興行から2ヵ月遅れ(苦笑)になりましたが、ガオラの千プロレス中継で、丸藤vsカズ・ハヤシの世界ジュニア戦を観ました。


ae1367d1.jpg


87a31516.jpg



どちらかといえば、中嶋vsKENTAの様な一進一退のバッチバチの攻防の方が好みではありますが、

こちらもこちらで、アスリート同士によるプロレス頭のハイレベルな競い合いの様な、素晴らしい作品でしたね。

こちらが年間ベストバウトに選ばれても反論するつもりはありません。

ab1304da.jpg


何回か書いた事はありますが、久々にスーパーJカップが復活しないかなぁ、と勝手に期待をしているのですが、

日本の主要団体が前記の二試合の様に、ジュニアの良い選手達に対して、その才能に見合う舞台とストーリーが準備できるなら、もう暫らくはやる必要がないのかも、とは思いました。

鍵野アナ&小佐野さんのおかげで、恐ろしく評判が悪いこの日のバルコニー客のマナー無視の野次もあまりマイクが拾ってなかったのもあり、試合後のやりとりは素直に感動できましたね。

唯一この試合で不満だったのは、事前には天才対決!という風に煽られていた点ぐらいかなぁ。

というのも、昨秋の近ちゃんとの防衛戦を観た後で僕は、丸藤の事をこんな感じで『天才ではなく怪物だ』と書いたんですけど、

カズ戦も敗れはしましたが、負けず劣らずの見事な怪物っぷりでした。

791fed6b.jpg


丸藤が今回は『全日ジュニアの最後の砦』を細かく切り崩す事を意識したのか、えげつない攻めをしてきたのはまだ予想できる範囲だったのですが、

カズの手や足を一点集中攻撃をして、動きを鈍らせてペースを握って自らが格上に見せたのではなく、

常に自分から動いて、対抗してきたカズよりも早い動きを見せて切り返す事で、

カズよりも格上に見える様に試合を組み立てていて、しかもスタミナが切れてなかったのはすげえなぁ、と感心しました。

368688b9.jpg

かたやカズ。

実際は、もうちょっと飛び技を使いたかったのかも知れないし、

不意打ちみたいな流れで丸藤を頭から落とした技が、試合の流れを左右した形になったのは正直不満は残りました。

ベルト奪取から二ヵ月経ちますが、そこは今後の課題になった気はしますが、

それでも、全日本プロレスの歴史に確実に残る劇的なシチュエーションで、丸藤の世界に抵抗し続けたのは大したもんでしょう。

いずれは、自らが手塩にかけた弟子達にベルトを禅譲するんでしょうけど、その日が来るまでは高い壁…

というのはカズには似合わないか。

78107430.jpg


その日が来るまでは、全日本プロレスのジュニアの象徴であり続けてほしいものです。

話はちょっと戻って。

この試合の後で、丸藤が足を大ケガしちゃったんですよね。

カズ自らがノアとの交流終了を発表したのは萎えましたが、それでも丸藤とカズのタッグが実現するならやはり観たかったし、

セムからスタートする筈だった丸藤と中嶋の抗争や、丸藤vs飯伏の一騎打ちが後回しになったのは非常に残念です。

こればかりは仕方ないのですが…

af21c05a.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。