今回は、水曜どうでしょう『四国八十八ヶ所Ⅲ』の、録画に失敗した第4夜以外の四回を観た感想を書いていきましょう…

2d93eba2.jpg

c7dd551f.jpg


※企画の詳細
三回目の巡礼だった今回。

それに際して、心の底から四国が嫌になっている大泉校長ら四国編のレギュラー三人と、

今回新たに加わったミスター&ヤスケン、そして森崎リーダーとのボヤキの温度差なんかは、事前に予想できるぶん、まだかわいいもんだったなぁ。

逆打ちの影響か、最後を迎えるに連れてリアルに悟りを開いたのか?

はたまたうどんという名の悪魔に導かれたのか?

4日間での巡礼制覇に対してやたらポジティブになっていた大泉校長。

3df83b4d.jpg


それとは逆に、序盤から写真撮影時に車から出なかった辺りからその兆候はありましたが、

ゲンゴロウこと藤村Dが大泉校長に心配されるぐらいに壊れていくという、

良くも悪くも三回目に相応しく、過去の四国編には無かった凄い流れが見れて満足させていただきました。

c433dc62.jpg


過去の四国編にはなかった要素を、この企画のポイントをあげるとすれば、

やはり森崎リーダーの緊急参戦になるのでしょうか。

真面目な話。

おそらく『四国を舐めて』八十八ヶ所を巡礼をしながらも、

四国の怖さを体感する前にタイムオーバーになったミスター&ヤスケンはの出番は、森崎リーダーの前振りにしかなっておらず、そこは残念でした。

7ce1b156.jpg


かたや。

ナックスのリーダーなのに、スタッフの言いなりになって松山空港から繁多寺へ移動したり、

無駄にテンションが高いところといい声質といい、いまいち空気が読めていないところといい、

森崎リーダーには、初登場ながらも水どうの世界観の順応度の高さは見せつけられました。

2a4d65d9.jpg


でも、僕から言わしゃあ新日本の井上亘と被って見えて仕方なかったりする(苦笑)

井上亘にとってのプロレスの試合である、森崎リーダーの演技に塩分が高いのはどうかはわかりませんが、

生理的に井上亘が合わない方はきっと森崎リーダーも嫌いなんやろーなぁ、と思いながらみてました。

どーせなら最初から森崎リーダーが同行していれば、最後に向かうに連れてぶっ壊れていって、

最初とのギャップが笑えたやろーから、企画としてもっと観ていて楽しかった筈なのに!?

5ab62ac9.jpg


あと印象に残ったのは、足摺岬の往復のズル→いろりや定休日の惨劇をはじめとする、巡礼メンバーのうどんのハマりっぷりでしょうか(笑)

僕自身は香川県に住んでいる関係で、車を運転すれば較的安易に美味しいうどんを食べにいけるもんだから、

メンバーがあそこまでハードな移動に耐えられるぐらいにうどんに魅せられている姿は、あまりピンとこなかったりします。

正直、札幌には旨いうでん屋は少ないのか?とまで思いましたもん。

アレなら、水どうの復活編の企画で、無理矢理うどんをもっと取り上げて『うどん食い倒れ』的なものをやったらええのに、とまで思いましたし…

まぁ、おにぎりあたためますかのロケで、うどん学校には行ってましたけどね。

いかん、あまりこの企画の事をあーだこーだ言い過ぎたら、

関西弁を喋る太陽に怒られるので、今回はこれぐらいにしときます(笑)

※ユー何とかより 

b151eb9d.jpg


人気ブログランキングへ
こちらの人気ブログランキングにエントリーしております。よろしければクリックをお願いします…