今回は、ようやく観る事ができた『スマッシュ3』のサムライ中継を観た感想を…

e8a0aad5.jpg


3fa51502.jpg

※PC版スポナビより
結論から書けば、旗揚げ戦の御祝儀ムードが落ち着いた事で、要所要所にツッコミどころが見えてきた興行だった感じ。

事前には一つのテーマになっていた、スマッシュ独自の客層の発掘がうまく行っているのかはわかりませんが、

ところどころ『んんっ?』という野次は飛びつつも、終始程よく盛り上がっていたのは事実。

でも

『な〜んか…ねぇ』

というのが率直な感想になるでしょうか。

b3eb8cee.jpg


この日の目玉だったフィンランドFCF勢にしても、ジェシカの大当たり感に反比例するかの様に、セミに出たヴァレンタインは

『君、FCFのチャンピオンというよりはワールドトライアウト枠の筈が間違われてブッキングされたんちゃうのん?』

というレベルでスカされた感があり、非常に残念。

好意的に考えれば“磨けば光る素材”の典型かもしれんけど。

96217098.jpg


トライアウト枠だったゴーレム・ナイトのたたずまいの方が、よっぽどチャンピオンっぽかったぐらいや(苦笑)

ヴァレンタインが、冷酷さがベースなのに感情の起伏が激しいキャラなのはすぐにわかりましたが、

冷酷なキャラを十分に引き立たせる、大技小技を問わずえげつない系列の技を持っていないのは厳しかった。

あとチャンピオンなのに、帯広ちゃんみたいに『いっぱいいっぱい感』が伝わるのはまずくないか?と。

チャンピオンだったのはあちら側の事情があるのでしょうが、

よく今月の昼夜興行にもブッキングしてもらえたなぁ、と思いました。

『窓際族の人、あれなら相手のキャラを引き出す事に重きを置かなくても、勝つ事も意識した試合ができるぞ!』

とエールを送っておきましょう。

ecb1da3b.jpg


試合はかなりアレでしたが、次回参戦するFCF勢の『かつてのインディーのお仕事よりも怪しい』プロモーションビデオや、

ベルトの価値をアピールするTAJIRIのマイクのおかげで、決して悪い雰囲気ではなかったけど…

というセミの雰囲気を払拭するという義務を背負ったメインもこれがまた、な〜んか…ねぇ。

これは事前にある程度予想できた事ではありますが、

今のKUSHIDAが新日本ジュニアのトップのデヴィちゃんのスタイルに合わせたら、

どーしても体力負けっぽく見える、観る側の印象が悪くなる負け方になってしまう。

正にデヴィちゃんの横綱相撲みたいな典型的な試合でした。

850ebbf7.jpg


園長NULLさんが、mixiボイスやTwitterで疑問視していた

『今のKUSHIDAって、TAJIRIがあそこまでプッシュして、デヴィちゃんとのシングルを一勝一敗の星の振り分けにするに値するレスラーなのか?』

の問いに関しては

『はい、おっしゃる通りです。値していないと思います』

と返答せざるを得ない。

幾らデヴィちゃんと飛び技等派手なやりとりで渡り合ったって、

グラウンドの攻防の中で、たとえばデヴィちゃんに左手首を固められたら切り返すすべが無く声をあげていたシーンをみたらやはり格下に見えた。

797a8c49.jpg


いちげんさんのお客さんならともかく、そうじゃないお客さんには、

そーいう地味な・シンプルな攻防で押されたら、必ず、と言っていいぐらいそーいう風に見られてしまう、という危機意識が足りなかったのかなぁ。

極端な話、

メキシコやカナダでどんな修業を経験してきたのか?

TAJIRIの言うサイコロジーって何なんだ?

ってなってしまう。

ハッスル時代、KUSHIDAはノーギャラなのに汚れ役や引き立て役を散々やってきたから、

スマッシュのリングでは違うステップに上げてみて、外のトップとどんな試合をするのかを観てみたい・いろんな試合を経験させてみたい

みたいなTAJIRIの親心もわからない事はないんやけど…

って書きつつも、ただ単にメインを任せれる人材が不足しているからかも知れませんが、それはまた別の話で…

760550ce.jpg


ただですね、KUSHIDAやヴァレンタインの試合が、観客からはどちらかといえばネガティブに受けとめられていた事が、

モロに反映されていたであろう観客対象のアンケートの結果を、TAJIRIやスタッフが吟味した上で研究しているからこそ、

先日のスマッシュではその結果を挽回する目的で、KUSHIDAでもFCF勢でもなく、不確定要素が多かった近藤vs華名を敢えてメインに持ってきて、

さくらえみが嫉妬するぐらいに徹底的に煽りまくったんやろーなぁ、とは思いました。

そーいう意味で、プロデューサーモードのTAJIRIはすげぇなぁ、と。

若干大げさですが、TAJIRIはアメリカのオブザーバー誌が毎年選出している、最優秀ブッカー部門の有力候補なんじゃないすかね。

3a21cd9c.jpg


いやね、ここからは真面目モードで書きますけど、

いわゆるネットの各種媒体だけではなく、国内のアーティストさんのライブみたいに、

直筆アンケートという形で観客の声を直に聞いてみて、

じゃあ意見を参考にしてみようか?と考えてみる、的なマッチメーカーの器量は、

スマッシュ以外の団体…特にあれだけの選手を抱えるノアは、持ち合わせるべきじゃないかと思いますよ。

JWPに関しては末期状態かも(以下略)

5a04601d.jpg


他に、印象に残った事…

今、何分?キムナンプン!の怪しさかなぁ(笑)

幾ら韓国で喋りの仕事をやっているとはいえ、高岩よりも日本語の喋りが巧いっぽいのってど〜なん?みたいな(笑)

最後に。

婚約発表をして、ささやかながらも皆から祝ってもらった直後に、

旦那さんがよりによって博打で謹慎処分になってしまったSUNAHOさん、めげずに頑張れよ!

旦那さんはアレですが応援してますよ、という事で。

※ユー何とかより

c51966c2.jpg


★★★ 人気ブログランキングへ ★★★

↑只今、こちらにエントリーしております。

よろしければ、クリックをお願いします…