関西テレビの競馬中継『競馬beat』の第一回を観ました。

ae2d20fe.jpg


※PC版番組ホームページ
番組オープニングで流れるの洋楽の選曲センスが、鳥肌が立ちそうなぐらいに良かった関テレなのに、

新オープニングではその片鱗がみられなかったので

『あっちゃあ〜』

とがっかりしそうになりましたが、なかなかどうして。

スタジオの装飾はケバケバしくなったけど、基本的な番組構成は同じだった事と、

後から書く様な特殊な理由もあり、覚悟していたよりも不快感はなく観ていられました。

フジテレビの番組リニューアルなら絶対こうはいかない(爆)

270fc543.jpg


武豊を筆頭にして、皆不安視していたであろうメインキャスターの金子くんは、台本通りには喋れていたとは思いますが、

武豊との対談時において、リアクションが若干演技がかっていて、たどたどしさはありましたねぇ。

でも、メインキャスターとしては必要以上に前に前には出ないところは普通に好感を持ちました。

これは金子くんが、ただ単に競馬のビギナーだからなのか、意図的なのかはわからないんですけど、少なくとも、山田雅人の100倍は良かったと思います(きっぱり)

不満だったところを書きますと…

新番組の売りである、現役調教師をスタジオに招いて云々に関しては、僕は全然有りだとは思うんですけど、

37fd9188.jpg


初回だけあって気合いをいれたか、関西の重鎮・橋口師を呼ぶなら呼ぶで、

橋口師なり現役の調教師から、いわゆるありきたりの事以外の本音を、

ちらっと聞き出せそうな人をスタジオに置いておく必要は絶対にあるやろーと思います。

金子くんと石山アナにそこまで求めるのはさすがに無理はある事は初回を観たらわかりましたが、

聞き手になるべき門口TMがエンディングで

『普段取材をさせてもらっている橋口先生が隣に居たので…』

と身も蓋もない事を言ってしまったら余計にまずいですよね。

関テレ側が、今後はベテランの調教師さんを呼ぶのが中心になるならば、

そこら辺の腹を探るのが巧そうな馬場アナウンサーあたりにスタジオに居てもらわないと、本当企画倒れになりかねないし、

万が一そこの改善が難しいならば、杉本清さん&大坪さんの抜けた穴の大きさだけを感じる事になりそうです。

dc6128d0.jpg

ところで、これから書く2点については、好き嫌いがわかれるのかも知れないのですが、と前置きをして書きすが…

まずはひとつ目。

金子くん目当ての視聴者を逃がさない為&ギャンブル色を若干薄める為か、

レース直前のオッズの紹介が随分あっさり目になったのはどーなんかなぁ、と。

ふたつ目はずばり

『鈴木由希子さんが、視聴者からのパドックでの馬の見方についての質問を生放送中に答える』

コーナーって需要はあるのか?

鈴木由希子さんって、実はそんなに瞬間視聴率の数字を持っているのか?

胸がざわめくものがありました。

86b2bd86.jpg


個人的には、そんなんをやるならその週の競馬のニュースをさらっと報じるとか、

有力馬紹介のVTRにもっと時間を割くべきやと思うんやけどなぁ…。

ちなみに、ちらっと書いた特殊な理由について。

今回の番組のエンディングでは、武豊に対してしれっとキツい事をコメントしていて笑えた橋口師が

『非常に緊張しました』

と感想を言った事で、一気に緊張の糸が切れたのか、

金子くん・石山アナ・門口TMまでもが揃いも揃って『緊張していた』と吐露してました。

いいなぁ、こーいうノリ。さすがは関テレ(苦笑)

これまでのDREAM競馬の風景に慣れ過ぎていた気付かなかったのですが、デビュー戦って本来ならばそんなもんなのでしょうね…。

64cfd31f.jpg


なお、シンザン記念についてはスルーしときます。

池添が勝ったから…という訳ではありませんが、

凄い末脚だったし、ガルボの名前は覚えやすくていいけど、年末に主役候補が立て続けにあらわれたのに、過剰に評価するのもどうかと思いますし、

それなりに長い文章になっているから、今回はまぁいいでしょう、という事で。

8b753a04.jpg


★★★ 人気ブログランキングへ ★★★

↑只今、こちらにエントリーしております。

よろしければ、クリックをお願いします…