昨夜のG+中継で、ノア・JCBホール大会のジュニアタッグの優勝決定トーナメントの3試合を観ました。

9a6ed6b0.jpg


09ea8e60.jpg


※スポナビより

金丸&鼓太郎が、少しヒヤッとさせながらも、

振り返ってみれば1日二試合にも関わらず、長期政権のタッグ王者に見合う磐石の横綱相撲の見せてくれたのですが、

過去2年の同大会が素晴らしくて、観る側のハードルが高くなっていた反動があったのか?

正直、満足度はもう一つでした。

f61ae0c9.jpg

この日に限れば、ある程度ノアを観ていれば…

いや、僕みたいに普段のノアをあまり観ていなくても、鼓太郎に三沢選手が憑依するのは想像できるんやから、

例えば鼓太郎が右ヒジを怪我して集中攻撃をされるとか、金丸が捕まって分断されるとか、意味なく平柳が介入しようとして乱戦気味になったりとか、

試合展開面で何らかの一捻り二捻りを作って、試合の山場を作って、三沢選手の技が『奥の手』ないしは『秘密兵器』っぽく見える様にしてほしかったですね。

そーいうのがあれば、決勝戦のフィニッシュのタイガードライバーの鮮やかさが、更に際立ったと思うので勿体ないと思います。

大体あれだけタッグを組んでりゃ、打ち合せの時点で自分らの方からその手の一捻りを提案もできる筈。

それが無かったっぽいのは残念です。

457f5aa9.jpg


金丸&鼓太郎が、初優勝したのは別にいいですよ。

でも、いま中嶋組が金丸&鼓太鼓に挑戦したとしても、よほどの番狂わせがなければ負ける事はないでしょう。

そうなったら極端な話、ノアのジュニアのタッグ戦線のストーリーはほぼ完結しちゃいますよ、と。

新日本のジュニアタッグ王者と統一戦でもやるプランでもあるんですか、ノアの渉外担当さん?みたいな感じです。

ついでに書けば、もし表彰式の時に、ヨシナリがジュニア戦線の参入のアピールでもやってくれりゃあ『おぉっ!』と思ったんですけど、そんな気配は微塵も無かった。

ヨシナリも、仲田ぷ〜氏に対して意地をはっていつまでへそを曲げるつもりなのかわからないし、

案外飼い殺されてるのも心地よいもんなのか、

はたまた他の事情があるのかはわかりませんが、もうええ加減に自分から動いてくれないと給料ドロ(以下自粛)

31f19468.jpg


あと、青木&飯伏については、期待をし過ぎていたのが良くなかったのかも知れませんが、飯伏はいつも以上に飛び技に頼り過ぎていた様に見えた。

それに、タッグチームとして見ても、二人のスタイルやリズムが違うのがこのチームの売りだった筈なのに、

マルビン組の大技ラッシュにペースを撹乱されて我を見失ったのか、青木が飯伏を意識し過ぎて終始雑だった様に見えました。

これは僕だけかなぁ。

他の観られた方、よろしければ生暖かいフォローをお願いします…

d20d3412.jpg


それと、ひょっとしたら今回のリーグ戦の、裏・MVPだったんちゃうか?と思うぐらいにこの日は存在感があった石森太二について。

話には聞いてましたが、試合前なのに独特のオーラが出ていた様に見えた、鋼の如き肉体はびっくりさせられました。あれは素晴らしい。

今日のボディビル大会のポージングの時に減点材料になりかねないアザとか傷を作らないで、無事に試合を終えたのも良かった(笑)

改めて石森には

『バンダイに怒られるなよ!』

…間違えた(爆)

訂正して…

『石森、頑張れよ!』

とエールを送っておきますかね…

※ユー何とかより

ae4bf4d2.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。