今回は競馬について書きましょう。

025f72e1.jpg


60e2777a.jpg




先週末、ローレルゲレイロが快勝した高松宮記念。

かつてカネツクロスを追い掛けた者としては、あの勝負服の馬がG気鮠,辰燭里蓮∋廚辰燭茲蠅盍恭歓爾い發里ありましたねぇ。

事前のコメント通り、昨年と違ってここを勝ちに仕上げてきた昆師と、

四位が乗っていた頃とはちょっと違う、終始巧さを感じさせる逃げを打った藤田伸二の好騎乗。

この二つが噛み合った好レースでした。

8906a9a8.jpg


まず触れるのは藤田。

他の馬を引き付ける様に見えるペースで逃げて、直線で二の脚を使うレースをイメージして、

外をちらっと見て牽制をした上で積極的に行ったのかと思いましたが、

アメブロのブログによると馬に任せたらしい。

確かにこの馬は、安田記念でも同じ様なレースをするでしょうし、

春秋スプリントGI連覇!を達成する様なバリバリのスプリンターではないとは思いますが、

豊富なGIでのレース経験があのペース配分を生んだ、と好意的に考えようと思います。

79643d03.jpg

よって、馬券が当たった・外れた関係なくレースを観た大半の方が思った筈の

『万全の状態だったならば、スリープレスナイトが勝っていたであろう』

という意見に対して、反論をする気はありませんが、

それでもあの日のローレルゲレイロの粘りを見たら、

仮にスリープレスナイトに負けていたとしても、相当激しい叩き合いになっていた筈だ、と言い切っておきましょう。

19587370.jpg


そんなスリープレスナイト。

一頓挫二頓挫ありながらも、フケの危険がある今の時期に、実績に恥じない結果を残せる状態で出走させてきた陣営の努力は素直に評価しますけど、

休み明けでG気鮠,弔里呂修鵑覆亡鼎ないって事なのでしょう。

秋、そして香港に向けてどんなローテーションを組むかは楽しみなところではあります。

44a03229.jpg


三着に、完全な人気薄だったソルジャースソングが来たのは

『そう、それは、SSだからだーっ!』

の一言で片付けるとして(苦笑)、

過去の短距離G気侶晃では典型的な『危険な人気馬』とはわかっていながらも、

中京千二では圧倒的に不利な外枠ではなく真ん中目の枠に入り、

スプリントのG気離據璽垢覆蘆度折り合いがつくんちゃうか?

そうなったら、勝ちきれなくても馬券には絡みそうで

『嫌やなぁ〜』

とひそかに思っていたファリダットが、

終わってみれば掲示板にも載らなかったのは

『アレッ?そんなもんなん?』

となりましたね。

幾ら末脚がムチャクチャ斬れる馬でも、それが発揮されるには条件が多過ぎるって事なのか、

もしくは単に使い詰めの疲労蓄積で末脚が爆発しなくなったって事なのか。

はたまた、鞍上との相性が良くないのか。

どれもこれも、理由としては有り得るのか?

もし外国人騎手が乗ったら、あっさり脚質転換をして結果を出しそうな気はしますが(爆)、

ある程度答えが明らかになりそうな松元師の次走の選択は、うがった角度から楽しみにしようと思います。

2534d446.jpg


ところで、今日はエイプリルフールなんですよね。

事前にエイプリルフールだとわかっている時に限って、それなりにウケそうなネタが思い浮かばないんやから皮肉なもんやなぁ〜。

一昨年やったかな?

アミューズとヤフーが仕掛けた

『桑田佳祐さん所属の事務所が強制捜査を受ける!』

なんてネタはくっだらなくて面白かったんですけど、今年は不景気だし北朝鮮絡みでマスコミ関係はぴりぴりしてるやろーし。

正直、つまらないエイプリルフールになりそうですが、果たして…?

bb8e1222.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。