今更感はありますが、KAIENTAIーDOJO『天下三分の計in博多大会』のサムライ中継を観ました(苦笑)


45184a44.jpg


d469c6ce.jpg


※この日の詳細


昨年末の千葉でのビッグショーのカードを半ば犠牲にして(大げさ)までして、好カードを博多にまわした事と、精力的な営業活動の甲斐もあって、

ドラゴンゲートの定期戦の様な大爆発!こそありませんでしたが、場内にはひいきの選手を応援しようという熱気がありましたね。

罰ゲームの詳細は絶賛調整中の天下三分の計のオーラスに相応しい、良い興行だったと思います。

44570dfe.jpg

メインは、タッグ選手権。

KーDOJOとしては、異常なまでに派手に見えるサボテンの花は、非常に説得力があったんですけど、

試合内容自体は、もうちょい一進一退になってほしかったなぁ、という意味で不満は残りました。

まこっちゃんもしおりんも、きめ細かい攻めと、早いスピードでメリハリで付けて、ペースを掴もうとしていたのはわかるんですけど、

復調気味ながらも、ベストコンディションとは呼べないチームハンサムの二人に、終始力で押されていたのは残念。

うまく言えないんですけど、若手チーム以外はどのタッグと闘っても、ほぼ毎回こーいう試合展開になるんちゃうのん?というか。

84c7dbb3.jpg


まこっちゃんが個人であそこまでオーバーしている以上、タッグリーグが終わったら再びタッグ結成が不定期になる可能性が高い訳で、

ならば、いつになるかはわかりませんが、タッグ王座の防衛戦の時は、まこっちゃんとしおりんの二人が試合後に

『挑戦者が○○と○○だから、こーいう試合の組み立てを考えていたんだよ〜』

みたいなコメントを自信満々で出せる様な、綿密に作り込んだ試合を見せてほしいですね。

実際、まこっちゃんとしおりんによるシングルが、あそこまで完成度が高い作品になったんだから、当然期待はしますよ、という事で。

1f53a821.jpg


今頃この試合&メイン終了後の観客数発表セレモニーを見て思った事がありまして。

たまたまなんでしょうけど、今KーDOJOと大日本がタッグリーグを開催してますよね。

DDTも、飯伏が早くも満身創痍になってしまったし(悲)ケニオメがいつ来日するか未発表なんだから、

二人を暫定王者扱いにして、タッグベルトを一旦回収してからタッグリーグを開催すりゃあいいのに。

昨春の新木場花見プロレスでタッグ王者決定リーグはやってましたが、勢力分布図が派手に変わってますし、

何より両国までのネタ繋ぎとしては有効だと思うので、是非…

それと、今年の大晦日にプロレスサミットをやるならば、ノアがいないディファ杯的なタッグトーナメントをやって、仲田ブー氏の鼻をあかしてくれ、という事で。

1b72a4d3.jpg


セミは、真霜組vs火野組の定番カードに、どっかーん!のSEでお馴染み(?)の筑前と、用心棒のシオ…もといミヤワキを加えての6人タッグ。

個人的にはこっちの方が『古き良き時代の、プロレスの地方興行のメイン』っぽくて面白かった。

皆でかくて、真霜がちっちゃく見える光景だけでも新鮮なのに、

真霜とヨシヤが、リング上で筑前と再会できる喜びをあれだけ前面に出してくれたら、観てるこっちも幸せな気持ちになれました。

1917d88d.jpg


いつの日か、真霜が鈴木みのると向かいあう時には、助っ人として筑前をパートナーにしてほしい。

みのるなら、筑前を誰もなしえない高さまでオイいしくいじれるんじゃないかと…

こーやって書いていくうちに、

堺屋太一先生が大のお気に入りだという『オーズオズ!アーッカデミー!』しかプロレスKINGの中継をやらなくなったガオラに対して、まーた腹が立ってきたよ。

ホンマ、えぇ加減にしてほしいですよ(爆)

77b987d7.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。