今回は、インパクトがあったプロレスの話をふたつ…

550cccbc.jpg

★一昨日のドラゴンゲートの後楽園大会で、世代闘争が勃発したという事で…

※スポナビより

最初に本音を書けば、過程はどうあれ

『元・悪冠一色のガッちゃんがドラゴンゲートのリングを跨いできた』

という爆弾投下!のインパクトと比べたら、

世代闘争なんてどーでもええというかですね…

40b02805.jpg


闘龍門ジャパン逆上陸以降の後楽園大会の常連であるドス・ケベスさんは

『ど〜せすぐに仲間割れするんですから

と斬り捨ててましたが、

この団体の流れをずっと観てきた人の何割かはそーいう認識なんやろーなぁ、とは思いました。

大体世代闘争なんて、着地点の決めどころが非常に難しいテーマじゃないですか?

夏前のみちのく版世代闘争は、ある意味見事なまとめ方だったけど(苦笑)

ただでさえファンが付いていけなくなるぐらいにユニット毎のメンバーの離合集散がゴチャゴチャしている関係で、

軍団抗争というテーマ自体が定期的に有形無実化しているドラゴンゲートが故に、

世代交代についてはあまりのめりこまず、むしろスルーする方がベターだと思います(爆)

706f511c.jpg

で、ガッちゃんについて。

何というか、ソウルコネクションないしは藤永さんが所属選手のブッキング業務の放棄を発表した翌日に、ドラゴンゲートのリングを跨いで土井吉らを激怒させるなんて、

ストーリー上かリアルかはわかりませんが、ガッちゃんの仲介を担当したというもっちぃは、何処までドラマチック事を考えるんや?って話ですよ。

豊田真奈美が全女退団を表明した翌日に、ガイアの会場にあらわれたのを思い出しましたねぇ。

とりあえずは『外で何の結果も残していない』とコメントしていた若い選手の皆さんや、

悪冠一色をリアルタイムでは観ていない新規の客層を怒らせつつ、

悪冠一色を知っている客層を思い切り唸らせる様な悪童っぷりを魅せてほしいものですし、

タイミングがいいところで王子の髪を(以下略)

2cd5c12e.jpg


あとは思ったのは…

そうですねぇ。

世代闘争はおおいに結構ですが、とっとと府立の上の全カードを発表してほしいですね。

PPVはたぶん買いませんが、一応書いておきます。

ただでさえ、いかにも大阪のファンが喜びそうな世代闘争が勃発しながらも、

メインは新世代、しかも同じユニットの二人である土井vsハルクな訳で、

その段階でタイトル戦のテーマは無くなった様なもんなんですから、

その違和感を払拭する様な、見応えのあるアンダーカードを早く発表してほしいなぁ。

69491eb7.jpg


いきなりこーいう展開になってしまったら、博多でハルク、府立で現世代軍寄りのヨコススが土井に挑戦して、

府立のメインが終わって世代闘争が勃発→蚊帳の外においてけぼりになったヨコススがスネてヒールターン、という流れだった方が、まだ自然に思えてしまう。

不思議なもんだ。

とりあえず、ドラゴンゲートのマッチメーカーさんは頑張れよ、という事で…。



★ミスターデンジャー・松永光弘が、東スポで爆弾を投下したそうですね。

内容としては、

高校の同級生・アキトシを相手に自らの引退試合を行なう希望を、ノアに直談判する

という感じ。

思い返せば松永は…

半端でない記憶力をフル稼働して、mixi日記でFMWやW★ingに所属していた当時の事を、悪意無くムチャクチャ書いていた頃、

『こういう暴露系の日記を書き続ければ、確実にプロレス業界からは弾かれるでしょう。

高田延彦さんならば弾かれませんが、私は弾かれると思います。

引退試合で齋藤とタッグを組む夢はありましたが、おそらく無理でしょう。仕方ありません』

c7878a30.jpg


と、自らのおこないを恐ろしく冷静に分析したコメントを書いてたんですよね。

松永のmixi日記によると、三沢選手が健在だった当時、アキトシ絡みの引退試合を希望する旨を三沢選手に直接伝えた事はあったらしいけど、

そりゃこんな暴露を書いたら絶対実現せんやろ?って話のオンパレードでしたから…

そんな事を書きながらも、松永は、実はアキトシとの遭遇を諦めていなかったのか?

だとしたら、松永のプロレス頭は凄いなぁ。感心します…

ed3d3195.jpg


もしかしたら、三沢選手が亡くなって以降、松永をはじめ、外部の選手から見たノアは、

実現するしないは別にしてそーいうリクエストを言いやすい環境に見えるのでしょうか?

個人的には、三沢選手が居ても経営面では厳しかったんだから、

三沢選手が亡くなっても同じカ…カテェ!路線で行ったって、巻き返すのは無理に近いんだから、

松永の引退試合のリングを提供する、ぐらいに思い切った&なりふり構わずいろいろやるべきだと思っています。

だから、

松永の爆弾投下自体は歓迎です

と言い切っておきます。

松永とノアの交渉がどーなるかはさっぱりわかりませんし、

昨年末の健介vsアキトシのGHC戦の前に

『これがメインじゃチケはあまり売れてないんだから、アキトシは松永をセコンドにつれてくる事を予告する、みたいなインディーファンに当日券を買わせる様なアングルを考えろ』

とカマしていた僕が歓迎しても説得力は皆無な訳ですが…

a3e46e27.jpg


最後に邪推を書きますが、松永がいきなりノアにこだわりだした理由は、

『ノアで引退試合とセレモニーをやらせてもらったのだから、ノアが存続している間はノアに不義理をする訳がない。よって、ノアが存続している間は絶対復帰はしない』

と、インディーのファンや関係者に思われたくて思われたくて仕方ないいんじゃないか、と。

それぐらい自分を追い詰めないと、自分と周りに甘えてプロレスに復帰してしまうという強迫観念にかられているのではないか、と。

どないなもんでしょうか…

57185c6e.jpg


★★★ 人気ブログランキングへ ★★★

↑只今、こちらにエントリーしております。

よろしければ、クリックをお願いします…