今回は、TAJIRIが仕切るスマッシュの話を…

7e90c068.jpg

※TAJIRI公式ホームページ

※スマッシュの挑戦!ブログ
大社長も数時間前に

『思う事はいろいろある』

とつぶやいていた、TAJIRIの週刊プロレスのインタビューと、

月曜にサムライで放送されていた小佐野ティーチャーによるTAJIRIインタビューを観ました。

喋ってる内容はかなり被っていましたが、非常に不思議なインタビューでした。

どこからどこまでが事実であったり本音の言葉で、

どこからどこまでが営業トークであったりハッタリなのかがわからない。

この虚実無い混ぜでTAJIRIの手のひらで転がされている感覚こそが、

TAJIRIスタイルの『言葉のプロレス』っていうんですかね。面白かった。

虚実の“実”の部分では、

新日本や全日本が、ハッスルのエンターテイメントのエッセンスを巧く取り込んでいく事でハッスルは役目を終えた…

の下りは、

エビスコ食堂を舞台にした、大社長と新日本プロレス・ガオくんによるの言葉のキャッチボール(Twitterより)を読んだ直後なだけに、本当唸らされましたね。

2bf481f4.jpg


また“虚”の部分だと、TAJIRIが初期ECWのポールE的存在としてプロデュースをしたいプロレスの、

漠然としたイメージはできました。これは良かった。

しかし、今の時代だからこそ肝心な本当キモになるべき、

『じゃあ誰をゲストで呼ぶの?』

『じゃあどんなカードが組まれるの?』

の点が、ヒントぐらいしか明らかになっていないという(爆)

TAJIRIが言うところの『新宿フェイスでこんなカードをやっていいの?』という言葉は、リンソの藤永さんが仕切ったカスイチで丸一年みせられた関係で、説得力に欠けるというか。

もちろん、これからプランを煮詰めていって、情報が小出しされていく訳ですが、

このレベルのインタビューなら、スマッシュの設立記者会見の直後か、

新日本での永田とのシングルマッチが終わって、旗揚げのひと月前でも良かったんちゃうのん?とは凄く思いました。

27782050.jpg


ただ単に、チケットの発売日が近づいてきたからTAJIRIがマニフェスト?を発信しただけなんでしょうけど、

このTAJIRIのイメージと旗揚げの御祝儀だけで平日夜の新宿フェイスが埋まれば

『TAJIRI幻想おそるべし』

と納得はできるんでしょうけど、カードが発表されるまでは難しいと思うんやけどなぁ…

えっ?

KーDOJOの旗揚げ戦は、もっともっともっと情報が少ない状況で開催されても、ディファが埋まったじゃないかって?

あの当時とは、プロレス業界の景気がまるで違いますから…

でも、そんなTAJIRIがあのIGFもパクったKーDOJOのこのネタを更にパクって、

旗揚げ戦のカードを全部当日発表にするという奇策もかえって面白いかもしれない(誤解)

092f75a3.jpg


あと気になったのは、小佐野さんに語っていた

『スマッシュは、ハッスルとは真逆の胡散臭いプロレス、旧・国際プロレスをイメージしている。プロレス本来の灰色の部分を見せていきたい』

云々のコメントですかね。

国際プロレスってまたどエラい昔の言葉を掘り返してきましたよね。びっくりしました。

36歳の僕でさえ、リアルタイムで旧・国際プロレスは観た事がないから、かえってわかりにくいし。

とりあえず、旗揚げ戦のメインでは日本人選手が外国人選手のバックドロップでKOされて、3本勝負が1本のみで打ち切られるのか?

みたいな感じです(爆)

それはそれでTAJIRIが仕切るなら観てみたいのは確かなんですけど(笑)、

だったら無理にハッスルの練習生を引き継ぐ必要はなかったんちゃうか?という気もしますし。

TAJIRIは、今回語った内容を、できるだけ前言撤回をしないで下さいね。以上。

0b6d5091.jpg


ここからは苦言を。

酒井社長がプロレスと格闘技という二兎を追って、

規模が小さいとはいえ、プロレス部門と格闘技部門の興行を別々に開催していくのは、

かつてのSWSの新日本派と天龍派の如く真っ二つに分裂するか、どちらも中途半端になる可能性が高いと思うので、

もし酒井社長が、島田氏とTAJIRIの両方に気を遣ってそーいう路線を考えたのならばやめてほしいなぁ。

どーしても二兎を追うなら、あくまでプロレスをベースにして、

メインのTAJIRIと、アンダーカードの大原・近藤らの絡む試合のみをプロレスにして、

他の試合は、スマッシュとの提携するキックボクシングや総合の団体から、若い選手の試合を提供してもらうという形で、

初期の冬木軍プロモーション的な、プロレスと格闘技の純粋なブレンドの興行として開催してほしい(冬木軍は男子プロレスと女子プロレスのブレンドでしたが)

それで、ブレンド興行が定着してから、格闘技部門の単独興行の開催に本腰を…

という形にするしかないやろ?とまで思っています。

それぐらい僕は、酒井社長のプランを不安視してるんですよね。

プロレスと格闘技というのは、そんなにイージーなジャンルじゃないですよ。

大丈夫なんかなぁ。

スマッシュは是非成功してほしいんやけどなぁ…

8e55e4bc.jpg


★★★ 人気ブログランキングへ ★★★

↑只今、こちらにエントリーしております。

よろしければ、クリックをお願いします…