先日、映画『重力ピエロ』を観てきました。

今回はその感想を。

これがですねぇ…

※PC版公式ホームページ

※携帯版公式ホームページ

c93565ba.jpg

《以下ネタバレ注意》
事前に『ABCアシッド映画館』を聴いて期待をしたのが今回は裏目に出たか、

『ん〜、思ったよりは…』

というのが率直な感想ですね。

振り返ってみれば、ミステリーという触れ込みなのに、謎解きよりも独特の距離感を保ち続ける泉水と春の兄弟による

『これは二人芝居か!?』

と錯覚してしまうぐらいに、回りくどい台詞のやりとりがメインでしたよね。

これは良かったと思います。

家族をテーマにした人間ドラマの方向に重きを置いているのはすぐにわかったし、

連続放火事件の追跡と、両親の馴れ初めの懐古が淡々とほぼ同時進行しながらも、

母親が強姦されてどーのこーのというスパイスがいきなり加わる展開も、編集が上手いのか違和感はなかった。

他の、これを観られた皆さんもそうでしょうが、

『俺たちは最強の家族だ』

という台詞は、今でも心の中に残るぐらい重かったですし。

ついでに書けば、終始画面に漂う重めの雰囲気を、役者さんの演技が維持させ続けていたとは思うのですが…

01473a72.jpg


じゃあ、何がアカンかったのか?

ぶっちゃけた話、ストーリーの先が、ある程度早めに読めちゃいましたよね(爆)

殺人事件とかではなくあくまで連続放火だから、他のミステリー大作みたいな、良くも悪くも捻りが加わったトリックを準備する必要がない事は差し引いたとしても、

伏線の張り方が、古畑シリーズばりに観る側に対して親切過ぎた感じがします。

あれだけ、我々には馴染みが薄い遺伝子がどーこうと言うてた割には…ね。

春は、いざという時はカンセコばりにバットに頼る!という、わかりやすい暴力性がありながらも頭がキレるから、

葛城にいろいろアピールした上で殺めるなら、もっと捻った・イヤらしい手口を考えつくやろ?とツッコミを入れてしまいました。

これは僕だけかも知れませんが…

とにかくあれじゃ、加瀬亮&岡田将生目当てで、あまりミステリーや謎解き系列の映画を観ていない女性客しか驚かないし、唸ったりしないんちゃうか?と。

これは、原作もそうなんかなぁ?

9ddd225a.jpg


それと、前に書いた事のぶりかえしになりますが、強姦された時に妊娠しとしまった子を、産めるか?育てられるか?という葛藤をもっと描いてほしかったかも知れない。

奥野父が、天からの神様からの声を聞いて決断する、というオチは好きなんですけどね。

ほら、以前再放送されていた、柴田恭平さんの『はみだし刑事情熱系』の初期に、そーいうテーマの回があって、妻が自殺するやしないやみたいな話があったんですよ。

だから、余計に…。

8b3a4b90.jpg



他に印象に残った点をあげますか。

・小日向さん、相変わらず味がある演技は良かったけど、あのヅラはずるい(苦笑)

・ナイナイのラジオのリスナーとしては『愛なんていらねえよ、夏』でお馴染みの(笑)渡部さんは、もうちょいイカれたキャラ設定にしといてほしかったかも。

例えばこの役を、佐野史郎さんが担当していたらどうだったのかな、みたいな。

・最終的には、街の壁のグラフィティアートは『ピカソの生まれ変わり』の春が描いていた事がわかるのですが、

それを踏まえてあのグラフィティアートの絵を思い出したら、春ってそんなに絵は巧いのか?と思いました。

・春の部屋の壁に貼られた、世界中の偉人の写真の中に、何百連勝中のルー・テーズさんのポートレートがあったのは、プロレスファンの琴線に引っ掛かりました(苦笑)

・仙台で先行上映をする割には、そこまで仙台という土地の風情が出てなかった様な…?

こんな感じですね。

4c273632.jpg


最後に一言。

ホールソレイユもねぇ、『ヱヴァ』やミッキーロークの『レスラー』の前売り券を売るのはええんやけど、上映日時が正式に決まってから売りましょうよ。

いつから上映かよくわからないのに、ヱヴァの予告編をいきなり流しつつ、前売り券を売るのって、何か違うんちゃうかなぁ…?

da71e622.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。