この前、先月頭に一度観た後にマイミクさんから入手した前売り券を使って、再び『サマーウォーズ』を観てきました。

前回観た時の感想はこちら

581c67cc.jpg

※PC版公式ホームページ

※携帯版公式ホームページ


思い返してみるに、映画館で同じ映画を2回観たのは、セカチュウ以来ですねぇ。

もっとも今回は、前回観た時に買えなかったサマーウォーズとヱヴァ・破のパンフレットを買うという目的もあった訳ですが、

1回目観た後から、すぐに2回目を観る時に向けて、ユー何とかで日テレで放送されたメイキング番組をチェックしたり、

ジブリとモメた事までツッコまれていたNHK『トップランナー』細田監督編を観て、キチンと予習をしてしまったもんなぁ。

普通は逆やろがって話で。まぁええけど(苦笑)

754fb0a3.jpg


ここからは2回目を観た感想を。

ムチャクチャ面白かった、というのは変わらないんですけど、

話の流れをわかった上で観て一番印象に残ったのは、

陣内家の中を筆頭に、長野の風景であるとか、各小道具も恐ろしく念入りに書き込まれていた事ですかね。

前記のトップランナーの中では、入道雲が細田ワールドの象徴!という言い方でネタにされてましたが、他のシーンの書き込まれ方も大概凄いですよ、ありゃ。

1回目観た時は完全にスルーしてましたが、花札対決のところで、世界中からアカウントが集まる辺りのシーンなんかは、

細田監督のリクエストでヱヴァ・破ばりに(?)合唱曲が流れていたのは、かなり感じるものがありました。

de4505b0.jpg


それと比べたら1回目に観た時にツッコんだ、涙の描き方はやっぱり雑に見えましたし、

Ozの中のシーンも…ねぇ。

一応パンフにはOzの中のデザインを担当された上條さんのコメントも掲載されてましたが、???という部分も正直無きにしも非ず(爆)

それはともかく、美術監督の武重さんはおつかれさまでした、という事で。

あとは、一歩間違えたら20世紀少年ばりに登場人物の整理がつかなかったであろう、陣内一族の多さ(苦笑)

2回観ても正直ようわからん奴もおったし、パンフを観て

『うわっ、時かけのねーちゃんが今回も出とったんや!』

と思ったぐらいですし。

673d6c0d.jpg


あと、これはどーでもええアレですが…

歳をとってきたら主要登場人物が多すぎる映画を観るのも頭の中が疲れる。

情けない話やけど、これも現実なんかなぁ。

ついでに書けば、ゆうきさんが試写会に行かれていた『沈まぬ太陽』も、

恐ろしく重いテーマを扱う上に、規模がデカいストーリーに見合うぐらいに登場人物が多いみたいですし、

しかも10分間のインターミッション有りの3時間22分!という長丁場。

今からコメカミの辺りと腰が痛くなりそうです…

d28ffa66.jpg


ところで。

ここまで読まれた方ならある程度感付かれているかもしれませんが、

ヱヴァ・破のパンフはまだ全く読んでいません。

ネタバレのページなんて、しっかりその旨を記載していれば、それでも本編を観る前に観るかどうかは、

完全にその人の自己責任なんやから、封印シールをあんな頑丈にする必要は無いでしょう。

そこら辺のひねくれ方が庵野イズムなのか?(誤解)

はっきり言って不親切ですよ。ムカつきました…

※ユー何とかより

bf1f1895.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。