今回は、短めのプロレスの話をいくつか…

ff96b2b1.jpg

7b1d1ada.jpg

★昨夜の『Sアリーナ』のゲストとして、

青木にブーイングを飛ばされた事がお気に召さずヘソを曲げた仲田ドラゴン氏…

略して!

仲田ブー氏(でも見た目は水野晴郎さん風)と潮崎豪が出演してましたね。


159b1374.jpg


昨日の続きみたいにはなりますが、潮崎はともかく仲田氏の発言内容はどれもこれも何か…ねぇ。

そんな中僕が一番カチンときたのは、エンディングでのGPWAの復活宣言!

…あ、でも僕、ゼロワンの中村氏をフォローする訳じゃないですよ。

あんな中途半端な投げ出し方をすりゃ、そらボロクソに言われて当然だと思ってます。

c19825a4.jpg


妄想で書くな!って指摘されそうですけど、

GPWA発足直後におこなわれた自主興行のメンバーから考えると、加盟団体のトップ選手やら個人単位で協力している選手の大半が、確実にオファーされるじゃないですか?

つい先日、プロレスサミットに青木を派遣する絡みでもめたばかりなのに、

今度は逆の立場になって自らが選手にオファーを出す側になって、

派遣する選手がいまいちな団体に対して間接的に圧力をかけたりなんかしたら、TAKA…さんや大社長は表立って怒っていいと思いますよ。

そんな訳わからん事がまかり通るプロレス界って、絶対おかしいですもん…ね。

009171a3.jpg


★このブログでは頻繁に取り上げている健介オフィス版のセム。

今夜開催される新年一発目のメインはドえらい事になりました(驚)

de67b4e7.jpg


※真霜拳號のブログより

まさかまさか、KENTAと中嶋のシングル対決の前哨戦に唐突に真霜が絡んでくるとはなぁ。

果たして、どんな奇々怪々な流れがあってX=真霜が前日夕方に発表されるに至ったのかは気になりますが、

比較的呼びやすい筈の円華ではなく、敢えて真霜を引っ張りだす事で、

出し惜しみをしない事をファンにアピールした健介オフィスの姿勢は高く評価せざるを得ないでしょう。

b2a6baeb.jpg


まぁ、プロレスサミットに背を向けた健介オフィスが、自分の興行ではプロレスサミットのメインを越えるカードを組めてしまうのは正直『何だかなぁ』感はありますが、プロレス界ってやっぱりそーいうもんなんですかね。

しかし真霜。

みのると初対決→フーテンに参戦

の間にKENTA・青木と初対決なんて、年があけて一ヵ月なのに、今年はどれだけ精力的にやっていくんだって思いました。

まさか、昨秋やり合ったもっちぃに触発されたのか?という事で(笑)

7e87a5cd.jpg


★昨夜の『インディーのお仕事』で、新北京プロレスのダイジェストを観ました!

後処理を間違えれば詐欺呼ばわりされかねない、大将…もとい、トウ・ゴーのブッキングミスがあったのは残念ですが、

画面でみる限りは、丸藤プロデュース興行を蹴って観戦された方の評判が、非常に良いのに納得させられる、中華色のバラエティーに富んだ公演だったみたいですね。

ace7f522.jpg


中でも、元太老の演技力と、ケニオメ&ヤングトウゴーのセンスの良さなんて、本当素晴らしいと思います。

巨匠の大暴れには、違う意味で感動しましたけど(爆)

次回の公演は来年ですかね?

次こそは、不手際のない上で趙雲がメインを締めて、最高のエンディングを見せてくれ、とエールを送っておきますかね…

fc4fbcfa.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。