今回は、ここ数日取り上げた2つの話のつづきを…

625620f7.jpg


bedbf8f1.jpg

まずは一つ目、KーDOJO後楽園大会のセミとメインについて…

※日刊KAIENTAI−DOJOより

★タッグ選手権

一つ前の試合が非常にアレだったのを意識したか、

しょっぱなから後楽園というのを計算に入れた場外戦で観客のハートを掴み、

四人の肩の力が抜けた事で、粗削り感満載のハードコア戦になり、終わってみればハチャメチャで楽しい試合だったなぁ、と。

その最大の立役者は、竹刀を持ち込んだ事で蹴りを使わなくてもOKになったからなのか?

f6f4f34a.jpg

普段の大一番よりも動きが良く見えて、表情も生き生きしていながらもフィニッシュは見事に三郎に譲るという、いい仕事っぷりだった真霜になるのでしょうか。

モンプラ結成以降…いや、みのるとのシングル戦の時から真霜にはノレなかったのですが、

終盤何脚も底が抜ける程パイプ椅子で殴られても、我慢しようとしたシーンなんかは、みのる戦よりもやられっぷりが良く見えて『おおっ!』となりましたし。

この手の大一番の前後には必ずケガをしていたのに、この試合は無事に乗り切った三郎も評価しなきゃいけないのかも知れませんね。

ただ、5分起きにルールが変わるという設定は正直イマイチやったかなぁ。

bd797377.jpg


10分経過する時に、リング上で散乱するイスとかを片付けてないのに通常ルールに戻ります!ってアナウンスをしたって説得力がないもん。

通常ルールに戻る時には、手の空いているレフェリー(この日レフェリーが何人いたかは不明ですが)をセコンドにつかせて、リング上をきれいに片付けさせてほしかった。

細かいアレですが、そこまで徹底してこそあの変則ルールが映えた筈なので。

これは結果論になりますが、この試合はゴングが鳴る直前に、昔の新日本のミスター高橋氏のコイントスで長州の相手を藤波or前田を選んだ時の様に、

レフェリーによるコイントスでハードコアルールに決定!という流れしておけば…という事で。

★カズマvs旭

セミの乱戦とは打って変わって、シングルのタイトルマッチらしい試合でしたね。

カズマにしては珍しい…って一体何やねん(苦笑)

eedea445.jpg


思い返せば、駆け出しの頃のしおりんはロス・クワトロ・タバスコス等イロモノ方面の扱いだったのに、

大石との定番タッグを経て、

シングルのトーナメントで優勝したらタッグ選手権利を要求して、

タッグリーグ戦で優勝したらシングル王座挑戦を要求したりと、

彼独自の世界観に慣れるまでは確実に?????状態になるパターンですが、

昔からのしおりんを観ていたら、どこか一本筋が通っている様にも見えてくる。

よって、わかる人にとってはこの試合に至るまでのストーリーは完璧だった筈。

プロレス頭を駆使してよくぞここまでノシあがったものだ…と感心。

ほんでもって、僕はしおりんの番狂わせに普通に期待をしていたのですが、

そんなしおりんの攻めを、カズマが王者らしく受けて立ったから、しおりんは終盤かなりキツかったみたいですね。

振り返ってみればしおりんにとっては最大のチャンスだった月食→モダンタイムスのムーブの、タイミングは良かったけど回転が鈍かった。

二回目の月食は読まれた様にも見えましたし。

体格差はやはりデカかったか。残念。

a11c7dd9.jpg


かたやカズマ。

今後、しおりん以外の選手が挑戦者になった時でもこれぐらいの試合をやってくれなきゃ、

もし反則絡みの防衛戦をやった時には、この試合が良かった分、反動でファンの見方も倍返しで厳しくなるんじゃないか?とは思いました。

もっとも、今はモンプラが内紛中だから、カズマの方向性もどうなるかはわからない訳ですが…

サムライのカメラも行ってなかったっぽい、大阪のミヤワキ戦は果たしてどんな試合だったのやら。

805af468.jpg


★話はがらっと変わって、録画していた『名探偵コナン劇場版2009 漆黒の追跡者』のテレビ放送版を観ました。

毛利の神谷明さんの声が、今は懐かしくなったのは切ないなぁ。

さて、幾ら何でもあり!のコナンとは言え(悪意含)、

『オープニングから堂々と夢オチって、ど〜なん!?』

と不信感を抱きながら観始めたのですが、終わってみれば

『まぁ、こんなもんでしょ』

ぐらいのレベルだったかと。

きっと子供達は退屈したんでしょうけどね。

9ba5ffc8.jpg


クライマックスの、どっかの洋画で観た様な、黒の組織のヘリとの対決@タワーのシーンがなければ、

本筋の麻雀牌がどーこうの殺人事件と謎解きのシーンはテレビ版と一緒なノリやもんなぁ。

もっと黒の組織が本格的に関与してるのかと思ってましたよ。

もし映画館で観たらエラい目に合っていた。

変な話、目暮警部が刺されるシーンと、宮村優子が関西弁でアフレコをしたら更に稲垣早紀と同じ声になっていたシーンの方がどきっとしましたけどね。

大体、ヘリがどーこうのシーンにしたって、これまでのコナン劇場版のパターンなら、

何故かコナンがバズーカ砲をぶっ放す的なとんでもないアクションに持っていってくれたやろーに。

そーいう意味ではやっぱり物足りなかったですね…。

6dd67860.jpg


★★★ 人気ブログランキングへ ★★★

↑只今、こちらにエントリーしております。

よろしければ、クリックをお願いします…