーしても言いたい事なのですが、

妻夫木くん本人に罪はないのですが、妻夫木くんの事務所と映画の配給会社は、妻夫木くんの映画を観る客層の心理を、あまりにも軽く考えて扱ってるんちゃうか?と言いたいです。

この“一匹の家畜用として飼われたブタの命”について考える事がテーマの『ブタがいた教室』が、幾ら全国一斉公開ではないからって、

同じく妻夫木くんの主演する“新型インフルエンザウイルスで、とんでもない数の死者が出る”という内容らしい『感染列島』と同じぐらいの時期に上映されるなんて、やり方が不粋過ぎるやろがって話ですよ(呆)

こんな違和感を強烈に感じたのは、僕だけなんやろか。う〜ん…

8ccd7993.jpg



人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…