今回は競馬の話を…

3b817d3f.jpg


8189c282.jpg
★昨年のダービー馬・ディープスカイが引退するそうですね。

※日刊スポーツより

相手に恵まれた感はありますが、JCではウオッカにも先着してますし、ダービーはもちろんダービー以降の成績も、昆師はそれなりに胸を張っても良い様なものだったんですけど、

宝塚記念の負け方があまりにも腑甲斐なかったので、もし四位以外のトップ騎手が乗っていたら、

同じローテーションでも一体どんな競馬をしていたんだろう?とどーしても考えてしまいます。申し訳。

78739be2.jpg


よって、来春はともかく再来年以降も、アグネスタキオンの後継種牡馬として生産者から認めてもらえるのか?と心配な面はあります。

それにしても、最後まで中山競馬場では使わなかったし、

以前にも書きましたが脚質の割りには叩き合いには弱かったから、

昨年の天皇賞(秋)以外のG気蓮⊂,辰討睇蕕韻討盖咾紡腓な負担は掛かっていないイメージはありましたが、

追い切り時ならまだしも、栗東への帰厩前にこーいう形で引退を迎えてしまうのは、血の宿命なのでしょうか…残念。

とりあえずは、おつかれさまでした、という事で。

db86d1af.jpg


★札幌記念、アンカツがムチャをするみたいですね。

※日刊スポーツより

アンカツがそこまでブエナビスタにこだわっているのは理解しなきゃいけないでしょうし、

取材時に笑い飛ばした(?)ぐらいだから確実に何とかするんでしょうけど、

あれだけのキャリアを持つベテラン騎手が、凱旋門本番ではなくの国内の壮行レース、

しかもロンシャンとは似ても似つかない札幌でのG兇

『そこまでやってしまう』

という前例を作ってしまうのは、いかがなものか?とは思います。

14dffba3.jpg


ぶっちゃけた話。

例年の札幌より確実に馬場が荒れている事を加味すれば、

陣営にとっては結構ハイリスク・馬券を買う側にはローリターン(笑)なシチュエーションで一叩きをして凱旋門賞に挑むぐらいなら、

要らん欲は出さず、今秋の目標は凱旋門賞一本に絞り欧州に早めに乗り込んで、

前哨戦を使っておく方がよっぽど凱旋門賞制覇に近付ける筈なのに、と言わざるを得ない。

これは凱旋門賞の度に毎回書いてますけどね。

ブエナビスタの場合は馬主があーいう形をとっているから、

札幌記念を使う事が一番各方面にカドが立たない妥協策かも知れない訳で、これ以上否定的な書き方はやめておきますが…

b63a9a7b.jpg


しかしアンカツ。

札幌記念でそこまでやるのはいいとしても、凱旋門賞では乗せてもらえるのか?(爆)

松田博師が今回も追い込みを明言している以上、アンカツも惜敗は止むなしと割り切っていつもの様に乗るとしても、

陣営が52kgで走れるから、と敢えて選んだレースだから『負けても強し』と納得しにくい気もするし…

2009年のサマーシリーズ・最大のミステリーorファンタジー、今週日曜堂々開演!カミングスーン!(笑)

5bed78e4.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。