みちのくプロレス 昨年末の後楽園大会・宇宙大戦争のサムライ中継を観ましたが…

bf53debc.jpg


afaf3810.jpg


※みちのくプロレスホームページ

いやぁ、ひどかった!(笑)

予想通りグダグタになっていた選手同士の技の攻防よりも、淡々と進むリングの解体作業に目が行ってしまうし、

最低限の打ち合わせは事前にしている筈なのに、

基本的に選手同士のやりたい事及びやろうとしている事が噛み合ってなくて、

お互いがやりたい事を優先してやり続けてるもんだから、それはもはや“興行のメインで行われるプロレス”じゃなかった。

言ってみれば放送事故ならぬ興行事故。

厳密にいえばこの日は事故興行なんですよぉ!(爆)

af62ba2a.jpg


まぁ、主人公のサッちゃんは、試合後のライブに意識が行ってるから、壮絶な自爆シーン以外は

“心、此処に在らず”

状態だったところは芸人として見たら笑えたし、

リッキーさんは空気を読んでケツを出しつつ歳相応に楽をしていた。

そんな“心、此処に在らず”状態のサッちゃんを振り向かせようとしていた…

とは言えないぐらいに、サッちゃんに負けないぐらいに好き勝手やっていたバラモンの二人も、

よくぞあれだけネタを準備していたもんだ…と感心させられました。

be3b0eb2.jpg


KENちゃんにしても、常人ではまるで理解できないサッちゃんの世界とバラモンの世界の両方を視野に入れながら器用に立ち回って、周りの選手を光らせる事で存在感をアピールしていた感じ。

僕の中では確実に評価が上がりました。

KENちゃんのあのビジュアルは主役願望有りまくりにしか見えないけど、

脇役としての仕事がきちんとできる選手は団体には必要不可欠なので、なで肩であっても地味に応援していきたいですね。

44520320.jpg


ただ、野橋ネタはイマイチ。これは残念。

バラモンは野橋ネタに一切タッチしていなかった可能性もあるにはありますが、

折角あの面子の中に割り込んだんだから、誰もが予想する出オチキャラ以上のインパクトを残す登場人物であってほしかった。

そりゃ、試合の大半は和桶の中にいたりキャンバスに包まれていたりと、

リングの上の流れを全く見ていなかった割りには(考えてみたら凄い話だが)、

8bac5cdc.jpg


解放された直後の威勢の良さとやられっぷりは笑いましたが、それなりの経費をかけて宇宙人になったんだから…ねぇ。

たぶん今年の年末も『宇宙大戦争シーズン供戮覆蝓惘宙大戦争よ永遠に』みたいな題名で、

また似た様なお祭りをやってくれるでしょうから、その時は宇宙人キャラにはこだわらない野橋のリベンジに期待しますかね。

ae90b389.jpg


ここからはリングの解体について。

リングの板の上に設置されているウレタンマットって、あーいう感じになってたんですね。側面で殴られたらかなり痛そう。

団体によってあのマットの厚さに違いがある訳かぁ…

あれだけゴツい木の板や鉄骨がしっかりセットされていても、それでもリングの板がズレたり割れたりするんやから、

スーパーヘビー級のレスラーの怪物っぷりを実感したというか。

また、3、4年前に、アメリカで製作したドラゴンゲートのリングが興行とちゅでぶっ壊れた一件なんて、いかに異常な事態だったかも何となくながらもわかった。

変な話ですけど勉強になりました、はい。

6ca45985.jpg


最後に、クレイジークルーのライヴについてちょっとだけ。

とりあえず、当日の開場前にゲネプロをやっとかんかい小一時間。

あと、サポートメンバーが神に見えたのと、

声の高さがまるで違うのに我だけはやたり強いサッちゃんとリッキーさんを一緒に歌わせるのはかなり無理があった様に思う。

リッキーさん、内心ではちょっと怒っとったんとちゃうかなぁ…

味方さんもエアキーボードは最後の方は疲れてたっぽい(苦笑)

あっ、いつになるかはわかりませんがサッちゃんのほとぼりが醒めたら、

クレイジークルーからソロヴォーカリストに転向して、めちゃイケの歌ヘタ選手権にエントリーして下さい、という事で…。

5a6fdc2c.jpg

※ユー何とかより

人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…