今回は、19時女子プロレスと、ネットラジオ・DX−Rの感想を…

e3b20db1.jpg


9dcdef03.jpg


★先週金曜日の夜に放送された、19時女子プロレスの第41戦を観ました。

※19時女子プロレス公式ホームページ

f5ca3c56.jpg


19時〜を観るのはひと月ぶりで、しかもそのひと月の間にアイスリボンにとってはターニングポイントだった後楽園大会の翌日に行なわれて、

しかも僕はその後楽園大会はサムライ中継の放送待ちの状態。よって浦島太郎状態で観ざるを得ないという有様。

そんな流れがあって、志田帯広ちゃんのシングルを観たのですが…

18a3ea62.jpg


主人公の帯広ちゃんは、19時での試合回数が激減したのと、不自然な流れで組まれたタイトル戦で秒殺された翌日でもあった関係で、

シングルだとタッグとはまた違う挙動不審の動きの末にまたボロを出すんじゃないか?と心配をしてましたが、

全体的に思ったよりは良くなっていたんじゃないでしょうか。

対戦相手が手が合う“蕨の荒鷲”志田だった事が最大の理由だったのかも知れませんが、

これまでTwitterで散々指摘されていた、

攻勢になって間が空くと、すぐにコーナーに上って威力の弱いままのミサイルキックを放とうとするところと、

試合中下を向いてしまう時間が長いという悪癖が改善されていたっぽく見えたのは、久々に観たが故に印象に残りました。

71f2df0d.jpg


チョップも以前よりは腰が入って打てていて、ようやく自分の物になってきた様に見えるし、

一時は足に来るぐらい危ういものがあったスタミナも切れていなかった。

今後もしばらくは安易に大技に頼ろうとせず…

極端な話、一度勝ち星をあげた変形ダブルリストアームサルト(原型を本人が知らない可能性はあるけど 苦笑)なんてしばらく封印させていいと思うし。

0b661af2.jpg

代わりに、例えば全女式フォールや頭突きとかの、わかりやすい形で勝利への執念をもっとアピールできる様になれば、

タッグマッチでは挙動不審のままで、

トークは身振り手振りが大きすぎて訳がわからないままだとしても(苦笑)

シングルマッチの際は多少地に足が付いた雰囲気のある姿になると思う。

もっとも、志田以外のアイス勢とやったら元に戻るかも知れないので、

まだこんな見方をするのは甘いかなぁ?

あまり自信はありませんが、それでも僕は帯広ちゃんに期待はしています。

f27a521f.jpg


ここからは志田について。

雪崩式ブレーンバスターこそフィニッシュにならなかったものの、こちらも体のデカさが映える技等を無難に使えていて、

仙女との対抗戦に敗れたショックを引きずっては無さそう。

しかも、早くも打倒仙女の為に、そして現状打破の玉にタムラ様への弟子入り(?)を口にしていたのに好印象。

ほら、タムラ様なんて女子プロレス界の横綱として年内で引退するのに、

タッグパートナーの栗原は別扱いとして、栗原以外にその横綱からいろいろな物を盗もうとする選手がいないのは、やっぱりもったいないって思うんですよね。

52419a72.jpg


時間に限りがあるのが辛いところですが、タムラ様の説得力のあるエルボーの打ち方をしっかりと学んでほしいものです。

もし可能なら、来週か再来週の金曜は帯広ちゃんが札幌リボンの準備の為に19時〜を欠席するやろーから、

一夜限りの19時志田プロレスとして、何らかの形でタムラ様を召喚させたらええやん、とまで思いますし…ね。

0f600432.jpg


★村田さん&鈴木健ちゃんのネットラジオ『DX−R』の先週金曜日に更新された回を聴きました〜。

※PC版ホームページ

今回は、前半がキャンプ場プロレスバスツアーの道中のばってん多摩川祭りの振り返り、後半がアイスリボン蕨道場ハウスショー初観戦記、といった感じ。

ばってんに関しては、バスに乗っていたならばかなり面白かったんでしょうけど、

熱が醒めた時期に聞いても『何だかなぁ〜』としか言い様が無い(苦笑)

1a2c3b10.jpg


そりゃ、途中でパトリオットのマスクを被って〜のくだりはちょっと笑いましたが、

Twitter・フォロー報告の携帯メールで、元カノからの思い出のメールが消えていく〜!

のくだりは、ただ単に機械が苦手なアンちゃんが、なかなか困った暴れ方をしているという印象しか受けず、何が面白いんやろか?という感じ。

まさか、大社長と共演していたユーストリームの番組を観たら劇的にイメージが良くなるのか?

それは無いよなぁ〜。

先週はスケールがデカい昔話を聞けて、心がほっこりとできただけに、なーんかがっかりしました。

大体、キャンプ場プロレスの話をあっさり流されても…とは凄く思いましたし(爆)

25bbcd9e.jpg


後半のアイスリボンの話は、これはもう仕方ないんですけど、やっぱりお二人には蕨で独裁者を観て、独裁者の独裁者たる所以を感じてほしかった、というか。

変な話、独裁者がいなかったからこそ、村田さんが名前を挙げていた志田や真琴の雰囲気の良さが目立ったのかも知れないし…

でも、興行オープニングで初めて観戦する人?の問いに挙手したら、

奈苗から『スパイだ!』といじられて、

『じゃあ我々は、一体誰から派遣されたスパイなんだろう?まさかロッシー小川さんだろうか?(笑)』

と、無駄にじっくりとネタとしてスタジオで掘り下げていた、この番組の独自のノリは大好きです(笑)

あと神実況コンビには、Mアリ、スポルティーバ、蕨と積極的に行かれてるんだから、

『ぶらり・常設プロレス会場巡りの旅』的なノリで、是非土曜日夜の千葉の倉庫のハウスショーも観にきて下さい、と切実なリクエストを書いて、この文章を締めさせていただきます…

c97dadfc.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…