ガオラ『ドラゴンゲート無限大』で、土井が優勝した昨年末のキングオブゲートトーナメントの準決勝&決勝を観ました。


52e3c989.jpg


d0e5098e.jpg



興行が行なわれた当時は、福岡大会までに前哨戦がほとんど組まれなかった事も加味すれば、

安定度抜群の鷹木が王者として年を越せないなんて夢にも思ってなかったので(失礼)、

土井は、いかに鷹木に勝つ事に説得力がある試合をやってたのか?に重きを置いて観ていたのですが…

土井がどーこうよりも、やっぱりマスキュラーボムはイカンですね。

あれはすぐに禁止してほしい(きっぱり)

前にも書いた事があるかも知れませんが、僕は

『大技をかける側が、相手が掟破りで同じ技を仕掛けてきても受けきれない!危険だ!とファンに思わせる大技は絶対使うべきではない』

と思っていまして、このマスキュラー〜はその典型じゃないかと。

あの技を何人も受けても、選手が首をケガしないなんて、ドラゴンゲートのマットグはどんだけ柔らかいんや?って思いますもん。

de0a447d.jpg


しかしながら、今にして思えば、浅井さんがやっつけ仕事で与えたキャラになって以降、土井は苦労人だし、その空回りっぷりも含めて決して嫌いな選手じゃないですし、昨年の頑張りは認めますけど、

あのぐらいの首の太さでは万が一マスキュラーを仕掛けられたら…ねぇ。

よって、威勢の良さが売りの土井にしては、予想以上に幅が広い試合スタイルへの対応力が見れたとは思うんですけど(アームロックは普通にびっくりしたし)、この直後に鷹木に勝って王者になったとなると…。

まぁ、ここら辺に関してはかつてはブレイブ王者になった時と同じ様に『ベルトが王者を成長させる』パターンが再現されるかも知れないので、結論は来月の岩佐戦が終わるまでは出さないでおきましょう。

a21962ff.jpg


準優勝は、極私的2008年プロレス大賞のMVP(笑)のもっちぃ。

僕が誉めちぎるのも逆に説得力がないかも知れませんが、この日の二試合の内容はどちらもいい具合に相手をリードできていたんじゃないでしょうか。

最強ハイキックやツイスターを出すのをできるだけ温存していたのもあって、蹴りの斬れ味がやたら良く見えましたし(笑)

この日の時点では、土井よりももっちぃに両国のメインを託す方が無難な気はしますが、どーなんかなぁ(爆)

もっちぃの方が両国での試合経験が豊富なのは事実ですし。

85633652.jpg


ただ、両国であっても、若い選手にメインを任せてみよう的・博打じみたマッチメークができる、

いまのドラゴンゲートの自信と営業力は半端じゃないんやなぁ、と改めて思ってしまいましたね。

ここからは話がそれますが…

KAGETORAが乱入してきたのはこの日だったんですね。

9c1434c4.jpg


マイミクさんからは

『kajioさんがそこを指摘しても、じゃあ俺はどうすればいいの?とKAGETORAから反論されますよ』

と否定されてしまったのですが、

僕個人としては、エルドラの最終興行が終了してからドラゴンゲートへの参戦交渉を開始してほしかった。

エルドラのエースが、エルドラの最終興行よりも先に、今後の活動方針がまとまっていた(と思われる)のは、

他団体との掛け持ちではなく、エルドラのみでプロレス活動をしていたキンヤなんかは特に複雑な気持ちだと思うんですよね…。

あと、週刊プロレスのインタビューを読むと、メキシコ修業中に闘龍門ジャパンがなくなってどーのこーのと言ってましたが、

外敵のポジションとしてドラゴンゲートに参戦するし、挑発の言葉も作家から提案されたかも知れないとはいえ、それをお前が言うたらいかんだろう?と。

だってほら、今はなきドラゴンドア時代の末期に、悪冠一色らが浅井さんと絶縁した事でエルドラが誕生した訳ですが、

その当時に闘龍門メキシコで修業していた連中も、

『闘龍門に入門して、せっかくドラゴンドアのリングながらもやっと日本で試合ができる』

と思っていながらも、憧れの日本で試合をする事が先送りになって『人生がメチャクチャになった!』と思っているかも知れないじゃないですか?(ドラゴンドアなんか絶対嫌だ!と思っていた選手もいたかもしれないが)

だからこそ、あの場では『俺のレスラーとしての歴史を調べてもらえば、わかる筈』みたいな言い方に留めといて、あーいう因縁のふっかけ方はしないでほしかったんですよね…

bb6ddc24.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。