現在は削除済の、某ラジオ番組の完全版を某所でチェックしたのは先週なのですが、

感想はまだ書いてなかったので今回取り上げさせていただきます。

その番組名を問うならば?
問うならば!

それは…復活!オーケンのオールナイトニッポンR!

573f52c9.jpg

※ウィキペディアより

僕が高校時代、アルバム『月光蟲』がリリースされる前後に聴いていた月曜1部当時のままの、フリートークのグダグダ感とリスナーからのネタのくだらなさは健在で大満足。

昔から喉に負担が掛かりそうな歌が多かったのに、声が老けていなかったのも素晴らしい。

そらまぁ、オープニングから頻尿を告白してからは2010年というのを意識したのか、

AKB48がどーこうとか喋っていたので『オイオイ』とはなりましたがあまり接点が無かった事もあってかあっさり破綻してましたし(笑)

ffdc3206.jpg


前半は伝説の『オッパイマン』が当時の音源のまま流されていたり、

午前4時からの後半では、昔やっていた『カッチョいい歌』コーナーが比較的最近のおかしな曲が取り上げられる形で復活したりと、

痒いところに手が届く構成になっていたので、作家の楠野氏にはよくやった!と言っておきましょう。

ただ…

残念だったというか違和感があったのは、オーケンがエンディングではスタミナが切れていた事と(苦笑)折角ニューアルバムがリリースされるタイミングで放送されているのに、

ニッポン放送の深夜番組ではまだ喋っていない筈の、オーケンが筋少から離脱してから心血を注いでいた特撮等のユニット、

そして筋少がまさかの復活を果たした流れについてはスルーされていた点でしょうか。

オーケンの限りなく似ていない柴田恭兵さんのモノマネが好きだった『!/アイ・オー』については一瞬触れていたのに、

アストロ演技でおなじみの『ドス竜』はスルーしていたのも今にして思えば引っ掛かるものがありましたが、

オーケンの事だからドス竜の事なんて忘れていても不思議じゃないから、そこはあまりツッコまないでおきましょう(爆)

09b40a4b.jpg


話はだいぶ逸れましたが、蔦Qが復活1作目のアルバム!という訳ではないからしゃーないのかも知れませんが、

そこら辺の流れについて面倒臭がらずに語った上でこそ、新アルバムを告知する値打ちがあると思ったんでよね…

いや、肝心の新アルバムもジャケットに絵を提供した浅野いにおさんのフルネームを、

聴いてるこっちがヒヤヒヤするぐらい長時間ど忘れしていたぐらいだから、そこまで熱心には告知してなかった部類に入るのかなぁ。

う〜ん、ミャンダム。

オーケン、おそるべし(笑)

さしあたって、いま僕が期待しているのは筋少の蔦Qのヒット…

ではなく、事務所が巧くオーケンのスケジュール調整をしてニッポン放送に売り込んでもらって、

オールナイトニッポンGOLDのレギュラーとして四度目の復活!になりますかね。

7e524543.gif


ところで。

新アルバムにはそこまで触れずに、何を主に話していたかというと、

何故か筋少の曲がフューチャリングされているというロック色が強い(?)舞台『アウェーインザライフ』についてでした。

舞台の詳細は割愛しますが、主演の水野“バーニング!”美紀さんって、最近の活動内容は把握できていませんでしたが、

そこまでメディアに露出していないものの、サバを読んでいなければ僕とタメ歳なのによう頑張ってますよね。

バーニング!の周防さんに喧嘩を売ったと認識されて、芸能界から一時期完全に抹殺されていた北野誠さんの姿を観ていただけにですね、

a3e55a38.jpg


自らのやりたい事をやる為にバーニング!に歯向かい独立した為、代表作だった踊る大捜査線の新作から抹殺されながらも、

自らが座長になって舞台を公演するだなんて、サイキッカーとしてはリスペクトに値するんじゃないでしょうか。

共演がアップフロントの和田さんの手から離れて早数年のソニンというのも、気になる。

まぁ、大阪に観劇に行くのも無理があるのでアレですが、

この舞台と、水野さんがレギュラー出演するよみうりテレビのいなたい映画紹介番組は是非成功してほしいですね、という言い方をしてこの文章を締めさせていただきます。

※ユー何とかより

597333b7.jpg


★★★ 人気ブログランキングへ ★★★

↑只今、こちらにエントリーしております。

よろしければ、クリックをお願いします…