今回は、プロレスについての話をふたつばかり…

abab2d3b.jpg


e4130937.jpg
★1年ぶりの復活を果たした『マッスルハウス9』のサムライ中継を観ました。

※PC版・マッスルホームページ

昼間のDDTとのハシゴ客が高い比率を占めたのかも知れませんが、大日本の記念興行とバッティングしながらもしっかりと客席が埋まっていたという話にまずびっくり。

皆、どれだけマッソーに優しいんだって思いました(笑)

結論から書けば、マッスル本編の復活のプレビューとして開催された666とのディナーショーの難易度のが高さが功を奏したか、

伝えたい試合毎のテーマはマッスルにしてはわかりやすかったし、ネタの硬軟の幅も広かった…

様に思う。

まぁまぁ面白かったんじゃないでしょうか。少なくとも休止前最後のマッスルハウスみたいな不快感は無かった。

e9b03974.jpg


3時間興行の何パーセントかを占めた、菊ドレのネタや諸橋兄のぶっ壊れ方は思ったより笑えたし。

でも、3時間興行になってDDT本社に迷惑をかけたのはどう考えてもまずいので、プラスマイナスゼロという評価に留めておきます。

それと、マッソーの周りの人間があれで完全復活!って煽っていたら、それはマッソー本人に対して失礼な話なんじゃないすかね。

6e5c72e0.jpg


ちなみにマッソーによるニクえもんのビジュアルはひどかったなぁ。

幾ら代打の仕事だったとしても、ありゃ子供によっては泣きまっせ、という事で(苦笑)

ある意味主役だった大谷に関しては、悪意のあるスーパージュニアネタにも巧く乗っかり、

亜門さんによるズルい(?)いじり方にも、いい具合に付き合う等良い仕事をしていたと思います。

ゼロワン新木場大会での、Twitter上では悪評しか聞かないツイートマッチを容認する器量の大きさがあればこそ、の今回のマッスル出演なんでしょうけど、

いわく付きの大谷と大社長の絡み(詳細は各自調査)が、絵に描いた様なニアミスどまりに終わった以上はゼロワンがマッスルに関わる必要はないでしょう。

f1510d9a.jpg

てか、その絡みが無いのに何でマッソーは大谷にオファーを出し、また大谷はそのオファーを受けたんやろ?と疑問視してしまう。

まさか、単に金本ヒカルの完成度を大谷に直に見てもらいたかった訳でもないやろーし、

大谷vsアントン戦のバーターって訳でもないでしょうし!?

まぁ、お互い背負うものが大きい以上、大社長と大谷がマッスルの舞台を借りてベタに和解しろと安易には言えませんけど、ちょっとぐらい観れるもんなら観てみたかったなぁ、と…

cde5c225.jpg


※ユー何とかより

★スマッシュ2の感想もまだ書いてないので気が引ける部分はありますが…

と前置きをして、近藤と華名がスマッシュ3で乱闘をやらかして、近くにいた子供の客が泣き出したらしい件についてここからは書きましょう。

※スマッシュの挑戦!ブログ

Twitterやユーストリーム等を通じて、両者のシングルに向けてのアングルを作っていくのは興味深くは見ているんですよね。

つい数時間前、TAJIRIが華名参戦についての意見をTwitterでリサーチして、返答や思うところをきちんと書いていたのは良かったと思いますし。

でもなぁ。

これまでのプロレス業界ではあまり使われていかったネットという手段で散々やりあっていたのに、

いざ観客の前でシングルまでのストーリーを初披露する時は、プロレス業界ではベタな部類に入る大乱闘!という形で、

これまでの慣例に従いまくりの印象が残る手法を敢えて使ったのは

『何だかなぁ…』

となるんですよね。

00e3b736.jpg


いや、両者がシングルでやる事自体は全然否定はしないんですよ、僕は。

折角始まったばかりの近藤とリン・バイロンのストーリーを差し置いてまで、近藤vs朱里を観たい!とは口が裂けても言いませんが。

でも、これまたぶっちゃけた事を書きますが、

華名が奈苗とトラブった時にもこんな感じで長々と書いたんですけど、

TAJIRIにても華名にしても、従来のプロレス業界の流れとは違う世界観や価値観を見せたいのなら、

肝心の試合内容は仕方ないとして(?)それ以外のストーリーの部分に関しては

『従来のプロレス業界の流れと違う物を見せる』

というこだわりは、細部まであってほしかったし、どちらかと言えばそれが筋やとも思うんやけどなぁ。

49f47d1b.jpg


しっかし華名もなぁ。

あくまで近藤とやるのが目的ではなく、スマッシュのリングに上がって、あわよくばレギュラーになるのが有りきのアピールなんだから、最初からそう言ってくれたらいいのに…

ついでに書けば、スマッシュに来場する時もメガネをかけて華名をバックステージまで追っ掛けるだけではなく、

旧UWFがクローズして新日本にUターンしてきた時みたいに、びしっとスーツを着て

『私が○○年やってきた事が何だったのかを、スマッシュで証明する為に…』

とマイクでカマしていてくれたらなぁ、とUWF直撃世代(笑)の端くれとしてはしみじみと思いました。

f95044f1.jpg


近藤も…

まぁ、まだガキっちゃあガキだから、あまり多くを求めたらいけないんでしょうけど、

そして、どこまでがTAJIRIによる設定なのかは知りませんが、

あそこまで華名の事を嫌っているなら、マイクを握って

『高橋奈苗さんとのトラブルはガチですか?』

とか、華名が心底嫌がりそうな事をマイクで言って、

女性ならではの嫌ぁーな面をライガーが言うところのナイフの如くちらっと見せてくれたら、もっと僕はノレたのになぁ、という事で。

この二人を取り巻く今後の流れは、大原“窓際族”はじめの行く末の次に、注目をしておきます…。

a17c02a0.jpg


★★★ 人気ブログランキングへ ★★★

↑只今、こちらにエントリーしております。

よろしければ、クリックをお願いします…