ガオラ『ドラゴンゲート無限大』の武勇伝編で、もっちぃvs中嶋のシングル戦を観たんですけど…

65008eab.jpg


30378663.jpg



二人とも素晴らしいコンディションでこの日を迎えた上での完全燃焼で、物凄い試合でした!

過去の武勇伝シリーズもいいけど、この試合こそは、もっちぃが自らの試合の解説をしてほしかったですね。

結果的には両者ノックアウトの引き分けになりましたが、フィニッシュになった二人の蹴り合いの迫力には、口あんぐり状態になってしまいましたよ。

ガオラのカメラマンは実にいい角度から映像を撮れていたもんだ。感心。

e7af98ec.jpg


トップ選手によるシングル2連戦を、一勝一敗のベタな形で星を振り分ける事をよしとしなかった両選手の心意気も含めたら、

ドラゴンゲートの選手絡みのシングルマッチでは、今年のベストバウトは確定かも。

まぁ、僕自身土井が王者になってからのドリームゲート戦は、

無限大枠で放送された吉野との防衛戦しか観ていないので、説得力は皆無ですが…

6971a99f.jpg


そんなこの試合。

いわゆるバチバチに分類される試合展開だったのですが、

健介オフィス後楽園大会で行なわれたKENTAvs中嶋での真っ向勝負の大打撃戦とは、明らかに違う試合になっていたのは凄く印象に残りました。

KENTAvs中嶋も、それはそれで素晴らしい試合でベストバウトにふさわしい試合でしたが、

KENTAとの抗争を経たからこそ、KENTAよりもキャリアが長い&プロレスの幅も広いもっちぃを相手にしても、堂々たる試合を作れたという風に僕は考えているので…

cd59d2ed.jpg


この日の中嶋。

これまでのタッグでの対戦では明らかにもっちぃに主導権を握られていたので、一騎打ちではどうしても試合のペースは掴みたい!

でも、とことんまで蹴りたい!

そんな自らの欲求二つを、あーいう形で満たす試合展開を考え付くとは!?

…って、映像を観てない方には『何が何やら』状態でしょうから、大まかに解説をしますと、

この日の中嶋は、もっちいからエプロンにヒザを打ち付けられるニークラッシャーをやられながらも、

自らはもっちぃの足は攻めずに、腕に攻撃の的を絞ってペースを掴んだ上で、大事なところでしかフォールには行かなかったんだ、これが。

それで間が空いたらバチバチ蹴り合う、みたいな感じでした。

中嶋が蹴りの勢いでもっちぃに押されそうになったら、もっちぃの腕を狙って蹴って流れを譲らない、というクレバーな面も見せた。

05a53ebb.jpg

ついでに書けば、最初から最後まで二人とも普段とは音が違うんちゃうか?と思うぐらいに、蹴りの迫力が伝わってきました。

健介オフィス新宿大会で進行してきた、二人の直接対決の内容から考えたら、

中嶋があれだけ頭を使ったレスリング(柏大五郎には非ず)で試合を組み立てれるとは!?

本当怪物ですね。素晴らしい。

正直、僕の中では既に越えているとは思いますが、名実共に佐々木健介を越えて、

尚且つ他団体の若いトップ選手達よりも世界中のファンからリスペクトされて、

プロレスを知らない世間を相手にしても存在が届くスーパースターになるには、

今のところはWWEに行くのが一番てっとり早い…筈。

いつの日か実現してほしいものです。

9f795b1c.jpg


…えっ?

健介オフィス後楽園大会での二人の決着戦は、まだ観ていないのかって?

いやぁ、ばっちり録画をしているので、もちろん観るのは観るんですけど、

『試合は良かったけど、バタやんのレフェリングがしょっぱかった!』

と、T2P時代からのバタやんのしょっぱさをよ〜く知っている筈のドス・ケベスさんが、それでも激怒していたので、

観たとしてもここまでの絶賛はできるのか不安なもんで、今回ここまで書いているんですよね。

ずるいっちゃあずるいですが、ご理解の程を…

ちなみにちなみに。

現時点での、僕が観た範囲での2009年ベストバウト候補は、KENTAvs中嶋・丸藤vsカズ・宮本裕向vs竹田、それともっちぃvs中嶋の四つです。

be55b782.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。