思わず、大日本かFMWのデスマッチの試合形式みたいな、やたら長い題名にしてしまった今回は、プロレス方面でいろいろと書いていきます…

40ca693d.jpg


c2a9d267.jpg


82b03a05.jpg


★今日更新された“筋肉博士”山本義徳さんのmixi日記によると、

あさって横田基地で開催される『セントラル・ジャパン・ボディビルディング・チャンピオンシップ』ライト級という名の“他流試合”に挑む石森太二は、

ポージングが課題で、ノアでの試合の腰のダメージに影響される面が大きいという弱点がありながらも、筋肉の仕上がり状態は上々だとか。

山本さんの日記の本文では、専門的な用語を用いた言い方(僕はちんぷんかんぷんでした 汗)で

『ライト級の優勝戦線に絡む』

可能性が高い事が書かれていたので、mixiをされている方でプロレスとボディビルに詳しい方は、

筋肉博士の名前で検索をして日記を読んでいただいて、石森の快挙を期待しながら当日まで胸を躍らせて下さい(笑)

769e68dd.jpg

個人的にはですね、今『プロレスを一番舐めているプロレスマスコミ』だと思っている佐久間編集長に言いたいのは、

あれだけノア…

というか、仲田ぷ〜氏個人に対してだけかもしれんけど、とにかく読む側が引くぐらい癒着をしまくってるんだから、

ノアに中途採用で入団した石森であっても、横田基地の大会のライト級で優勝!みたいな歴史的快挙を果たしたら、それなりに大きく扱えよ、とカマしておきます。

最後に、石森頑張れよ!

031f380f.jpg


★ハッスルの両国大会、ハッスルエイドまでカウントダウンに入って、ようやく興行の全容が明らかになりましたねぇ。

TAJIRIがmixi日記で言う程、竹内力さんのファンが両国に集まるのかは怪しいものの、

今日の昼間にはブッチャー&シンが参加する公開記者会見が緊急開催されるという事ですし、

少なくともハッスルが本来目指していた(敢えて過去形)普段プロレスを観ない客層と、一般誌のマスコミを巻き込み、

一時的には

『両国以降のハッスル、高田が消えてからど〜なるの?』

という不安を吹き飛ばすビッグショーにはなってくれそう。

ついでに書けば、大原まじめとえっちゅーさんのやたらスウィングする絡みと、

ECWの歴史に残るTAJIRIとスペルクレイジーの絡みが、両国の第一試合で再現されるのは勿体ない感はあれど、嬉しい(笑)

06906c68.jpg


これで、高田とマグのシングルがバシッとした物になれば、仮に試合が終わって、高田がハッスルから居なくなる事が決まったとしても、先日書いた“神風”が両国に吹く事も夢じゃない…

と書きたいところですが、やっぱり高田がエスペランサーとして出るのは

『う〜ん…』

ってなっちゃいますよね。

だってほら、エスペランサーって事は指先からビーム光線を出すんでしょ?

で、その指先からのアレで会場内のセットがボンッ!って破壊されるネタがあるんでしょ?

そこらへんの使用条件が非常に厳しいと言われる両国で、ボンッ!系の演出はまず期待できない訳で。

あれがないなら、高田延彦ならまだしもエスペランサーとしての試合って、場内照明が暗い事もあり、歓声を出しにくいから盛り上がりにくいやろーと。

だったら高田延彦として出てこいやー!思う次第です。

8fec37b6.jpg


まぁ、高田がそんな感じで軽く絶望的な状況であっても、

ひょっとしたら今が全盛期なんちゃうか?と錯覚をするぐらいコンディションが良いマグなら、

それでも何とかして劇的なエンディングを見せてくれるんちゃうか?

と期待をしてしまうのが、闘龍門時代からのマグを知る者の悲しい性ではありますが…

★サムライのDDTファンタジアで、大社長vs飯伏の新木場ワンマッチ興行を観ました。

ワンマッチ興行だから長期戦になる事はさすがに予想できましたが、

序盤はあそこまでじっくりとしたクラシカルな攻防が観られて、

中盤には大社長が飯伏の腕とヒザへの見事な集中攻撃を見せて、普段とは違う形で場内を盛り上げるとは!?

ce00240b.jpg


飯伏は飯伏で手首にテーピングをしながらもその不安を吹き飛ばす為か、はたまたやせ我慢で繰り出したのか、珍しい力技が試合のポイントになったりと、

2月の後楽園大会での両者によるタイトル戦よりは重みがある試合内容で、DDTであってまるでDDTじゃない、みたいな。

サムライで放送されたサッちゃんとの対談番組で、ライガーが飯伏の『飛んだり跳ねたり』が際立つ試合の作り方に注文を付けていた事に対する、DDTなりのアンチテーゼやったんかなぁ(誤解)

とにかく、両国大会までのストーリーの最終局面としては、十分に合格点を出せる試合内容でしたね。

良かったと思います。

f413b074.jpg


ただ、大社長の涙はリアルに感極まったor嘘泣きを問わず、僕の中ではちょっと…ねぇ。

HARASHIMAと飯伏による両国のメインが、このワンマッチぐらいに、

DDT以外のファンが観ても満足する様な試合になったのを無事に見届けてから、男泣きをしてほしかったかも知れない。

飯伏の病欠による非常事態で大分寿命が縮んだのはわかりますが、あまり深い事は考えていそうにない飯伏はともかく、

大社長を筆頭にDDTの皆さんが、両国が終わって燃え尽き症候群にならない事を祈るばかりです。

3633eff0.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。