録画していた、ノア武道館大会のG+中継の主要試合を観ました。


7848fafc.jpg


ccb165a9.jpg
これを観る前に、昨日常磐線の一件の続報を聞いてはらわたが煮え繰り返る様なテンションだったので、

これまで以上にノアに対して

『この嫌な感情を吹き飛ばす様な試合を見せてくれ!』

という期待をしていたのですが、正直微妙でしたね。

選手からは、もっと危機感が出てるもんだと思ってましたが…(苦笑)

それでは試合毎に振り返りましょう。

ed222067.jpg


《第一試合》

小橋の入場シーンと、試合終了後に客席を見回すシーンは感動させられましたが、

雅央ワールドの味わい深さは否定しないけど、これからこの二人の絡みが馬場さん&木村さんvs永源さん&渕みたいな定番カードになりそうだから、

今回の試合だけで二人の絡みの内容を評価するのはどうだろう?と思っているので

『まぁ、こんなもんでいいんじゃないすかね』

という一言で終わってしまう、というか。

でも、事前のインタビューで語っていた様に、小橋が体を大きくして復帰してきたのは、普通にびっくりしました。

小橋本人はまだまだ上の方でやる気があるのはわかったので、

あとは現在進行形のノアの上の方の選手が、いかにして小橋が、自らの体に負担がかからないポジションでの試合に専念させる事ができるか?という事なのでしょう。果たして…

c89c48ad.jpg

《メイン》

女子プロレスでよく観られる様な、変形みちのくドライバー凝フィニッシュは見栄えが最悪に近い物でしたが、

試合内容自体は、健介が典型的なダメモードだったのと、

秋山が体重を絞った割りにそこまで動きにキレがなかった(様に)見えたけど、

セミや交流戦と比べたら霞みますが、そこまで悪くはなかったんじゃないすかね。

万が一、あれより試合時間が長かったら論外でしたが、あれならぎりぎり有り…かな?

c86a1049.jpg


願わくば、二度と組まれないであろう秋山と鈴木みのるのシングルみたいに、

名勝負とはいいにくいけど、やたら観る側に余韻が残る様な試合をやってほしかったし、この二人のキャリアがあるならばできた筈。

地上波打ち切り&健介オフィス勢がノアから距離をあけるという、ネガティブな背景が二人のメンタル面で影響したならば、それは悔しいですね。

いつになるかはわかりませんが、潮崎ないしは外の選手に最高のタイミングでバトンを渡してあげてね、という事で。

c9d9f4a7.jpg


《第4試合&5試合》

ノア版決起軍についてなんですけど、

時既に遅しの感はありますし、上からやらされてるのっぽいとはいえ(?)、

いまのノアを何とかして盛り上げようとしている事だけは評価してますよ、僕。

しかし、形ができた金丸らはともかく、ヨネちゃんと力皇は他団体のヒールユニットの試合をもっともっともっと研究してほしい。

手本にすべきユニットはたくさんあるんだから。

それと、ヒールなのに噛み付く相手がマッチメーカーの言う通りにやるなんて、話になりませんよ、と。

この日だって、アキトシ&バイソンへの挑戦が先送りになった状態でタッグリーグにエントリーされた事を真っ先に怒るべきですし、

インタビュールームで、アドリブで小橋や秋山を挑発してくれたら、ちょっとは感情移入ができるのに。

それと、森嶋はまだしも、存在価値では全日本の土方とどっこいどっこいの84に噛み付くなんて(以下略)

とにかく今はまだ、どうやってファンの感情を煽るかのノウハウがわからないのは妥協するから、

ヨソから積極的にパクってアレンジしていったらえーやん、という感じです。

7228ed78.jpg


ところで。

ノアのナチュラルヒールである仲田ぷ〜氏も、いい加減客前面に出て、体を張るなり汚れ役をやりなさいって。

極端な話、そーいう役を演じきれるのは、誰よりも一番ノアを愛している仲田ぷ〜氏しかいないんだから。

その方がリアリティがあって、ビギナー層のファンもマニア層のファンもリング上への見方が変わるんだから、絶対そうすべきですよ。

ゼロワンの中村氏の後追いにはなりますが、中村氏とはプロレス業界に与える影響力の面で格がまるで違うんだから、まず大丈夫でしょう(何がやねん 笑)

ネットや別冊宝島であれだけぼろくそに言われてるのは絶対知ってるんだから、いい加減開き直るべきですよ。

ここで会社の為に一肌脱がないと、ホントにねぇ、仲田ぷ〜氏と元子さんは何が違うんだって話になりますから…(爆)

0efaf560.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。