今回は、一昨日の競馬・ローズSについて書きましょう…

2ea78e80.jpg


何となく飯伏戦へのアングルっぽい気もしますが、水風呂に入った主催者のMIKAMI…さんが体調を崩した為、集計は後日になるみたいですが、

とりあえずは社長のおかげでBBCでは非常にオイしい思いをさせてもらいました。

いやー、これで借金生活とはオサラバできる。良かった良かった…

プチ・自慢話は以上(笑)

さて、そんな僕がこのレースを振り返るに、衝撃的だったのは、抜群の追いきり時計だったレッドディザイアのまさかの敗戦…

b4057214.jpg


ではありません。

松永幹夫は好きですし、夏からの厩舎の勢いは認めますが、

『四位があんな一本かぶりの人気の馬に乗ったら力まない訳がない・仕掛けのタイミングをヘグる可能性も十分にある』

って事は、皆今年の宝塚記念で痛い思いをして知っているもんだと思ってましたが、

どうやらあの単勝オッズを観る限りは、決してそうではなかったみたい。

幾ら、春の時点で勝負付けが終わっていた筈の馬達が相手だったとはいえ、

休み明けのトライアル戦かつ完調手前の状態では、そんな楽に勝たせてはもらえないんですよね。

その代わりに衝撃を受けた事となるとですね、

今開催の阪神の“超”を付けてもいいぐらいの高速馬場!になりますかね。びっくりしました。

44e6fc3b.jpg


この後、芝の古馬のG汽譟璽垢開催される訳でもないのに、造園課は気合いを入れ過ぎやろ?って話ですよ。

まぁ、年末開催の時に芝コースが福島みたいに痛みまくっていたらイメージが悪いから、気持ちはわからない事もないけど…

そんな高速馬場で勝ったブロードストリート。

前記の社長が、レース前には

『本番までブロードストリートに跨っていない』

と書きながらも、藤原師の馬の仕上げは相当に信頼していたみたいですね。

藤原師も、あそこまで仕上がっていたなら、事前の取材で泣きを入れなきゃいいのに…ね。

43067b13.jpg


また、肝心のレースでは直線社長が馬込みを巧くさばいて、前が空いたら(おそらく)慌てずにレッドディザイアの位置を確認してから追いはじめて、

最後は計ったかの如く、僅差の着差をつけたまま押し切った騎乗は、馬と同じかそれ以上に評価されていいんじゃないすかね。

この、マジックの域に達していたかもしれない社長の勢いを、新潟のウォータクティクスでも見せてほしかった(悲)

さて、次は秋華賞本番ですか。

展開ひとつは、ローズSよりも荒れる可能性も有り、という考え方で予想をしたいですね。

少なくとも、どの陣営もブエナビスタに対しては、オークスよりはまだ太刀打ちできそうだと踏んでるんじゃないか?と思います。

c94acd1d.jpg

理由…

そりゃもちろん、京都2000・内周りという舞台もあるんですけど、

ブエナビスタはあの脚質のままでしょうし、何より札幌記念は関係なく春の時点で馬がほぼ完成していた可能性もある。

松田博師の事だから、しれっとジャパンカップターフをピークに持っていく気もする。

4a79c147.jpg


ローズSで上位入線した組に関しては、休み明けであの高速馬場でめいっぱい走った反動を考慮すれば、

本番では、最悪どれも吹っ飛ぶかも?というところまで考えるのが無難だと思いますけどね。

かといって京都とはコース形体が違いすぎる紫苑Sを使った組に重い印を打つのも躊躇しそう…

となると、夏の北海道シリーズを使ってトライアルを使わない直行組の激走もあるのか?

余談ですが、ほしのあきがどーこうの馬はここに含まれます(苦笑)

または、人気がガタ落ちになりそうな藤原厩舎の他の馬が

『同一厩舎の2頭出しは人気薄を狙え』

の馬券予想時の定番に乗りどでかい穴をあけるのか?(笑)

もしくは、まさかの抽選組が3着に突っ込むパターンもあるのか?

う〜ん、悩ましい!?

今週の神戸新聞杯も超高速馬場の影響でほぼ同じ様な終わり方をして、

菊花賞の予想もロジユニの名前が出ないだけで、今回と同じ様に波乱含み…

とか言ってしまいそうな気もしますが、そうなっても皆さん生温かくスルーして下さいね、という事で(笑)

c5af647a.jpg


ランキング・エントリー中!

↑livedoorのブログランキングにエントリーしています。よろしくお願いします。